メインメニューを開く

オウムアムア (恒星間天体)

2017年に発見された、太陽系外から飛来した恒星間天体

オウムアムア[6][14](ʻOumuamua[注 2] (1I/2017 U1))は、2017年に発見された、天体観測史上初となる太陽系外から飛来した恒星間天体である[4][15]

オウムアムア
ʻOumuamua (1I/2017 U1)
2017年10月28日に観測されたオウムアムア
2017年10月28日に観測されたオウムアムア
仮符号・別名 A/2017 U1, C/2017 U1, 1l/2017 U1[1]
視等級 (V) 19.7~>27.5[2][3]
分類 恒星間天体[4]
発見
発見日 2017年10月19日[5][6]
発見者 パンスターズ[1][5]
発見場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州マウイ島
発見方法 直接観測
天文学上の意義
軌道離心率が最も高い天体
観測史上初の恒星間天体
軌道要素と性質
元期:2458059.5 TDB(2017年11月2日[7]
軌道の種類 双曲線軌道
軌道長半径 (a) −1.27984±0.00082 au[7]
近日点距離 (q) 0.25534±0.00007 au[7]
離心率 (e) 1.19951±0.00018[7]
平均軌道速度 26.33±0.01 km/s[2]
軌道傾斜角 (i) 122.68721°±0.006320°[7]
近日点引数 (ω) 241.70298°±0.01230°[7]
昇交点黄経 (Ω) 24.59921°±0.00029°[7]
平均近点角 (M) 36.42531°±0.03420°[7]
前回近日点通過 2017年9月9日11時9分19.9秒[7]
物理的性質
三軸径 230 × 35 × 35 m[8][9][注 1]
直径 160 m[10]
<400 m[5]
自転周期 6.96+1.45
−0.39
時間[11]
7.34 時間[6]
8.10 ± 0.42 時間[12]
8.10 ± 0.02 時間[13]
スペクトル分類 D型?[8]
P型?[12]
絶対等級 (H) 22.08±0.45[7]
アルベド(反射能) 0.1(推定)[12]
色指数 (B-V) 0.7±0.06[12]
色指数 (V-R) 0.45±0.05[12]
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

 
オウムアムアが太陽系を通過した軌道を想像したアニメーション

2017年10月19日マウイ島ハレアカラ山頂にあるパンスターズ天体望遠鏡「PS1」によって、見かけの等級が20の暗い天体が発見された[16]9月9日近日点を通過し、0.248au(約3710万km)まで太陽に接近した[7]10月14日地球から2400万kmのところを通過[7]、その5日後に発見された。当初は彗星であると考えられたため、「C/2017 U1」という仮符号が与えられたが、観測からこの天体が明確な双曲線軌道にあり、太陽からの脱出速度よりも速いことが示されたことで、太陽系の重力に束縛されていない恒星間天体である可能性が示唆された[17]10月25日ウィリアム・ハーシェル望遠鏡が観測を行った所、表面は太陽系外縁天体に似た赤色であることが示された[18]。また超大型望遠鏡VLTの観測によって、彗星特有のコマが確認されなかったため、小惑星とみなされ、「A/2017 U1」へと変更された[19][20][21](Aは小惑星(asteroid)を意味する符号であり、当初彗星とされながら小惑星へとカテゴリが変更されたもののみにこの符号が与えられる)。その翌日には、カタリナ・スカイサーベイもA/2017 U1の観測に成功している。

観測結果から、A/2017 U1の軌道離心率が約1.199と、極端な双曲線軌道であることが判明した[10]。この値は、これまでの最高記録であるボーエル彗星の1.058[22]を大幅に更新し、太陽系内で観測されたあらゆる天体の中で最も大きな値である。2017年10月時点で、A/2017 U1はこと座ベガから約5度離れた位置にあったが、約1年が経過した2018年11月時点で土星付近の軌道を通過しており[23][24][25]、太陽系を離脱した後は、ペガスス座の方向に移動すると考えられている[2]

オウムアムアは直径160m前後の小さな天体とされた[10]が、NASAは、直径400m未満としている[5]。観測による可視光線波長の変化などから、棒状の細長い形をしており、また回転していると推察されている。前者の直径は球形とした場合の仮定で、棒状だった場合は最大で800mほどあると推察されている[23][24][25]

2018年9月には、研究者らがオウムアムアの故郷である可能性がある複数の恒星系を絞り込んだと発表した[26][27]

オウムアムアについて、岩石質の小惑星のように凍結線の内側で表面の揮発性物質を失った、彗星・小惑星遷移天体ダモクレス族のような天体とする説のほか[28]、元々存在した恒星系を弾き出された後、宇宙線に長期間に渡って晒されたことによって、表面の揮発性物質をすべて失い、厚い地殻が形成されたとする仮説も提示されている[8][29] 。中にはオウムアムアが太陽に接近、離脱する際に不自然な加速を行ったとし、太陽の放射圧を利用した地球外文明探査機である可能性を示唆する説まで現れた[30]が、ハワイ大学などの国際研究チームによって「オウムアムアは完全に天然起源の天体である」とする研究結果が出され、地球外文明由来の人工物であるとする説は否定されている[31]。しかし、これには2018年11月12日時点でハーバード大学と意見が割れている。

名称編集

2017年11月7日、小惑星センターは、恒星間天体に対する新たな符号として「I」を使うこと、符号を「1I/2017 U1」と改めると同時に「ʻOumuamua」という固有名を付けたことを発表した[4]。これはハワイ語で「遠方からの初めての使者」もしくは「斥候」を意味し、ハワイ語の専門家 Kaʻiu Kimura と Larry Kimura からの助言を受けたパンスターズによって提案され、正式に命名された[4][31]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ アルベドを0.1と仮定した場合。
  2. ^ 語頭の ʻ はオキナと呼ばれるハワイ語声門閉鎖音を示す符号であり、アポストロフィではない。

出典編集

  1. ^ a b MPEC 2017-U181: COMET C/2017 U1 (PANSTARRS)”. 小惑星センター (2017年10月25日). 2017年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c "Pseudo-MPEC" for A/2017 U1”. Project Pluto. 2017年11月9日閲覧。
  3. ^ Meech, Karen (2017年11月8日). “Proposal 15405 - Which way home? Finding the origin of our Solar System's first interstellar visitor”. STScI - Space Telescope Science Institute. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ a b c d MPEC 2017-V17:NEW DESIGNATION SCHEME FOR INTERSTELLAR OBJECT”. 小惑星センター (2017年11月6日). 2017年11月7日閲覧。
  5. ^ a b c d Small Asteroid or Comet 'Visits' from Beyond the Solar System”. アメリカ航空宇宙局 (2017年10月27日). 2017年11月10日閲覧。
  6. ^ a b c 太陽系に飛来した天体オウムアムア、極端な楕円形”. National Geographic (2017年11月22日). 2017年12月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l JPL Small-Body Database Browser: ʻOumuamua (A/2017 U1)”. JPL Small-Body Database. Jet Propulsion Laboratory. 2017年12月18日閲覧。 ・JPL 1 (Solution date: 2017-Oct-24) Archived 2017-10-25 at the Wayback Machine.
    ・JPL 10 (Solution date: 2017-Nov-03) Archived 2017-11-07 at the Wayback Machine.
    ・JPL 14 (Solution date: 2017-Nov-21) Archived 2017-11-22 at the Wayback Machine.
  8. ^ a b c “Interstellar Interloper 1I/2017 U1: Observations from the NOT and WIYN Telescopes”. The Astronomical Journal 850 (2): L36. (2017). arXiv:1711.05687. Bibcode2017ApJ...850L..36J. doi:10.3847/2041-8213/aa9b2f. ISSN 2041-8213. 
  9. ^ “A Familiar-Looking Messenger from Another Solar System” (プレスリリース), National Optical Astronomy Observatory, (2017年11月15日), NOAO 17-06, https://www.noao.edu/news/2017/pr1706.php 2017年12月18日閲覧。 
  10. ^ a b c Kelly Beatty (2017年10月25日). “Astronomers Spot First-Known Interstellar “Comet””. Sky & Telescope. 2017年11月9日閲覧。
  11. ^ Feng, F.; Jones, H. R. A. (2018). “‘Oumuamua as a Messenger from the Local Association”. The Astrophysical Journal 852 (2): L27. arXiv:1711.08800. Bibcode2018ApJ...852L..27F. doi:10.3847/2041-8213/aaa404. ISSN 2041-8213. 
  12. ^ a b c d e Bannister, Michele T. et al. (2017). “Col-OSSOS: Colors of the Interstellar Planetesimal 1I/‘Oumuamua”. The Astronomical Journal 851 (2): L38. arXiv:1711.06214. Bibcode2017ApJ...851L..38B. doi:10.3847/2041-8213/aaa07c. ISSN 2041-8213. 
  13. ^ Bolin, Bryce T. et al. (2017). “APO Time-resolved Color Photometry of Highly Elongated Interstellar Object 1I/‘Oumuamua”. The Astrophysical Journal 852 (1): L2. arXiv:1711.04927. Bibcode2018ApJ...852L...2B. doi:10.3847/2041-8213/aaa0c9. ISSN 2041-8213. 
  14. ^ 恒星間天体「オウムアムア」は細長い葉巻形”. AstroArts (2017年11月24日). 2017年12月18日閲覧。
  15. ^ 観測史上初の恒星間天体か、小天体A/2017 U1”. AstroArts (2017年10月30日). 2017年11月1日閲覧。
  16. ^ Gareth V. Williams (2017年11月6日). “MPEC 2017-V17 : NEW DESIGNATION SCHEME FOR INTERSTELLAR OBJECTS”. Minor Planet Electronic Circular. 小惑星センター. 2019年4月24日閲覧。
  17. ^ Gareth V. Williams (2017年10月25日). “MPEC 2017-U181: COMET C/2017 U1 (PANSTARRS)”. Minor Planet Electronic Circular. 小惑星センター. 2019年4月24日閲覧。
  18. ^ Alan Fitzsimmons‏(@FitzsimmonsAlan)のツイート Twitter
  19. ^ MPEC 2017-U183: A/2017 U1”. 小惑星センター (2017年10月25日). 2017年11月9日閲覧。
  20. ^ K. Meech (2017年10月25日). “Minor Planet Electronic Circular MPEC 2017-U183: A/2017 U1”. Minor Planet Center. International Astronomical Union. 2019年4月24日閲覧。
  21. ^ “We May Just Have Found An Object That Originated From Outside Our Solar System”. IFLScience. (2017年10月26日). http://www.iflscience.com/space/the-first-likely-interstellar-asteroid-has-been-found-and-it-might-be-from-vega/ 
  22. ^ C/1980 E1 (Bowell)”. JPL Small-Body Database. 小惑星センター. 2017年11月9日閲覧。
  23. ^ a b 赤外線観測で調べたオウムアムアの特性”. AstroArts (2018年11月20日). 2019年6月11日閲覧。
  24. ^ a b NASA Learns More About Interstellar Visitor ʻOumuamua”. NASA/JPL (2018年11月14日). 2019年6月11日閲覧。
  25. ^ a b Trilling, David E. et al. (2018). “Spitzer Observations of Interstellar Object 1I/‘Oumuamua”. The Astronomical Journal 156 (6): 261. arXiv:1811.08072. Bibcode2018AJ....156..261T. doi:10.3847/1538-3881/aae88f. ISSN 1538-3881. 
  26. ^ Bailer-Jones, Coryn A. L. et al. (2018). “Plausible Home Stars of the Interstellar Object ‘Oumuamua Found in Gaia DR2”. The Astronomical Journal 156 (5): 205. arXiv:1809.09009. Bibcode2018AJ....156..205B. doi:10.3847/1538-3881/aae3eb. ISSN 1538-3881. 
  27. ^ Meghan Bartels (2018年9月25日). “'Oumuamua Isn't from Our Solar System. Now We May Know Which Star It Came From | Space”. Space.com. 2019年4月24日閲覧。
  28. ^ Raymond, Sean N. et al. (2018). “Interstellar Object ’Oumuamua as an Extinct Fragment of an Ejected Cometary Planetesimal”. The Astronomical Journal 856 (1): L7. arXiv:1803.02840. Bibcode2018ApJ...856L...7R. doi:10.3847/2041-8213/aab4f6. ISSN 2041-8213. 
  29. ^ Cooper, John F. et al. (2003). “Proton Irradiation of Centaur, Kuiper Belt, and Oort Cloud Objects at Plasma to Cosmic Ray Energy”. Earth, Moon, and Planets 92 (1-4): 261-277. Bibcode2003EM&P...92..261C. doi:10.1023/B:MOON.0000031944.41883.80. ISSN 0167-9295. 
  30. ^ Bialy, Shmuel; Loeb, Abraham (2018). “Could Solar Radiation Pressure Explain ‘Oumuamua’s Peculiar Acceleration?”. The Astronomical Journal 868 (1): L1. arXiv:1810.11490v4. Bibcode2018ApJ...868L...1B. doi:10.3847/2041-8213/aaeda8. ISSN 2041-8213. 
  31. ^ a b “ʻOumuamua is Not an Alien Spacecraft” (プレスリリース), ハワイ大学, (2019年7月1日), http://www.ifa.hawaii.edu/info/press-releases/oumuamua_natural/ 2019年7月3日閲覧。 

外部リンク編集