メインメニューを開く

エンヘル・アリステデス・チャベス(Ángel Aristedes Chávez、1981年7月22日 - )は、パナマダビッド出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。

エンヘル・チャベス
Angel Chavez
IMG 5392 Ángel Chávez.jpg
タンパベイ・レイズ傘下時代
(2010年8月29日)
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
出身地 ダビッド
生年月日 (1981-07-22) 1981年7月22日(37歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1998年
初出場 MLB / 2005年8月30日
最終出場 MLB / 2005年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム パナマの旗 パナマ
WBC 2009年2013年

目次

経歴編集

プロ入りとジャイアンツ時代編集

1998年10月30日にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約を結んだ。

2005年8月30日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビューを果たした。

ヤンキース傘下時代編集

2007年1月12日にニューヨーク・ヤンキースにマイナー契約を結び、スプリング・トレーニングに招待選手として参加した。この年は結局、AAAのスクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースで114試合に出場した。

ドジャース傘下時代編集

2007年12月12日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、スプリング・トレーニングに招待選手として参加した。

2008年3月31日にメジャー契約を結び、開幕ロースター入りを果たした。しかし、1試合も出場する事なくDFAになった。その後、ウェイバーにされ、AAAのラスベガス・フィフティワンズでプレー。オフにFAに。

レッドソックス傘下時代編集

2009年1月にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。開幕前の3月に、第2回WBCのパナマ代表に選出された[1]

レイズ傘下時代編集

2010年2月にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ。

独立リーグ時代編集

2011年4月にアメリカの独立リーグアトランティックリーグに加盟しているブリッジポート・ブルーフィッシュと契約を結んだ。

ボカス時代編集

2012年1月に、パナマの国内リーグのボカスと契約。この時ボカスは、優勝した。

メキシカンリーグ時代編集

2012年5月に、メキシカン・リーグラグナ・カウボーイズに移籍した。11月に、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出され[2]、2大会連続2度目の選出を果たした。

選手としての特徴編集

詳細情報編集

脚注編集

  1. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月2日閲覧 [リンク切れ]
  2. ^ 2012 Qualifier Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月2日閲覧 [リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集