オルカ (ゲーム会社)

オルカORCA)は、かつて日本に存在した中堅のアーケードゲーム開発会社。本社は東京都新宿区西新宿のNSビル内にあった。倒産時の社長は戸津猛[1]。関連子会社として「グリンビー商事」(品川区西五反田、社長・清本吉行=後の東亜プラン初代社長)があった[2]

概要編集

1978年12月創業[1]オルカという名前の通り、シャチを象ったシンボルマークが目印だった。創業当初はジャンピュータクレイジー・クライマー等のコピー基板を作っていた事が確認されている(シンボルマークの入った基板やオルカ名義のインストレーションカードが存在している)。また、子会社のグリンビー商事がセガの「ペンゴ」のデッドコピー基板である「ペンタ」を製造販売していたことで訴訟沙汰になったものの、後に和解している。[2]

1981年7月に発売した「リバーパトロール」が代表作。当時は風営法の影響がなく、駄菓子屋の店頭などの極小ロケーションでの展開を行っていた。

1983年6月20日、2度目の不渡を起こし倒産[1]。会社整理中に固定画面のアクションゲーム「ホッパーロボ」(セガ販売)、「バスター」(後に藤興産が「セサミジャパン」ブランドで販売)を出したのを最後に解散した。会社自体は1980年代に数多く存在した中堅メーカーのひとつに過ぎなかったが、元スタッフが後に東亜プランを設立するなど、その後の日本のアーケードゲームの発展を支えていくことになった。

オルカの作品のいくつかはセガ(後のセガゲームスSC-3000などに移植されている。

ゲーム作品(代表作)編集

アーケード編集

  • 1981年
  • 1982年
    • 5月 - ザ・バウンティ
    • 6月 - ルーパー
    • 7月 - スプリンガー、ファンキービー
    • 10月 - マリンボーイ
  • 1983年
    • 3月 - ネットウォーズ、ビッグニュートン
    • 4月 - スーパークラッシュ
    • 6月 - イスパイアル(THUNDERBOLT名義、GGI/TAITO販売)
    • 7月 - スカイランサー(ESCO販売)、ゾディアック(ESCO販売)
    • 9月 - ホッパーロボ(セガ販売)
    • 12月 - バスター(セサミジャパン名義、藤興産販売)

同社による海賊版編集

脚注編集

  1. ^ a b c ゲームマシン」1983年8月15日号6面
  2. ^ a b 「ゲームマシン」1983年5月1日号4面