メインメニューを開く

エルネスト・カブール

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカプール第二姓(母方の)はアマラーヨです。

エルネスト・カブール・アマラーヨErnesto Cavour Amarayo1940年4月9日 - )はボリビアチャランゴ奏者。ラパス出身。

エルネスト・カブール
Ernesto Cavour
出生名 Ernesto Cavour Amarayo
生誕 (1940-04-09) 1940年4月9日(78歳)
出身地  ボリビアラパス
ジャンル フォルクローレ
職業 チャランゴ奏者
シンガーソングライター
研究者
担当楽器 チャランゴ歌唱
活動期間 1960年代~現在
レーベル ポリドール・レコード
共同作業者 ロス・ハイラス
グルーポ・ナイラ
ルーチョ・カブール

目次

来歴編集

幼い頃からボリビアの民族楽器チャランゴに魅せられ、10代でボリビア最高のチャランゴ奏者として名をとどろかせた。数々のフェスティバルグランプリを獲得し、一挙に名声を得た後、1968年にフォルクローレを語る時に避けて通ることはできない屈指のメンバーを集めたグループ、「ロス・ハイラス (なまけもの達)」を結成した。メンバーはケーナのヒルベルト・ファブレ、ギターのフリオ・ゴドイ、ヴォーカルのヤヨ・ホフレだった。このグループは南米はもとより、ヨーロッパでも大成功し、アンデスのフォルクローレを世界的に広める立役者となった。

しかしボリビアを永く離れていては、自分の演奏する民族音楽エキスが失われていくことを感じ始め、グループが人気絶頂の時に脱退、一人ボリビアに帰っていった。 その後、ラパス市にライヴハウス「ペーニャ・ナイラ」を作り、彼が演奏する姿はそこでしか観ることが出来なくなった。

人々は彼を「幻のチャランゴ奏者」とか「伝説のチャランゴ奏者」と呼ぶようになった。また演奏技術の素晴らしさから「驚異のチャランゴ奏者」、「黄金のチャランゴ奏者」とも呼ばれた。

彼はボリビア及びアンデスのフォルクローレ研究にも力を注ぎ、研究者としてもボリビアを代表する一人となった。フォルクローレの楽器収集家としても知られ、自宅の一部を改造して「楽器博物館」とした。

1980年に初来日した彼の楽団は大好評を博し、日本でもフォルクローレ音楽ファンが増加し、ブームを巻き起こした。欧米からも公演依頼が殺到し、世界各地でボリビアのフォルクローレを広めるために活躍した。

また、彼の経営するライヴハウス「ペーニャ・ナイラ」では、若手の優秀なメンバーを集めて「グルーポ・ナイラ」を結成し、彼もそこでチャランゴを担当した。ここからはサンポーニャのジョニー・ベルナル、フェルナンド・ヒメネス、レイナルド・ベガ、チャランゴのドナット・エスピノーサ、日本の木下尊惇らが巣立っていった。

の名はルーチョ・カブール。共に演奏し、ケーナの名手として知られている。エルネストと共にチャランゴを弾くこともあり、兄を凌ぐ才能を持ってると言われることもある。

エルネストは社会的、政治的な歌を歌うこともあり、貧しい庶民の立場に立った歌詞を書く。ボリビアはもとより中南米を代表する作曲家の一人である。

1992年に公開された東陽一監督による映画『橋のない川』ではサウンドトラックを担当している。[1][2]

ディスコグラフィー編集

エル・トリオ・ファブレ・ドミンゲス・カブール編集

  • 1966: Folklore I
  • 1967: Folklore II
  • 1975: Instrumental
  • Grito de Bolivia
  • Sortilege des Andes - El cóndor pasa

ソロ・アルバム編集

  • Acuarela boliviana - Bolivia eterna
  • Ernesto Cavour y Los Jairas
  • El cuento del trompo
  • Charango boliviano
  • 1972: Ernesto Cavour y su conjunto
  • 1973: El disco de oro del charango
  • 1973: Maestro del charango
  • 1974: Recital (con Yacco Velarde y Freddy Santos)
  • 1975: Charango y conjunto II
  • 1975: Chants et musique d'Amerique du Sud
  • 1977: Vena popular
  • 1979: Canto del viento
  • 1981: Piedras peregrinas
  • 1981: Cóndor (con su hermano Lucho Cavour)
  • 1982: Las cosas nuestras I
  • 1983: En Peña Nayra II
  • 1984: Ernesto Cavour y su charango
  • 1989: Villancicos
  • 1989: Ernesto Cavour y su conjunto
  • 1990: Padre Viento
  • 1991: El vuelo del picaflor
  • 1992: La partida
  • 1992: 橋のない川 オリジナル・サウンドトラック (The river with no bridge)
  • 1992: Leño verde (緑の大木) コンピレーション・アルバム
  • 1993: De colección
  • 1998: Tierra y agua
  • 2000: Agua y tierra
  • 2002: Charango
  • 2004: Ernesto Cavour y su conjunto
  • 2005: El vuelo del picaflor - Su charango y conjunto
  • 2006: Ernesto Cavour
  • 2007: Antología 50 años

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ CD「エルネスト・カブール/緑の大木」解説
  2. ^ エルネスト・カブール/「橋のない川」オリジナル・サウンドトラック”. 2014年7月27日閲覧。

外部リンク編集