メインメニューを開く

カイオ・フェリペ・ゴンサウベス

ブラジルのサッカー選手

カイオ・フェリペ・ゴンサウベスポルトガル語: Kaio Felipe Gonçalves1987年7月6日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身のサッカー選手。ポジションはフォワードミッドフィールダー

カイオ Football pictogram.svg
名前
本名 カイオ・フェリペ・ゴンサウベス
愛称 ゴレアドール
ポルトガル語 KAIO Felipe Gonçalves
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1987-07-06) 1987年7月6日(32歳)
出身地 パラナ州クリチバ
身長 187cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム エミレーツ・クラブ
ポジション FW
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
下記参照
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

祖父母のうち3人が日本人である日系ブラジル人3世として生まれる。

ブラジルのアトレチコ・パラナエンセなどを経て2008年にセレッソ大阪に入団。2008年9月15日のJ2リーグ第35節・FC岐阜戦においてハットトリックを達成。活躍が認められて2009年1月にレンタル元のアトレチコ・パラナエンセの公式HPにおいてセレッソへのレンタル期間延長が発表された。2014年にブラジルで開催される2014 FIFAワールドカップへの出場を視野にいれて、日本国籍の取得を検討していると報道されている[1]

2009年5月9日草津戦において、草津のDFに背後からチャージを受け負傷退場し、検査により左足首関節の靱帯損傷で全治3カ月と診断されたが[2] 驚異的な回復力を見せ、7月12日の湘南戦にて2ヶ月ぶりに戦列に復帰した。 なお負傷後、草津サポーター有志から千羽鶴や回復を願うメッセージが届けられ、驚くとともに大変喜んだという[3]

2009年8月5日の草津戦においては、チームが苦戦する中で草津相手に「お礼弾」を決め、1-0での勝利に貢献。試合後には怪我の原因となる接触プレーをした草津のDFと笑顔で握手を交わし抱き合い、草津サポーターにも挨拶に行くという義理堅い一面も見せた。

2010年1月25日、期限付き移籍期間満了によりセレッソ大阪を退団、アトレチコ・パラナエンセへ復帰した。

2010年6月25日横浜FCに期限付き移籍が発表された。同年12月10日、横浜FCへ完全移籍加入することが発表された[4]

2018年7月、京都サンガF.C.へ加入すると発表された[5]

2019年1月9日、エミレーツ・クラブへ完全移籍すると発表された[6]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 C大阪 33 J2 16 8 - 2 0 18 8
2009 9 37 10 - 1 0 38 10
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2010 アトレチコPR セリエA
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 横浜FC 10 J2 17 6 - 2 1 19 7
2011 29 9 - 1 0 30 9
2012 25 10 - 2 1 27 11
2013 0 0 - - 0 0
UAE リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2013 アル・ワスル 10 ガルフ
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2014 全北現代 K1
2015 水原三星
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2016 ブリーラム
2017
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 京都 20 J2 15 4 - - 15 4
UAE リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2019 エミレーツ ガルフ
通算 日本 J2 139 47 - 8 2 147 45
ブラジル セリエA
UAE ガルフ
総通算 139 47 0 0 8 2 147 49

その他の公式戦

参照編集

関連項目編集

外部リンク編集