メインメニューを開く

オクタイ・デレリオールトルコ語: Oktay Derelioğlu1975年12月17日 - )は、トルコの元サッカー選手。元トルコ代表。現役時代のポジションはFW

オクタイ・デレリオール Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Oktay Derelioğlu
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 (1975-12-17) 1975年12月17日(43歳)
出身地 イスタンブール
身長 179cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1992 トルコの旗 ファティー・カラギュムリュク 20 (5)
1992-1993 トルコの旗 トラブゾンスポル 2 (0)
1993-1999 トルコの旗 ベシクタシュ 155 (69)
1999-2000 トルコの旗 スィイルトスポル 4 (2)
1999-2000 トルコの旗 ガズィアンテプスポル(loan) 20 (16)
2000 スペインの旗 UDラス・パルマス 2 (0)
2000-2001 トルコの旗 トラブゾンスポル 13 (14)
2001-2003 トルコの旗 フェネルバフチェ 21 (5)
2003 トルコの旗 サムスンスポル 17 (4)
2003-2004 ドイツの旗 ニュルンベルク 5 (1)
2004 トルコの旗 アクチャーバト・セバススポル 21 (9)
2004-2005 アゼルバイジャンの旗 ハザル・レンコラン 17 (16)
2005-2006 トルコの旗 サカリヤスポル 4 (0)
2006 トルコの旗 ディヤルバクルスポル 2 (0)
2006-2007 トルコの旗 イスタンブールスポル 3 (0)
2007 トルコの旗 ヤロヴァスポル 5 (2)
2007-2008 トルコの旗 ファティー・カラギュムリュク 4 (1)
代表歴
1990-1992  トルコ U-16 14 (10)
1992  トルコ U-17 2 (0)
1991-1993  トルコ U-18 35 (14)
1994-1997  トルコ U-21 14 (9)
1995-2001  トルコ 18 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

概要編集

1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ベルギー代表相手に得点した事で著名な選手である。この試合で彼はベルギーのディフェンダーを六人、そのうちの一人に至っては二回抜いて得点し、ディエゴ・マラドーナ1986 FIFAワールドカップ準々決勝で決めた「世紀のゴール」と比肩された得点であった[1][2][3]

また、ベシクタシュJKに長く在籍し、ヨーロッパの大会で合計14得点を同クラブで獲得、これはクラブ最多得点記録となっている[4][5]

経歴編集

ベシクタシュ以前編集

イスタンブールに生まれた彼は地元のファティー・カラギュムリュクSKでサッカー選手となる。わずか14歳にして初出場を果たし、この試合では66分に交代出場と云う形であった。ここで2シーズンを過ごし、20試合5得点を獲得した。

その後、トラブゾンスポルに移籍。しかし、トラブゾンスポルでは出場機会に恵まれず、1シーズンで退団、ユースクラブでは3試合4得点の成績を残した。

ベシクタシュ編集

1993-94シーズンにベシクタシュJKに移籍した[6]。1993年8月29日に初出場となり、フェイアス・ウチャルセルゲン・ヤルチュンルザ・チャルンバイらと肩を並べた。初シーズンから27試合9得点と活躍し、その後も1996-97シーズンに22得点、カップ4度優勝などの輝かしい成績を残した[6]

その後編集

1999-2000シーズン開幕前にスィイルトスポルに移籍。1999年11月11日にレンタル移籍するまでに4試合2得点の活躍をした。移籍先となったガズィアンテプスポルでも20試合16得点の活躍をした[6]

翌シーズンは200万ユーロでスペインのUDラス・パルマスに移籍[7]。しかし2試合の出場の後の2ヶ月後にはトルコに帰国した。と云うのも彼は当時のラス・パルマスの主将ヴィニー・サムウェイズとトレーニング中に口論になった為である。彼の説明するにはチームメイトがボールを彼に渡さなかったとの事である[7]

帰国した後にはトラブゾンスポルに再び加入。13試合14得点の活躍を見せた。しかしながら翌年、2001年7月25日にはフェネルバフチェSKに移籍。理由として給与の未払いを彼は述べている。その後、2002-03シーズンの冬の移籍市場が閉まる最終日にサムスンスポルに移籍した[6]

シーズンが終わると再び海外に進出し、ドイツの1.FCニュルンベルクに加入したものの、冬の移籍市場で再びトルコに復帰した。この時はアクチャーバト・セバススポルに移籍して21試合9得点の成績を残した[6]。その後、2004-05シーズン始めにはアゼルバイジャンのFKハザル・レンコランに移籍した[8]

冬の移籍市場でトルコに帰国した後はクラブを転々とし、4クラブに2年半の在籍、出場は僅か18試合に止まった[6]。キャリアの最後は選手デビューを果たしたファティー・カラギュムリュクで凄し、4試合1得点の出場、2007-08シーズンの終了を前にして選手を引退した[9]

代表歴編集

1990年にU-16代表で代表初出場を果たした。その後、U-17、U-18、U-21の年代でも代表に出場し、ユース年代としては合計65試合33得点の活躍を遂げた。

A代表には1995年に初招集され出場、1995年から2001年にかけて18試合に出場した[6]

脚注編集

  1. ^ Oktay Derelioğlu (1997年4月30日) (Flash video (.FLV)). Oktay solo goal – Turkey vs Belgium. youtube.com.. http://www.youtube.com/watch?v=qeR1QRQEtJI&feature=related 2011年2月22日閲覧。 
  2. ^ Oktay Derelioğlu: O golü kimse atamaz...” (Turkish). milliyet.com.tr (2008年5月9日). 2011年2月22日閲覧。
  3. ^ Belçika´ya attığım golü atacak futbolcu yok”. 8sutun.com (2008年9月9日). 2011年2月22日閲覧。
  4. ^ Bobo Oktay'ın Ensesinde” (Turkish). trt.net.tr (2010年11月3日). 2011年2月22日閲覧。
  5. ^ Brezilyalı Bobo, Pancu'yu geçti” (Turkish). aksam.com (2010年7月23日). 2011年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g OKTAY DERELİOĞLU”. 22 February 2011. 2011年2月22日閲覧。
  7. ^ a b Ian Paul (2001年7月27日). “Amoruso injury not as bad as first feared”. pqasb.com. 2011年2月22日閲覧。
  8. ^ Foráneos para el progreso azerbaiyano” (Spanish). es.uefa.com (2005年1月24日). 2011年2月22日閲覧。
  9. ^ Oktay sahalara veda ediyor” (Turkish). stargazete.com (2008年8月11日). 2011年2月22日閲覧。

外部リンク編集