サッカーベルギー代表

ベルギーの男子サッカーナショナルチーム

サッカーベルギー代表(サッカーベルギーだいひょう、オランダ語: Belgisch voetbalelftal, フランス語: Equipe de Belgique de football)は、ベルギーサッカー協会(KBVB / URBSFA)によって構成される、ベルギーサッカーナショナルチームである。愛称は「ベネルクスの赤い悪魔」。

サッカーベルギー代表
国または地域 ベルギーの旗 ベルギー
協会 ベルギーサッカー協会
FIFAコード BEL
愛称 赤い悪魔 (蘭語: Rode Duivels
/仏語: Diables Rouges)
監督 イタリアの旗ドイツの旗 ドメニコ・テデスコ
最多出場選手 ヤン・フェルトンゲン(157試合)
最多得点選手 ロメル・ルカク(85得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1904年5月1日フランス
3-3
最大差勝利試合 2001年2月28日サンマリノ
10-1
最大差敗戦試合 1909年4月8日イングランド (アマチュア)
2-11
FIFAワールドカップ
出場回数 14回(初出場は1930
最高成績 3位 (2018)
UEFA欧州選手権
出場回数 6回
最高成績 準優勝 (1980)

歴史

編集

1980年代 - 1990年代

編集

ベルギー代表は、FIFAワールドカップには第1回大会から3大会連続出場の実績を持つチームである。1980年代に入り、ヤン・クーレマンスジャン・マリー・プファフエリック・ゲレツらが台頭してから隆盛を迎えた。UEFA欧州選手権1980では、地元イタリアを抑えて決勝に進出し準優勝に輝く。1982 FIFAワールドカップでは、開幕戦でディエゴ・マラドーナらを擁する前回優勝国のアルゼンチンを1-0で破るという番狂わせを演じ、ワールドカップ出場6回目で初めてグループリーグを突破した。エンツォ・シーフォジョルジュ・グルンらが加わった1986 FIFAワールドカップでは、欧州予選プレーオフで隣国でもあるオランダと対戦し、アウェイの第2戦でオランダの出場権獲得が迫っていた中で挙げた85分のゴールによってアウェイゴールルールでの突破を果たした。本大会でもグループリーグ3位と苦しみながらも決勝トーナメントに進出し、ソ連スペインを立て続けに破って初のベスト4となる4位に躍進した。

その後も、ベルギー代表はシーフォらを中核に1990年1994年1998年と3大会連続で本大会出場を果たし、1990年と1994年大会ではベスト16に進出した。ちなみに、参加24ヶ国6グループ制だった時代に1990,1994と2大会連続で第1シード権を得るなどした。

2000年代 - 2020年代

編集

UEFA欧州選手権ではUEFA EURO 2000をオランダと共催したが1勝2敗でグループリーグ敗退に終わり、FIFAワールドカップと欧州選手権で続いていた「開催国は必ず一次リーグを突破する」という伝統が初めて崩れた。2002 FIFAワールドカップではマルク・ヴィルモッツらを擁しベスト16に進出するがブラジルに敗れ世代交代に失敗、ベルギー代表もこの大会を最後にワールドカップ、欧州選手権共に予選敗退が続き、2010年にはFIFAランク68位まで後退した。しかし、その後はユース世代の育成改革が成功するとエデン・アザールケヴィン・デ・ブライネロメル・ルカク黄金世代の選手が次々と現れ始め、国際大会でも優勝候補の一角と目され始めた。2013年10月11日、ヨーロッパ予選グループAで首位通過を決め、3大会ぶりにFIFAワールドカップへ出場することになった。本大会ではグループリーグHに入り、3連勝で首位を通過すると、ラウンドオブ16では延長戦でアメリカに勝利し1986年大会以来、28年ぶりにベスト8へと進出した。準々決勝では、アルゼンチンの前に敗れた。

2015年11月5日付のFIFAランキングで、史上8ヶ国目の1位となった。UEFA EURO 2016では4大会ぶりに本大会へ出場し、ベスト8まで進出するも準々決勝でウェールズに敗れた。2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではグループHで9勝1分け(総得点43点)という圧倒的な強さを見せ、欧州一番乗りで本大会の出場権を獲得した。本大会ではグループGを3戦全勝で首位を通過、決勝トーナメント1回戦では日本に3-2と大逆転勝ちを収めると、準々決勝ではブラジルを2-1で退けた。準決勝ではフランスと対戦して0-1で敗れはしたが、3位決定戦ではイングランドに2-0で勝利して強豪国ともほぼ互角に渡り合い、1986年大会を上回る3位に輝いた。また、1年延期されたUEFA EURO 2020では、グループリーグを3連勝で突破しながら準々決勝でイタリアに1-2で敗れ2大会連続で準々決勝で敗退した。

前回大会3位を超える初優勝を目指して挑んだ2022 FIFAワールドカップグループFに入り、初戦で36年ぶりの本大会出場となるカナダと対戦した。カナダ戦をティボ・クルトゥワのPKストップやミシー・バチュアイのゴールで1-0で勝利したことにより、W杯のグループリーグでの連勝記録を最多タイの「8」にまで伸ばした[1]。勝利すれば3大会連続の決勝トーナメント進出が決まるモロッコとの第2戦は、前半こそケヴィン・デ・ブライネトルガン・アザールを中心に押し込む展開を作るが73分にセットプレーから失点すると、終了間際にも追加点を奪われ0-2で敗れた[2][3]。勝利以外ではグループステージで敗退の可能性が高い状況で挑んだ前回大会準優勝クロアチア戦でもなかなか得点を奪えず、後半にロメル・ルカクら攻撃的な選手を投入したものの、最後まで再三の決定機を生かすことができないままスコアレスで試合終了となり、グループステージ敗退となった[4][5]。試合後の会見で、2016年からベルギーの代表監督を務めたロベルト・マルティネスが退任することを表明[6][7]。さらにその数日後にはベルギー代表の黄金世代の1人であり、この大会にチームのキャプテンとして臨んだエデン・アザールが代表引退を表明した[8]

2023年2月8日、カタールW杯終了後に退任したロベルト・マルティネスの後任に、ドメニコ・テデスコが監督に就任[9]。3月23日にはW杯終了後に代表引退したエデン・アザールの後任にケヴィン・デ・ブライネがキャプテンに就任した(ベルギーの副キャプテンにはティボー・クルトワとロメル・ルカクが選出されている)[10]

UEFA EURO 2024では、グループEに入り、初戦でスロバキア、第2戦でルーマニア、最終戦でウクライナと対戦する組み分けとなった。初戦のスロバキア戦では前半7分にイヴァン・シュランツに先制点を献上し、その後にロメル・ルカクが2度ネットを揺らすもVARによって得点が取り消される不運に見舞われ、0-1で敗れ歴史的金星を献上する形となってしまった[11]。歴史的敗戦を喫した初戦から5日後のルーマニア戦は前半2分にユーリ・ティーレマンスのゴールで先制すると、80分には主将のケヴィン・デ・ブライネのゴールで2-0で勝利するも、2試合続けてルカクがネットを揺らしながらも得点が取り消される不運に遭った[12][13]。勝利した方がグループステージ突破となる最終節のウクライナ戦では終始互いに決め手を欠き、スコアレスドローでグループ2位突破を決めた[14]

グループステージから5日後に行われたラウンド16は、2018 FIFAワールドカップ・準決勝で0-1と惜敗したフランスと対戦した。終始攻められ続け得点を与えずに踏ん張っていたが、85分にヤン・フェルトンゲンがオウンゴールを献上し失点。そのまま0-1で敗れベスト16で大会を去ることとなった。VARが導入されて以降初めて3度も得点が取り消され、総得点数は2000年大会以来の2得点と決定力不足が露呈した[15][16]

成績

編集

FIFAワールドカップ

編集
開催国 / 年 成績
  1930 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 4
  1934 1回戦敗退 1 0 0 1 2 5
  1938 1 0 0 1 1 3
  1950 出場辞退
  1954 グループリーグ敗退 2 0 1 1 5 8
  1958 予選敗退
  1962
  1966
  1970 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 5
  1974 予選敗退
  1978
  1982 2次リーグ敗退 5 2 1 2 3 5
  1986 4位 7 2 2 3 12 15
  1990 ベスト16 4 2 0 2 6 4
  1994 4 2 0 2 4 4
  1998 グループリーグ敗退 3 0 3 0 3 3
   2002 ベスト16 4 1 2 1 6 7
  2006 予選敗退
  2010
  2014 ベスト8 5 4 0 1 6 3
  2018 3位 7 6 0 1 16 6
  2022 グループリーグ敗退 3 1 1 1 1 2
合計 出場14回 51 21 10 20 69 74

UEFA欧州選手権

編集
開催国 / 年 成績
  1960 予選敗退
  1964
  1968
  1972 3位 2 1 0 1 3 3
  1976 予選敗退
  1980 準優勝 4 1 2 1 4 4
  1984 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 8
  1988 予選敗退
  1992
  1996
   2000 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 5
  2004 予選敗退
   2008
   2012
  2016 ベスト8 5 3 0 2 9 5
  2021 5 4 0 1 9 3
  2024 ベスト16 4 1 1 2 2 2
合計 出場7回 26 12 3 11 33 30

オリンピック

編集
開催年 結果
  1900 銅メダル 1 0 0 1 2 6
  1904 不参加
  1908
  1912
  1920 金メダル 3 3 0 0 8 1
  1924 ベスト16 1 0 0 1 1 8
  1928 ベスト8 3 1 0 2 9 12
  1936 不参加
  1948
  1952
  1956
  1960
  1964
  1968
  1972
  1976
  1980 予選敗退
  1984
  1988 不参加
通算 最高成績 : 金メダル
18大会中/4回出場
8 4 0 4 11 25

現招集メンバー

編集

UEFA EURO 2020と直前に行われる親善試合のギリシャ戦とクロアチア戦に向けて発表された26人のメンバー[17]。監督はスペイン人ロベルト・マルティネス。キャップとゴール数は、2021年5月30日に行われたベラルーシ戦を反映したもの。

No. Pos. 選手名 生年月日(年齢) 出場数 ゴール 在籍クラブ
GK ティボ・クルトゥワ (1992-05-11)1992年5月11日(29歳) 83 0   レアル・マドリード
GK シモン・ミニョレ (1988-03-06)1988年3月6日(33歳) 30 0   クラブ・ブルッヘ
GK マッツ・セルス (1992-02-26)1992年2月26日(29歳) 0 0   ストラスブール
DF ヤン・フェルトンゲン (1987-04-24)1987年4月24日(34歳) 126 9   ベンフィカ
DF トビー・アルデルヴェイレルト (1989-03-02)1989年3月2日(32歳) 107 5   トッテナム・ホットスパー
DF トーマス・フェルメーレン (1985-11-14)1985年11月14日(35歳) 79 2   ヴィッセル神戸
DF トーマス・ムニエ (1991-09-12)1991年9月12日(29歳) 46 7   ボルシア・ドルトムント
DF ジェイソン・デナイヤー (1995-06-28)1995年6月28日(25歳) 23 1   オリンピック・リヨン
DF デドリック・ボヤタ (1990-11-28)1990年11月28日(30歳) 22 0   ヘルタ・ベルリン
DF レアンデル・デンドンケル (1995-04-15)1995年4月15日(26歳) 15 0   アストン・ヴィラ
DF ティモシー・カスターニュ (1995-12-05)1995年12月5日(25歳) 13 2   レスター・シティ
MF アクセル・ヴィツェル (1989-01-12)1989年1月12日(32歳) 110 10   ボルシア・ドルトムント
MF ケヴィン・デ・ブライネ (1991-06-28)1991年6月28日(29歳) 80 21   マンチェスター・シティ
MF ナセル・シャドリ (1989-08-02)1989年8月2日(31歳) 62 8   イスタンブール・バシャクシェヒル
MF ヤニック・カラスコ (1993-09-04)1993年9月4日(27歳) 44 6   アトレティコ・マドリード
MF ユーリ・ティーレマンス (1997-05-07)1997年5月7日(24歳) 37 4   レスター・シティ
MF トルガン・アザール (1993-03-29)1993年3月29日(28歳) 33 5   ボルシア・ドルトムント
MF デニス・プラート (1994-05-14)1994年5月14日(27歳) 10 1   レスター・シティ
MF ハンス・ファナケン (1992-08-24)1992年8月24日(28歳) 9 2   クラブ・ブルッヘ
FW エデン・アザール (1991-01-07)1991年1月7日(30歳) 106 32   レアル・マドリード
FW ドリース・メルテンス (1987-05-06)1987年5月6日(34歳) 96 21   ナポリ
FW ロメル・ルカク (1993-05-19)1993年5月19日(28歳) 91 59   ローマ
FW クリスティアン・ベンテケ (1990-12-03)1990年12月3日(30歳) 39 16   クリスタル・パレス
FW ミシー・バチュアイ (1993-10-02)1993年10月2日(27歳) 33 21   クリスタル・パレス
FW ジェレミー・ドク (2002-05-27)2002年5月27日(19歳) 6 2   マンチェスター・シティ
FW レアンドロ・トロサール (1994-12-04)1994年12月4日(26歳) 6 2   アーセナル

歴代記録

編集

出場数ランキング

編集

2024年7月10日時点

  水色は現役代表選手
順位 名前 出場 期間
1 ヤン・フェルトンゲン 157 2007-
2 アクセル・ヴィツェル 132 2008-2022
3 トビー・アルデルヴァイレルト 127 2009–2022
4 エデン・アザール 126 2008-2022
5 ロメル・ルカク 119 2010-
6 ドリース・メルテンス 109 2011–
7 ケヴィン・デ・ブライネ 105 2010-
8 ティボ・クルトゥワ 102 2011-
9 ヤン・クーレマンス 96 1977-1991
10 ティミー・シモンス 94 2001-2016

得点数ランキング

編集

2024年7月10日時点

  水色は現役代表選手
順位 名前 得点 期間
1 ロメル・ルカク 85 2010-
2 エデン・アザール 33 2008-2022
3 ベルナルド・ヴォールホーフ英語版 30 1928-1940
ポール・ヴァン・ヒムスト 1960–1974
5 マルク・ヴィルモッツ 28 1990-2002
5 ケヴィン・デ・ブライネ 28 2010-
6 ジョゼフ・メルマン英語版 27 1945-1956
ミシー・バチュアイ 2015-
8 ロベルト・デ・フェーン英語版 26 1906-1913
レイモンド・ブライネ英語版 1925–1939

歴代監督

編集

歴代選手

編集

脚注

編集
  1. ^ ベルギーが白星スタート!バチュアイ弾&クルトワPKストップでカナダに勝ち点譲らず”. Goal.com (2022年11月24日). 2022年12月8日閲覧。
  2. ^ 【動画】モロッコがタレント軍団ベルギーを撃破!W杯で24年ぶりの勝利を手に”. Goal.com (2022年11月27日). 2022年12月8日閲覧。
  3. ^ ベルギー黄金世代は終わった…モロッコ戦衝撃黒星で勝者と敗者は?”. Goal.com (2022年11月28日). 2023年12月21日閲覧。
  4. ^ 世界ランク2位のベルギー代表、まさかのGS敗退…前回準優勝クロアチアが決勝Tへ、日本がスペインに勝利なら対戦濃厚に”. Goal.com (2022年12月2日). 2022年12月8日閲覧。
  5. ^ まさかのGS敗退。絶望的な結果に終わったベルギーの勝者と敗者”. Goal.com (2022年12月2日). 2023年12月21日閲覧。
  6. ^ ベルギー代表まさかのGS敗退、マルティネス監督が退任…黄金世代スター軍団、一時代の終焉に”. Goal.com (2022年12月2日). 2022年12月8日閲覧。
  7. ^ 敗退決定でベルギー代表監督退任…マルティネスに後悔なし「再び本来の姿になれた。顔を上げて去りたい」”. Goal.com (2022年12月2日). 2023年12月21日閲覧。
  8. ^ エデン・アザールがベルギー代表引退を発表「愛してくれてありがとう」”. Goal.com (2022年12月7日). 2022年12月8日閲覧。
  9. ^ ベルギー代表の新監督は37歳・テデスコ氏に決定…過去にはシャルケやライプツィヒで指揮”. Goal.com (2023年2月8日). 2023年12月19日閲覧。
  10. ^ ベルギー代表新主将はデ・ブライネに決定…代表引退エデン・アザールの後任に”. Goal.com (2023年3月23日). 2023年12月19日閲覧。
  11. ^ EURO初戦でまさかの金星献上…ベルギー指揮官、黒星に落胆。2度ノーゴールのVAR判定には「何も言うことはない」”. Goal.com (2024年6月18日). 2024年7月2日閲覧。
  12. ^ ベルギー代表が難敵ルーマニア代表を撃破…デ・ブライネ弾などで大会初勝利”. Goal.com (2024年6月23日). 2024年7月2日閲覧。
  13. ^ 不運続くルカク、またしてもゴール取り消しに…EURO2試合で3得点が認められず”. Goal.com (2024年6月23日). 2024年6月23日閲覧。
  14. ^ スコアレスドローのベルギー代表、2位通過でフランスと対戦!ルーマニアが首位、スロバキアが3位でベスト16へ”. Goal.com (2024年6月27日). 2024年7月2日閲覧。
  15. ^ EURO敗退で落胆のデ・ブライネ、ベルギー代表引退は…「答えるのはまだ早い」”. Goal.com (2024年7月2日). 2024年7月2日閲覧。
  16. ^ EUROラウンド16敗退のベルギー指揮官、決定力に泣かされた今大会を振り返り「ルカクが無得点で帰国するなんて…」”. Goal.com (2024年7月2日). 2024年7月2日閲覧。
  17. ^ Selection of the Red Devils for EURO 2020 has been announced”. ベルギーサッカー協会 (2021年5月17日). 2021年5月17日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集