メインメニューを開く

株式会社オーク情報システム(オークじょうほうシステム)は、1892年明治25年)創業の日本の大手総合建設会社、大林組のグループ会社。ネットワークインフラの設計、構築、保守や業務システムの開発、運用などを手掛ける総合ITベンダである。

株式会社オーク情報システム
OAK INFORMATION SYSTEM CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地

日本の旗 日本
131-0034
本店:東京都墨田区堤通一丁目19番地9号
リバーサイド隅田セントラルタワー13F

大阪支店:大阪市中央区北浜東4-33
大阪大林ビル14F
設立 1986年(昭和61年)1月27日
業種 サービス業
法人番号 2010601027240 ウィキデータを編集
事業内容
  • コンピュータソフトウエアの開発、販売及び賃貸
  • コンピュータハードウエア及び周辺機器並びにコンピュータシステムの製造、開発、販売及び賃貸
  • コンピュータシステムの運用の受託
  • 情報処理サービス及び情報通信サービス業務
  • コンピュータソフトウエア、コンピュータハードウエア及びコンピュータシステムの保守管理業務
  • マルチメディア関連情報サービス業務及び印刷、コピー等サプライサービス業務
  • 事務機器、事務用品、家具及び日用雑貨品の販売
  • 建設工事に関する調査、企画、立案、設計、監理及びコンサルティング業務の受託
  • 建築工事、電気工事、電気通信工事、機械据付工事及びこれらに関連する工事の請負
  • 医療用機器の製造及び販売
  • 労働者派遣事業
  • 古物の売買
  • 貨物利用運送事業
代表者 代表取締役社長 金井章男(かない ゆきお)
資本金 4,500万円
(株式会社大林組全額出資)
売上高 84億円(2007年3月期)
純利益 2億7673万7000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 36億4499万4000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 215名(平成22年3月現在)
主要株主 大林組
外部リンク https://www.oakis.co.jp/
特記事項:情報セキュリティマネジメントシステム認証取得(ISO/IEC 27001:2005 / JIS Q 27001:2006)
テンプレートを表示

概要編集

沿革編集

  • 1984年10月 株式会社シーピーシー 設立。資本金は3,000万円、株式会社大林組トランスコスモス株式会社などが出資した。CADサービス、ソフトウエア開発・販売などを行っていた。
  • 1986年1月 オークシステム株式会社 設立。資本金は1,000万円、株式会社大林組が全額出資した。コンピュータ機器等の販売・保守、ソフトウエア開発・販売などを手がけていた。
  • 2002年10月 オークシステム株式会社と株式会社シーピーシーが合併。資本金は4,500万円、株式会社大林組が全額出資。
  • 2002年11月 商号を株式会社オーク情報システムに変更
  • 2003年6月 大阪支店設置(大阪事業所から組織変更)
  • 2004年2月 情報セキュリティマネジメントシステムの国際的規格「BS7799」および財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)による「ISMS適合性評価制度」認証取得
  • 2004年6月 情報漏えい対策商品「NetEvidence」を発売
  • 2005年4月 セキュリティ事業部、メディカル事業部を設置
  • 2007年2月 京橋事業所設置

脚注編集

外部リンク編集