メインメニューを開く

エリトリア戦争(エリトリアせんそう、イタリア語: Guerra d'Eritrea)は、1885年2月から1888年にかけて行われた、イタリア王国エチオピア帝国戦争

エリトリア戦争
Bataille de Dogali.jpg
ドガリの戦い
戦争:エリトリア戦争
年月日1885年2月 - 1888年
場所エリトリア
結果:イタリアの勝利、エリトリア占領
ウッチャリ条約締結。
交戦勢力
Flag of Italy (1861–1946).svg
イタリア王国
Flag of Ethiopia (1897-1936; 1941-1974).svg
エチオピア帝国
戦力
2万5000人 12万5000人
損害
6000人 6500人

イタリア王国にとって最初の植民地戦争で、敗れたエチオピアはエリトリア地方の割譲を認めるウッチャリ条約をイタリアと締結した。

概要編集

1880年代、アフリカへの領土欲を持っていたイタリア王国は、列強植民地化を逃れていたエチオピア帝国と急速に対立した。既にスエズ運河の開鑿やエジプトとの関連からエチオピアの紅海沿岸部を欲したイタリアは民間会社(後に国営化された)を通じて大規模な土地購入を行い、入植を開始していた。1885年2月、エチオピア皇帝ヨハンネス4世はこれに反発して軍の動員を開始し、イタリア王国もマッサワなど幾つかの都市に陸軍を上陸させた。ヨーロッパではドガリの虐殺と呼ばれる[1]ドガリの戦いイタリア語版英語版などの数年の紛争や小戦闘を経て最終的にイタリアはエチオピアを軍事的に屈服させ、沿岸部の実効支配を開始した。

1890年、エチオピアでヨハンネス4世の義妹の子マンガッシャとショアの王メネリク2世との間で帝位を巡る内戦が発生した。イタリアの武器供給を受け、内戦に勝利を収めて新たな王となったメネリクは正式に講和条約(ウッチャリ条約)に署名し、紅海沿岸部をイタリア領エリトリアとして割譲した。

 
イタリア領エリトリアの通貨「エリトリア・タレーロ」に彫られたウンベルト1世

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岡倉登志『二つの黒人帝国』1987年6月、東京大学出版会、P168

関連項目編集