メインメニューを開く

}} エリモダンディー[1]とは日本競走馬である。おもな勝鞍は1997年京阪杯、1998年日経新春杯

エリモダンディー
欧字表記 Erimo Dandy[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1994年5月11日[1]
死没 1998年2月8日(4歳没)
ブライアンズタイム[1]
エリモフローレンス[1]
母の父 イルドブルボン[1]
生国 日本の旗 日本北海道えりも町[1]
生産 えりも農場[1]
馬主 山本慎一[1]
調教師 大久保正陽(栗東)[1]
競走成績
生涯成績 15戦5勝[1]
獲得賞金 1億9683万4000円[1]
 
勝ち鞍
GII 日経新春杯 1998年
GIII 京阪杯 1997年
テンプレートを表示

戦歴編集

3歳 - 4歳編集

エリモダンディーは体躯の小さな馬で、入厩時は装鞍をしても400キログラムにも満たなく関係者を驚かせたという。しかし、小柄ゆえに仕上がりも早く、新馬戦開始直後の6月の札幌の新馬戦で早くもデビューし、勝ち名乗りを上げた。しかしその後、2戦したが掲示板には載れず、3歳のシーズンを終えている。

明けて4歳、初戦は500万下条件戦の福寿草特別に出走。前走のエリカ賞(500万下)では早仕掛けからブービー負けを喫したことから人気を落としていたが、レースでは直線一気のごぼう抜きで快勝した。続くオープン特別の若駒ステークスでもランニングゲイル以下をなぎ倒し、クラシック戦線に名乗りを上げた。

しかし、共同通信杯4歳ステークス5着、すみれステークス2着を経て挑んだ皐月賞では7着、日本ダービーでは4着と、サニーブライアンの逃げの前に得意の追い込みは不発に終わった。

秋は札幌のオープン特別のタイムス杯7着、京都新聞杯5着を経て菊花賞に挑んだが、マチカネフクキタルの10着に終わり、結局三冠レースは1つも勝てなかった。それでも、エリモダンディーは菊花賞から3週間後の京阪杯で重賞初制覇を挙げた。

5歳編集

5歳になり古馬になったエリモダンディーの初戦は京都金杯。このレースでエリモダンディーは1番人気に推されたが2着に敗れてしまう。

続くレースは日経新春杯。このレースでエリモダンディーは直線一気の競馬を見せ、重賞2勝目を手にした。ところがレース直後、エリモダンディーに騎乗していた武豊が馬体の異常に気づき、馬場内で下馬してしまう。すぐさま診療所に運ばれたが診断の結果、左第一指骨骨折で全治9ヶ月という重傷を負っていたことが判明し、エリモダンディーは厩舎で療養することになった。

だが、エリモダンディーは療養中にもともと持病があった内臓を患い、1998年2月8日、結腸捻転で死亡した。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
1996 6. 9 札幌 新馬 8 4 4 5.6 (3人) 1着 田面木博公 53 芝1000m(良) 0:59.0 (34.9) 0.1 (ママノパンチ)
7. 7 札幌 ラベンダー賞 OP 7 1 1 4.0 (2人) 7着 田面木博公 53 芝1200m(良) 1:13.7 (38.3) -2.4 カケノジンライ
12. 7 阪神 エリカ賞 500 10 1 1 49.4 (9人) 9着 松永幹夫 54 芝2000m(良) 2:05.0 (36.8) -0.9 タヤススリーセブン
1997 1. 6 京都 福寿草特別 500 14 4 5 57.4 (10人) 1着 松永幹夫 55 芝2000m(良) 2:02.6 (35.7) 0.6 (ドロテアス)
1. 19 京都 若駒S OP 7 4 4 3.1 (2人) 1着 松永幹夫 55 芝2000m(良) 2:02.7 (34.6) 0.3 (ランニングゲイル)
2. 9 東京 共同通信杯4歳S GIII 9 1 1 4.2 (2人) 5着 河北通 56 芝1800m(良) 1:48.0 (35.4) -0.5 メジロブライト
3. 8 阪神 すみれS OP 9 7 7 1.3 (1人) 2着 武豊 56 芝2200m(良) 2:20.3 (34.8) -0.3 バーボンカントリー
4. 13 中山 皐月賞 GI 18 3 6 21.2 (8人) 7着 河北通 57 芝2000m(良) 2:02.5 (35.9) -0.5 サニーブライアン
6. 1 東京 東京優駿 GI 17 4 7 30.1 (8人) 4着 河北通 57 芝2400m(良) 2:26.2 (34.2) -0.3 サニーブライアン
9. 14 札幌 タイムス杯 OP 8 7 7 2.5 (2人) 7着 松永幹夫 55 芝2000m(良) 2:04.5 (35.2) -1.0 カミノクレモナ
10. 12 京都 京都新聞杯 GII 12 2 2 8.8 (5人) 5着 河北通 57 芝2200m(良) 2:13.5 (34.5) -0.4 マチカネフクキタル
11. 2 京都 菊花賞 GI 18 5 9 17.0 (5人) 10着 河北通 57 芝3000m(良) 3:08.4 (34.4) -0.7 マチカネフクキタル
11. 22 京都 京阪杯 GIII 15 2 3 5.6 (4人) 1着 武豊 55 芝1800m(稍) 1:48.2 (36.2) 0.1 (ナムラホームズ)
1998 1. 5 京都 京都金杯 GIII 16 5 9 2.2 (1人) 2着 武豊 56 芝2000m(良) 2:00.8 (34.8) -0.2 ミッドナイトベット
1. 25 京都 日経新春杯 GII 16 5 9 2.6 (2人) 1着 武豊 56 芝2400m(良) 2:26.3 (34.6) 0.4 (メイショウヨシイエ)

血統表編集

エリモダンディー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系ヘイルトゥリーズン系 / ブライアンズタイム系)
[§ 2]

*ブライアンズタイム
Brians Time
1985 黒鹿毛 アメリカ
父の父
Roberto
1969 鹿毛 アメリカ
Hail To Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Kelley's Day
1977 鹿毛 アメリカ
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

エリモフローレンス
1990 鹿毛 日本
*イルドブルボン
Ile De Bourbon
1975 鹿毛 アメリカ
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Roseliere Misti
Peace Rose
母の母
*デプグリーフ
Depgleef
1974 鹿毛 アメリカ
Vaguely Noble Vienna
Noble Lassie
Depth Buckpasser
Batteur F-No.9-f
母系(F-No.) 9号族(FN:9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [5]
  3. ^ [4]
  4. ^ [5]


脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o エリモダンディー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  2. ^ エリモダンディーの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月2日閲覧。
  3. ^ エリモダンディー 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  4. ^ a b エリモダンディー 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月2日閲覧。
  5. ^ a b エリモダンディーの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月2日閲覧。

外部リンク編集