エヴリン・ピアポント (初代キングストン=アポン=ハル公爵)

初代キングストン=アポン=ハル公爵エヴリン・ピアポント英語: Evelyn Pierrepont, 1st Duke of Kingston-upon-Hull, KG PC1655年 - 1726年3月5日)は、グレートブリテン王国政治家

初代キングストン=アポン=ハル公爵エヴリン・ピアポント
Evelyn Pierrepont, 1st Duke of Kingston-upon-Hull
1st Duke of Kingston-upon-Hull.JPG
生年月日 1655年
没年月日 1726年3月5日
称号 ガーター勲章
配偶者 メアリー・フィールディング

内閣 タウンゼンド子爵内閣
第1次スタンホープ=サンダーランド内閣
第2次スタンホープ=サンダーランド内閣
ウォルポール=タウンゼンド内閣
在任期間 1716年 - 1726年
国王 ジョージ1世

グレートブリテン王国の旗 枢密院議長
内閣 第2次スタンホープ=サンダーランド内閣
在任期間 1719年2月6日 - 1720年6月11日
国王 ジョージ1世
テンプレートを表示

経歴編集

ピアポントは1690年に第5代キングストン=アポン=ハル伯爵英語版を継ぐまで、イースト・レットフォード議会選挙区の議会議員を務めていた[1][2]。その後スコットランド王国との合同条約英語版交渉におけるイングランド代表の1人を務め、1706年ドーチェスター侯爵に列せられ、貴族院の運営を担った。枢密顧問官を経て1715年キングストン=アポン=ハル公爵となり、タウンゼンド子爵内閣からウォルポール=タウンゼンド内閣まで4内閣にわたって王璽尚書を、第2次スタンホープ=サンダーランド内閣では枢密院議長を務めている。彼は当時おしゃれな人物として知られていた。

家族編集

ピアポントの最初の妻は第3代デンビー伯爵ウィリアム・フィールディングの娘メアリー・フィールディングであった。

彼は生涯2度結婚しており、5人の娘と1人の息子を儲けている。

脚注編集

  1. ^ "Pierrepont, Evelyn (1665?-1726)" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  2. ^ ''Evelyn Pierrepont, 1st Duke of Kingston-upon-Hull'' at Special Collections of ''The University of Nottingham''”. Nottingham.ac.uk. 2012年1月28日閲覧。
  3. ^ ''William Pierrepont, Earl of Kingston-upon-Hull (1692-1713)'' at Special Collections of ''The University of Nottingham''”. Nottingham.ac.uk. 2012年1月28日閲覧。

外部リンク編集

公職
先代:
サンダーランド伯爵
王璽尚書
1716年 – 1719年
次代:
ケント公爵
先代:
サンダーランド伯爵
枢密院議長
1719年 – 1720年
次代:
タウンゼンド子爵
先代:
ケント公爵
王璽尚書
1720年 – 1726年
次代:
トレヴァー男爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 キングストン=アポン=ハル公爵
1715年 – 1726年
次代:
エヴリン・ピアポント
イングランドの爵位
爵位創設 ドーチェスター侯爵
1706年 – 1726年
次代:
エヴリン・ピアポント
先代:
ウィリアム・ピアポント
キングストン=アポン=ハル伯爵
1690年 – 1726年