メインメニューを開く

エージェント・カーター (テレビドラマ)

エージェント・カーター』(Marvel's Agent Carter, またはAgent Carter)は、クリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリーが映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、並びに短編映画『エージェント・カーター英語版』に触発されてABCで企画したアメリカ合衆国のテレビドラマである。 マーベル・シネマティック・ユニバースに属する映画作品群と世界観を共有している。

Marvel's Agent Carter
ジャンル アクション/アドベンチャー
サイエンス・フィクション
スーパーヒーロー
ドラマ
原作 マーベルコミックスの出版物のキャラクター[1]
原案 クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
出演者
製作 ABCスタジオ
マーベル・テレビジョン
配給 ディズニー=ABC・ドメスティック・テレビジョン英語版
放送
放送チャンネル ABC
放送期間 2015年1月6日 (2015-01-06) - 2016年3月1日 (2016-3-1)
公式ウェブサイト
番組年表
関連番組エージェント・オブ・シールド
マーベル・シネマティック・ユニバースのテレビシリーズ英語版
テンプレートを表示

シリーズは映画に引き続いてヘイリー・アトウェルが演じるマーベルコミックスのキャラクターのペギー・カーターが中心となり、1940年代のアメリカで独身女性として生涯を過ごそうとした際にハワード・スターク英語版の秘密任務に赴く彼女が描かれる。シリーズでは彼女の他にもマーベル・シネマティック・ユニバース出身のキャラクターが登場する。製作はABCスタジオマーベル・テレビジョンが務め、タラ・バターズとミシェル・ファゼカスがショーランナーを務める。

第1シーズンは2015年1月6日から2月24日までに全8話、第2シーズン英語版は2016年1月19日までに全10話が、いずれも『エージェント・オブ・シールド』の休止期間中に放送された。シリーズは批評家には高評価されたものの視聴率が伸び悩み、2016年5月12日にABCより第2シーズン限りでの終了が発表された[2]

ストーリー編集

第1シーズンでは1946年のニューヨークが舞台となり、戦略科学予備軍(SSR)で事務作業を押し付けられるカーターは武器密売容疑で逃亡するハワード・スタークの無実の罪を晴らすため、スタークの執事のエドウィン・ジャービス英語版の協力のもと、事件の黒幕を探ろうとする[1][3]

第2シーズンでは、1947年のロサンゼルスが舞台となり、SSRロス支局長となったスーザの応援として現地を訪れたカーターが、アイソダイン・エナジー社が極秘に研究していた異次元物質「ゼロマター」を巡る事件を、ジャービスやアイソダインの研究者ウィルクスらの協力を得て捜査する。

脚本・プロデューサーを務めたホセ・モリーナによれば、第3シーズンはロンドンが舞台となり、戦争中に死んだと思われていたカーターの兄が実は生きていて悪事に手を染めていることが判明する予定だったという[4]

キャストとキャラクター編集

ペギー・カーター
演 - ヘイリー・アトウェル、日本語吹替 - 園崎未恵
戦略科学予備軍の一員[1]。スタークが着せられた汚名をそそぐため、ジャーヴィスと協力する。
エドウィン・ジャーヴィス英語版
演 - ジェームズ・ダーシー、日本語吹替 - 井上倫宏
ハワード・スタークの執事でカーターの盟友[5]。後にハワードの息子のトニー・スターク(アイアンマン)の家庭教師となり、彼の人工知能J.A.R.V.I.S.に影響を与える[6]
ジャック・トンプソン
演 - チャド・マイケル・マーレイ、日本語吹替 - 近藤隆
S.S.R.のエージェント[7]
ダニエル・スーザ
演 - エンヴェア・ジョカイ、日本語吹替 - 矢崎文也
S.S.R.のエージェントでもある退役軍人[7][8]
ロジャー・ドゥーリー
演 - シェー・ウィガム、日本語吹替 - 石住昭彦
カーター、トンプソン、スーザを監督するS.S.R.のチーフ[9]
ドロシー・アンダーウッド
演 - ブリジット・リーガン、日本語吹替 - 小林沙苗
第3話から登場。ペギー宅の隣人で通称ドッティ。ロシアの工作員で、ペギーの住むグリフィスホテルに引っ越してくる。

この他にドミニク・クーパー(吹替:野島裕史)がトニー・スタークの父でS.H.I.E.L.D.の創設メンバーであるハワード・スターク英語版[10][11]コスタ・ローニン英語版がスタークと共同でアークリアクターを開発したアントン・ヴァンコ英語版役を務める[12]カイル・ボーンハイマーはエージェント・レイ・クレゼミンスキー役[13]リンジー・フォンセカはペギーの友人となる女優志望者のアンジー・マルティネリ役[14]ミーガン・フェイはカーターの下宿先の女性役でリカーリング出演する予定である[15]ブリジット・リーガンはカーターの隣人のドッティ役を務める[16]スタン・リーは第4話にカメオ出演する予定である[17]。またカーターの夫の登場も検討されている[18]

製作編集

2013年9月までにマーベル・テレビジョンはペギー・カーターを題材としたマーベル・ワンショットエージェント・カーター英語版』に触発されたテレビシリーズを企画し、脚本家を探している最中であった[19]。2014年1月、ABCエンターテインメント・グループの社長のポール・リーは番組が企画中であり、またタラ・バターズとミシェル・ファゼカスがシリーズのショーランナーを務める予定であることを明かした[20]。2014年3月、スティーヴン・マクフィーリークリストファー・マルクスは、プロジェクトは未だグリーンライトがでていないが、約13話のリミテッドシリーズ英語版を想定しており、1946年が舞台となることを明かした。またその後追加シーズンでは1年進み、新たな事件が描かれる[21]。2014年4月までにシリーズはパイロット版を飛ばして一気にシリーズを発注する可能性があり、『エージェント・オブ・シールド』の第2シーズンへの更新が決まった場合、2014年末から2015年の初頭の間に放送されると報じられた[22]

2014年5月8日、ABCはシリーズを正式に発注し[23]、その後『Agent Carter』は『エージェント・オブ・シールド』の2014年の最後の回から2015年の最初の回の間に放送され、初回は2015年1月6日であることが明かされた[24][25]。5月末、アトウェルはシリーズが8話構成であると述べた[26]。エグゼクティブプロデューサーにはバターズ、ファゼカス、マーカス、マクフィーリー、クリス・ディンゲス、ケヴィン・フェイグ、ルイス・デスポジート、アラン・ファイン英語版ジョー・カザーダスタン・リージェフ・ローブが名を連ねた[3]。2014年7月、撮影は9月開始と予想されたが[27]、実際は10月初頭に始まり[28]、第1話のフッテージは2014年10月10日にニューヨーク・コミックコンで上映され[28]、後に11月のABCの1時間のテレビスペシャル『Marvel 75 Years: From Pulp to Pop!』でも放送された[29]カナダではCTVより放送予定である[30]

キャスティング編集

2014年1月にリーが発表する以前から、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、短編映画『エージェント・カーター』でカーターを演じたヘイリー・アトウェルは同役への復帰に関心を示していた[31][20]。2014年8月、チャド・マイケル・マーレイエンヴェア・ジョカイがS.S.R.エージェントのジャック・トンプソンとダニエル・スーザ役でキャスティングされた[7]。2014年9月、ジェームズ・ダーシーエドウィン・ジャーヴィス英語版[5]シェー・ウィガムがS.S.R.チーフのロジャー・ドゥーリー役にキャスティングされた[9]

2014年3月、マーカスとマクフィーリーはドミニク・クーパーの関与の次第によってはハワード・スターク英語版がリカーリングキャラクターとなると述べた[21]。2014年6月、アトウェルはクーパーがシリーズに関与することを認めた[10]。2014年11月、『アイアンマン2』でエフゲニー・ラザレフが演じたアントン・ヴァンコ英語版の若年期の役をコスタ・ローン英語版が務めることが発表された[12][32]

エピソード編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日U.S. 視聴者数
(百万人)
11"キャプテン・アメリカの恋人"
"Now is Not the End"
ルイス・デスポジートクリストファー・マルクス & スティーヴン・マクフィーリー2015年1月6日 (2015-01-06)6.91[33]
22"ミルク・トラックを追え"
"Bridge and Tunnel"
ジョセフ・V・ルッソエリック・ピアソン2015年1月6日 (2015-01-06)6.91[33]
33"執事の過去"
"Time and Tide"
スコット・ウィナント英語版アンディ・ブシェル2015年1月13日 (2015-01-13)5.10[34]
44"ハワードの帰還"
"The Blitzkrieg Button"
スティーヴン・クラッグ英語版ブラント・エンゲルスタイン2015年1月27日 (2015-01-27)4.63[35]
55"ベラルーシ行き"
"The Iron Ceiling"
ピーター・レトー英語版ホセ・モリーナ英語版2015年2月3日 (2015-02-03)4.20[36]
66"取り返せない過ち"
"A Sin to Err"
スティーヴン・ウィリアムズリンジー・アレン2015年2月10日 (2015-02-10)4.25[37]
77"催眠博士"
"Snafu"
ヴィンセント・ミシアーノクリス・ディンゲス2015年2月17日 (2015-02-17)4.15[38]
88"ミッドナイト・オイル"
"Valediction"
クリストファー・ミシアーノ英語版ミシェル・ファゼカス & タラ・バターズ2015年2月24日 (2015-02-24)4.02[39]

日本での放送編集

日本では『マーベル エージェント・カーター』というタイトルで、シーズン1が2016年8月27日よりDlifeのサタデーナイトドラマ枠で初放送されていた。シーズン2は2017年7月1日より放送開始された。

参考文献編集

  1. ^ a b c Strom, Marc (2014年5月10日). “First Details on Marvel's Agent Carter”. Marvel.com. 2014年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月10日閲覧。
  2. ^ Goldberg, Lesley (2016年5月12日). “'Agent Carter' Canceled at ABC”. The Hollywood Reporter. 2016年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月12日閲覧。
  3. ^ a b Cavanaugh, Patrick (2014年10月27日). “See What's in Store for Marvel's Agent Carter in the Official Series Synopsis”. Marvel.com. 2014年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月27日閲覧。
  4. ^ 【ネタばれ】『エージェント・カーター』シーズン3が製作されていたらこうなっていた!(海外ドラマNAVI、2018年7月24日)
  5. ^ a b Kroll, Justin (2014年9月16日). “James D’Arcy to Co-Star With Hayley Atwell in Marvel’s ‘Agent Carter’ (EXCLUSIVE)”. Variety. 2014年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月16日閲覧。
  6. ^ Trumbore, Dave (2014年7月25日). “Agent Carter to Feature Edwin Jarvis, aka Howard Stark’s Butler and Inspiration for Tony Stark’s AI”. Collider. 2014年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月25日閲覧。
  7. ^ a b c Marvel's Agent Carter Casts 2 Key Roles”. Marvel.com (2014年8月29日). 2014年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月29日閲覧。
  8. ^ Andreeva, Nellie (2014年8月29日). “Enver Gjokaj Cast In ABC Series ‘Marvel’s Agent Carter’”. Deadline.com. 2014年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月29日閲覧。
  9. ^ a b Andreeva, Nellie (2014年9月22日). “Shea Whigham To Co-Star On ‘Marvel’s Agent Carter’”. Deadline.com. 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  10. ^ a b Walker, Tim (2014年6月5日). “Hayley Atwell goes to war with Dominic Cooper”. The Daily Telegraph. 2014年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月6日閲覧。
  11. ^ Strom, Marc (2014年9月30日). “Dominic Cooper Returns as Howard Stark in Marvel's Agent Carter”. Marvel.com. 2014年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月30日閲覧。
  12. ^ a b Steinbeiser, Andrew (2014年11月5日). “Exclusive: Costa Ronin Cast as Anton Vanko in Marvel's Agent Carter”. Comicbook.com. 2014年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月5日閲覧。
  13. ^ Abrams, Natalie (2014年10月10日). “Spoiler Room: Scoop on 'Grey's,' 'Horror Story,' 'Agent Carter,' and more”. Entertainment Weekly. 2014年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。
  14. ^ Strom, Marc (2014年10月24日). “Marvel's Agent Carter Rounds Out Cast With Lyndsy Fonseca”. Marvel.com. 2014年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月25日閲覧。
  15. ^ Meagen Fay Joins ‘Marvel’s Agent Carter'; Max Gail In Comedy Central’s ‘Review’”. Deadline (2014年10月28日). 2014年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月29日閲覧。
  16. ^ Strom, Marc (2014年11月6日). “Bridget Regan Joins Marvel's Agent Carter”. Marvel.com. 2014年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月6日閲覧。
  17. ^ White, Brett (2014年12月8日). “Comic Reel: Stan Lee Reveals "Agent Carter" Cameo; Jeremy Irons Teases A More Hands-On Alfred”. Comic Book Resources. 2014年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。
  18. ^ Ching, Albert (2014年8月29日). “Atwell And Producers Release Intel On "Agent Carter"”. Comic Book Resources. 2014年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  19. ^ Andreeva, Nellie (2013年9月18日). “Marvel Developing 'Agent Carter' TV Series”. Deadline.com. 2013年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。
  20. ^ a b Goldberg, Lesley (2014年1月17日). “Marvel's 'Agent Carter': Hayley Atwell, Writers, Showrunners Confirmed for ABC Drama”. The Hollywood Reporter. 2014年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月18日閲覧。
  21. ^ a b Weintraub, Steve (2014年3月13日). “Screenwriters Christopher Markus and Stephen McFeely Talk Agent Carter TV Series; Reveal Timeline, Plot and Planned Episode Count”. Collider.com. 2014年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月13日閲覧。
  22. ^ Andreeva, Natalie (2014年4月12日). “Pilots 2014: Early Buzz Edition”. Deadline.com. 2014年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月14日閲覧。
  23. ^ Hibberd, James (2014年5月8日). “ABC renews 'SHIELD' plus orders 'Captain America' spin-off”. Entertainment Weekly. 2014年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧。
  24. ^ Strom, Marc (2014年5月13日). “Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D. Season 2 Moves to 9PM”. Marvel.com. 2014年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月13日閲覧。
  25. ^ Strom, Marc (2014年11月5日). “Marvel's Agent Carter & Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D. Set Premiere & Return Dates”. Marvel.com. 2014年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月6日閲覧。
  26. ^ Hughes, Jason (2014年5月16日). “Hayley Atwell Reveals ‘Marvel's Agent Carter’ Will Have 8-Episode Run on ABC (Video)”. The Wrap. 2014年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  27. ^ Goldman, Eric (2014年7月16日). “Marvel's Agent Carter Will Show Peggy's Road To SHIELD”. IGN. 2014年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月1日閲覧。
  28. ^ a b Rought, Karen (2014年10月11日). “‘Agents of S.H.I.E.L.D.’ brought down the house at NYCC 2014”. Hypable. 2014年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月11日閲覧。
  29. ^ Goldman, Eric (2014年11月4日). “Looking Back At How The Marvel Age Began”. IGN. 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月4日閲覧。
  30. ^ CTV Powers Up With Acquisition of 11 New Series for 2014/15 Primetime Lineup”. CTV Television Network (2014年5月23日). 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。
  31. ^ Nissim, Mayer (2013年10月2日). “Exclusive: Hayley Atwell: 'I'd definitely do Agent Carter TV show'”. Digital Spy. 2014年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  32. ^ 'Agent Carter' Premiere Date Announced; Whiplash's Dad Cast”. TVWeb (2014年11月5日). 2014年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月8日閲覧。
  33. ^ a b Bibel, Sara (2015年1月8日). “Tuesday Final Ratings: No Adjustments to 'Agent Carter', 'Person of Interest' or 'Forever'”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月8日閲覧。
  34. ^ Kondolojy, Amanda (2015年1月15日). “Tuesday Final Ratings: 'Person of Interest' & 'NCIS: New Orleans' Adjusted Up”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  35. ^ Kondolojy, Amanda (2015年1月28日). “Tuesday Final Ratings: 'MasterChef Jr.' & 'Marry Me' Adjusted Up; 'Supernatural' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月28日閲覧。
  36. ^ Bibel, Sara (2015年2月4日). “Tuesday Final Ratings: 'Supernatural', 'Marry Me', 'The Mindy Project' & 'About A Boy' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月4日閲覧。
  37. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月11日). “Tuesday Final Ratings: 'NCIS', 'The Flash', 'Parks and Recreation', 'NCIS: New Orleans', 'Person of Interest' & 'About a Boy' Adjusted Up”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月11日閲覧。
  38. ^ Bibel, Sara (2015年2月19日). “Tuesday Final Ratings: 'The Flash' & 'NCIS' Adjusted Up; 'Supernatural' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  39. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月25日). “Tuesday Final Ratings: 'The Voice' Adjusted Up; 'NCIS', 'NCIS: New Orleans', 'Fresh Off the Boat', 'New Girl' & 'TV's Hottest Commercials' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月26日閲覧。

外部リンク編集

[1]

  1. ^ Goldberg, Lesley (2016年5月12日). “'Agent Carter' Canceled at ABC”. The Hollywood Reporter. 2016年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月12日閲覧。