メインメニューを開く

モントリオール大都市圏交通局(モントリオールだいとしけんこうつうきょく、: Réseau de transport métropolitain)はカナダケベック州モントリオールを中心とした地域都市間公共交通機関。略称はRTM。ブランド名はExo

モントリオール大都市圏交通局
Réseau de transport métropolitain
Exo
基本情報
カナダの旗 カナダ
所在地 ケベック州モントリオール
種類 通勤列車
公共バス
開業 1859年(最初の運行)
1996年1月(AMT)
2017年6月1日(RTM)
所有者 カナディアン・ナショナル鉄道
カナダ太平洋鉄道
モントリオール大都市圏交通局(RTM)
運営者 ボンバルディア・トランスポーテーション
詳細情報
総延長距離 234.5 km
路線数 6路線
駅数 62(鉄道)、19(バス)
輸送人員 44,737,400 (2018年)
1日利用者数 77,210(鉄道)
94,860 (バス)
軌間 1,435 mm
路線図
路線図
鉄道路線図
テンプレートを表示
サンジェローム線の車両
バス

概要編集

モントリオール大都市圏交通局(通称RTM)によってモントリオール市内と市外を結ぶ鉄道、バスが運行されている。1995年12月にモントリオール大都市圏の自治体の交通機関を統括するものとしてAMT(Agence métropolitaine de transport)が設立された。1996年にはそれまで STCUM(モントリオール公共交通局)が運行していた通勤鉄道路線を譲り受けて、急行バス路線と共に運行開始した。モントリオール市中心部からモントリオール島郊外やジェス島にあるラヴァル、サンジェロームなどのローレンティッド地域ロンゲールなどのモンテレジー地域などへ向かう交通機関となっている。

ケベック州によりARTMが設立されたことを受けて、2017年6月1日にAMT(Agence métropolitaine de transport)からRTM(Réseau de transport métropolitain)に組織が改編され、2018年5月にExoというブランド名で運行されている。

鉄道編集

モントリオール中央駅から3路線、ルシアン・ラリエール駅から3路線の計6路線からなる通勤列車で、かつてはカナディアン・ナショナル鉄道(CN)とカナダ太平洋鉄道(CP)が運行していたが、1980年代に2路線を除いて運行が停止されたが、1996年のAMTの設立に伴って各路線で運行が徐々に復活。2014年には新路線が開通した。ドゥ・モンターニュ線全線とマスクーシュ線の併用区間のみが電化されており、ドゥ・モンターニュ線は終日ほぼ毎時1本の頻度で運行されている。その他は非電化であり、平日朝夕ラッシュ時を中心とした運行で本数も少ない。路線はカナディアン・ナショナル鉄道(CN)とカナダ太平洋鉄道(CP)、そしてケベック-ガティノー鉄道が管理する線路を運行しているが、一部線路はRTMの専用となっている。

路線番号 路線名 終着駅(上)と自治体(下) 主な沿線自治体 距離 駅数 年間利用者数
(2018年)
営業最高
速度
電化 開通 管轄
  ヴォードゥルイユ・ハドソン線
en:Vaudreuil–Hudson line
Hudson
ハドソン[1]
ドーヴァルビーコンズフィールド 64.2km 18 4,164,200人 × 1887年 CP
  サンジェローム線
en:Saint-Jérôme line
Saint-Jérôme
サンジェローム
ラヴァルブランビル 62.8km 13 3,261,600人 × 1882年 CP
  モン・サン・イレール線
en:Mont-Saint-Hilaire line
Mont-Saint-Hilaire
モン・サン・イレール
ロンゲール 34.9km 7 2,245,000人 × 1859年 CN
  カディアク線
en:Candiac line
Candiac
カディアク
デルソン 25.6km 9 1,267,500人 × 1887年 CP
  マスクーシュ線
en:Mascouche line
Mascouche
マスクーシュ
テルボンヌルパンティニー 52km 14 1,852,300人 [2] 1946年 CN
  ドゥ・モンターニュ線
en:Deux-Montagnes line
Deux-Montagnes
ドゥ・モンターニュ
モンロワイヤルラヴァル 29.9km 12 7,284,100人 1918年 CN

運行路線編集

ドゥ・モンターニュ線、モン・サン・イレール線、マスクーシュ線はVIA鉄道アムトラックが発着するモントリオール中央駅から発着する。サンジェローム線、ヴォードゥルイユ・ハドソン線、カディアク線はかつてのCP鉄道ターミナル駅であったウィンザー駅が廃止され、隣接地に作られたルシアン・ラリエール駅から発着するが、サンジェローム線は一部列車がパルク駅(Parc)の発着となる。ドゥ・モンターニュ線は日中でも1時間間隔と最も本数が多く、次いでヴォードゥルイユ・ハドソン線の本数が比較的多いが、その他の路線は、朝夕ラッシュ時が中心であり、休日は運休となる路線が多い。

モントリオール中央駅(Gare Centrale)、ルシアン・ラリエール駅(Lucien-L'Allier)、ヴァンドーム駅(Vendôme)、パルク駅(Parc)、ドゥ・ラ・コンコルド駅(De La Concorde)、ソヴェ駅(Sauvé)では地下鉄と接続、モントリオール中央駅とサン・ランベール駅(Saint Lambert)ではVIA鉄道アムトラックと接続、ドルヴァル駅(Dorval)、ソヴェ駅(Sauvé)、アンジュー駅(Anjou)ではVIA鉄道と接続している。

ヴォードゥルイユ・ハドソン線(Vaudreuil-Hudson) *は一部列車が通過する駅を示す

駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体
ルシアン・ラリエール駅(Lucien-L'Allier) 0.0 地下鉄オレンジライン
RTM(サンジェローム線・カディアク線)
モントリオール
ヴァンドーム駅(Vendôme) 地下鉄オレンジライン
RTM(サンジェローム線・カディアク線)
モントリオール
モントリオール西駅(Montréal-Ouest) RTM(サンジェローム線・カディアク線) モントリオール・ウエスト
ラシン駅(Lachine) モントリオール
ドルヴァル駅(Dorval) VIA鉄道(ドルヴァル駅)、モントリオール・トルドー国際空港 ドルヴァル
パインビーチ駅(Pine Beach) * ドルヴァル
ヴァロワ駅(Valois)* ポント・クレア
ポント・クレア駅(Pointe-Claire) ポント・クレア
チェダー・パーク駅(Cedar Park)* ポント・クレア
ビーコンスフィールド駅(Beaconsfield) ビーコンスフィールド
ボールパー駅(Beaurepaire)* ビーコンスフィールド
ベーダルフェ駅(Baie-d'Urfé) ベーダルフェ
サンタンヌ・ドゥ・ベルヴュー駅(Sainte-Anne-de-Bellevue) サンタンヌ・ドゥ・ベルヴュー
イル・プロ駅(Île-Perrot)* イル・プロ
パンクール/テラス・ヴォードゥルイユ駅(Pincourt/Terrasse-Vaudreuil)* テラス・ヴォードゥルイユ
ドリオン駅(Dorion) ヴォードゥルイユ・ドリオン
ヴォードゥルイユ駅(Vaudreuil) ヴォードゥルイユ・ドリオン
ハドソン駅(Hudson) 64.2 ハドソン
リゴー駅(Rigaud) 2010年以降運休中 リゴー
 
パルク駅駅舎
 
ドゥ・ラ・コンコルド駅に停車する2階建て車両

サンジェローム線(Saint-Jérôme)  

駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体
ルシアン・ラリエール駅(Lucien-L'Allier) 0.0 地下鉄オレンジライン
RTM(ヴォードゥルイユ・ハドソン線・カディアク線)
モントリオール
ヴァンドーム駅(Vendôme) 地下鉄オレンジライン
RTM(ヴォードゥルイユ・ハドソン線・カディアク線)
モントリオール
モントリオール西駅(Montréal-Ouest) RTM(ヴォードゥルイユ・ハドソン線・カディアク線) モントリオール・ウエスト
パルク駅(Parc) 地下鉄ブルーライン モントリオール
シャバネル駅(Chabanel) モントリオール
ボワ・ドゥ・ブローニュ駅(Bois-de-Boulogne) モントリオール
ドゥ・ラ・コンコルド駅(De La Concorde) 地下鉄オレンジライン ラヴァル
ヴィモン駅(Vimont) ラヴァル
サンテ・ローズ駅(Sainte-Rose) ラヴァル
ローズメール駅(Rosemère) ローズメール
サンテ・テレーズ駅(Sainte-Thérèse) サンテ・テレーズ
ブランヴィル駅(Blainville) ブランビル
ミラベル駅(Mirabel) 計画中 ミラベル
サン・ジェローム駅(Saint-Jérôme) 62.8 サン・ジェローム
 
ロングイユ-サン・ウベール駅
 
サン・バジル・ル・グラン駅
 
電化されたドゥ・モンターニュ線

モン・サン・イレール線(Mont-Saint-Hilaire)

駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体
モントリオール中央駅(Gare Centrale) 0.0 地下鉄オレンジライン,地下鉄グリーンライン
RTM(ドゥ・モンターニュ線・マスクーシュ線),VIA鉄道アムトラック
モントリオール
サン・ランベール駅(Saint Lambert) VIA鉄道アムトラック サン・ランベール
ロングイユ-サン・ウベール駅(Longueuil–Saint-Hubert) ロングイユ
サン・ブルノ駅(Saint-Bruno) サン・ブルノ・デゥ・モンタルヴィル
サン・バジル・ル・グラン駅(Saint-Basile-le-Grand) サン・バジル・ル・グラン
マクマスターヴィル駅(McMasterville) マクマスターヴィル
モン・サン・イレール駅(Mont-Saint-Hilaire) 34.9 モン・サン・イレール

カディアク線(Candiac)

駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体
ルシアン・ラリエール駅(Lucien-L'Allier) 0.0 地下鉄オレンジライン
RTM(サンジェローム線・ヴォードゥルイユ・ハドソン線)
モントリオール
ヴァンドーム駅(Vendôme) 地下鉄オレンジライン
RTM(サンジェローム線・ヴォードゥルイユ・ハドソン線)
モントリオール
モントリオール西駅(Montréal-Ouest) RTM(サンジェローム線・ヴォードゥルイユ・ハドソン線) モントリオール・ウエスト
ドゥ・カナル駅(Du Canal) モントリオール
ラサール駅(LaSalle) モントリオール
サンテ・カトリーヌ駅(Sainte-Catherine) サンテ・カトリーヌ
サン・コンスタン駅(Saint-Constant) サン・コンスタン
デルソン駅(Delson) デルソン
カディアク駅(Candiac) 25.6 カディアク

マスクーシュ線(Mascouche)

駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体
モントリオール中央駅(Gare Centrale) 0.0 地下鉄オレンジライン,地下鉄グリーンライン
RTM(ドゥ・モンターニュ線・モン・サン・イレール線)
VIA鉄道アムトラック
モントリオール
カノーラ駅(Canora) RTM(ドゥ・モンターニュ線) モントリオール
モン・ロワイヤル駅(Mont-Royal) RTM(ドゥ・モンターニュ線) モン・ロワイヤル
オウティシク駅(Ahuntsic) モントリオール
ソヴェ駅(Sauvé) オレンジラインVIA鉄道 モントリオール
サンミッシェル・モントリオールノール駅(Saint-Michel-Montréal-Nord) モントリオール
サンレオナール・モントリオールノール駅(Saint-Léonard-Montréal-Nord) モントリオール
アンジュー駅(Anjou) VIA鉄道 モントリオール
リヴィエール・デ・プレーリー駅(Rivière-des-Prairies) モントリオール
ポワント・オウ・トランブル駅(Pointe-aux-Trembles) モントリオール
ルパンティニー駅(Repentigny) ルパンティニー
テルボンヌ駅(Terrebonne) テルボンヌ
マスクーシュ駅(Mascouche) 52 マスクーシュ

ドゥ・モンターニュ線(Deux-Montagnes)

駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体
モントリオール中央駅(Gare Centrale) 0.0 地下鉄オレンジライン,地下鉄グリーンラライン
RTM(モン・サン・イレール線・マスクーシュ線),VIA鉄道アムトラック
モントリオール
キャノーラ駅(Canora) RTM(マスクーシュ線) モントリオール
モン・ロワイヤル駅(Mont-Royal) RTM(マスクーシュ線) モン・ロワイヤル
モンペリエ駅(Montpellier) モントリオール
ドゥ・ルッソー駅(Du Ruisseau) モントリオール
ボア・フラン駅(Bois-Franc) モントリオール
サニーブルック駅(Sunnybrooke) モントリオール
ロックスボロー・ピエールフォン駅(Roxboro-Pierrefonds) モントリオール
イル・ビグラ駅(Île-Bigras) ラヴァル
セント・ドロテ駅(Sainte-Dorothée) ラヴァル
グラン・ムラン駅(Grand-Moulin) ドゥ・モンターニュ
ドゥ・モンターニュ駅(Deux-Montagnes) 29.9 ドゥ・モンターニュ

延伸・計画路線編集

2020ヴィジョン計画ではさらに以下の6路線の構想が発表された[3]

  • シャトーゲー・ボーアルノア線(Châteauguay-Beauharnois)
    • カナワク駅(Kahnawake)
    • ルリー駅(Léry )
    • シャトーゲー駅(Châteauguay)
    • ボーアルノア駅(Beauharnois)
  • ルパティグニー・ラソンプシオン線(Repentigny-L'Assomption)
    • ラソンプシオン 駅(L'Assomption)
  • ラ・プレリー線(La-Prairie)
    • ラ・プレリー駅(La-Prairie)
  • シャンブリー・マリーヴィル線(Chambly-Marieville)
    • シャンブリー駅(Chambly)
    • マリーヴィル駅(Marieville)
  • ボワブリアン線(Boisbriand)
    • ボワブリアン駅(Boisbriand)
  • モントリオール空港線(Ouest-de-l'Île-Aéroport-P.-E.-Trudeau)

2016年4月にはREMプロジェクトが発表され[4]、2018年に建設開始され、開通する2021年には既存のドゥ・モンターニュ線区間がREMの路線に置き換わる。

車両編集

プッシュプル方式で運行されており、ドゥ・モンターニュ線にはボンバルディア・トランスポーテーション社の電車MR-90が投入され、電化区間と非電化区間の両方を走るマスクーシュ線用にボンバルディアの電化・ディーゼル両対応のデュアル・モード車のALP-45DPが投入されている他、エレクトロ・モーティブ・ディーゼルF59PHとF59PHIが投入されている。客車はボンバルディアのBombardier MultiLevel CoachBombardier BiLevel Coachが投入されており、二階建て車両が中心となっている。2020年には中国中車唐山軌道客車の車両が導入される予定である。

バス編集

急行バスは以下の2路線運行されているが、運営はRTLSTMが行っている。

  • Express Chevrier 90(Express Terminus Centre-Ville 90)・・・RTL
  • Trainbus 935(Trainbus Blainville/Centre-ville 935)・・・STM

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ ハドソン駅-リゴー駅間は2010年以降運休中。
  2. ^ モントリオール中央駅-Ahuntsic駅間のみ。
  3. ^ RÉSEAU DE TRAIN Agence métropolitaine de transport
  4. ^ CDPQ (2016年4月22日). “Réseau Électrique Métropolitain”. CDPQ. 2016年4月閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集