エンテベ空港の7日間』(エンテベくうこうのなのかかん、Entebbe / 7 Days in Entebbe)は、2018年イギリスアメリカ合衆国スリラー映画。 監督はジョゼ・パジーリャ、出演はダニエル・ブリュールロザムンド・パイクなど。 1976年ウガンダエンテベ国際空港で起きたエンテベ空港奇襲作戦の映画化。

エンテベ空港の7日間
Entebbe / 7 Days in Entebbe
監督 ジョゼ・パジーリャ
脚本 グレゴリー・バーク英語版
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ケイト・ソロモン
マイケル・ライト
ロン・ハルパーン
製作総指揮 ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
オリヴィエ・クールソン
ジャン=クロード・デルモン
アンジェラ・モリソン
ジョー・バーン
ライザ・チェイシン英語版
出演者 ダニエル・ブリュール
ロザムンド・パイク
音楽 ロドリゴ・アマランテ英語版
撮影 ルラ・カルヴァーリョ英語版
編集 ダニエル・レゼンデ
製作会社 パーティシパント・メディア
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 キノフィルムズ
公開 ドイツの旗 2018年2月19日ベルリナーレドイツ語版[1]
アメリカ合衆国の旗 2018年3月16日
イギリスの旗 2018年5月11日
日本の旗 2019年10月4日[2]
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
フランス語
ヘブライ語
アラビア語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,326,885[3]
世界の旗 $8,685,101[3]
テンプレートを表示

2018年2月に開催された第68回ベルリン国際映画祭ドイツ語版で初上映された[1]

ストーリー編集

西ドイツ革命細胞に所属する2人のテロリスト、ヴィルフリートとブリギッテは、パレスチナの組織とともにイスラエル人が多く乗るエールフランス139便をハイジャックし、ウガンダエンテベ国際空港に着陸させる。緊迫状態の中、ヴィルフリートは人質と心を通わせるが、仲間であり親友を失っていたブリギッテは、使命感から非情な言動を繰り返す。

一方、イスラエル軍は空港より人質を救出する計画を着々と進めていた。

キャスト編集

製作編集

イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフの兄でエンテベ空港奇襲作戦殉職したヨナタン・ネタニヤフは、過去の映像化作品において英雄として描かれていたが、本作では作戦の早い段階で亡くなっており、扱いが小さくなっている[1]

この描き方についてジョゼ・パジーリャ監督は記者会見において同作戦に実際に関わった多くの人々に対するインタビューに基づいていると語っている[4]

また、本作の脚本は歴史家ソウル・デヴィッド英語版の著書『Operation Thunderbolt: Flight 139 and the Raid on Entebbe Airport』を参考にしている[1]

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、112件の評論のうち高く評価しているのは24%にあたる27件のみであり、平均で10点満点中4.99点を得ている[5]Metacriticによれば、29件のうち高評価は6件、賛否混在は21件、低評価は2件、平均で100点満点中49点を得ている[6]

関連項目編集

エンテベ空港奇襲作戦の映画化作品

出典編集

外部リンク編集