カウンターカルチャー

カウンターカルチャーとはサブカルチャーの一部であり、その価値観や行動規範が主流社会のものとは大きく異なり、しばしば主流の文化的慣習に反する文化のこと[1][2]。しかし、カウンターカルチャーの価値はメインカルチャーに取って代わりうるポテンシャルを持つ(オルタナティブ・カルチャー)。カウンターカルチャー運動は、ある時代の市井の人々の精神と願望を表現するが、カウンターカルチャーの力が大きくなると、劇的な文化の変化を引き起こす可能性がある。

ボヘミアン主義(1850-1910)、ビート・ジェネレーション(1950年代が中心)などフラグメント(断片的)、地域的なカウンターカルチャーと、1960年代の世界的カウンターカルチャー(1964-1974)がある。1960年代のヒッピーのサブカルチャーに対して、1970年代後半のパンク・サブカルチャーは反発を表明していた。

概要編集

カウンターカルチャーとは、既存の社会の根幹に関わる制度や規範、文化に対して、反発する価値をその存在意義として掲げる集団によって形成される文化である[3]。既存の政治体制の他にメインストリーム・カルチャーや大衆主義商業主義権威主義、または伝統や古い大人の価値観に対抗することが多い。そして、彼らの提示する新しい社会こそがより良い人生をもたらすという希望を抱いている[4]。メインストリーム・カルチャーとは何かは曖昧なところがあるが、カウンターカルチャーを通じて既存の体制や文化の問題点や利点が浮き彫りにされること効果がある。

ヒッピー文化や、1969年のウッドストック・フェスティバルに代表されるような、1960年代のアメリカで隆盛をきわめた若者文化にその代表例を見る意見が広く一般化している。しかし、50年代や70年代以降にもカウンターカルチャーは存在したとされる。また、当時のベトナム戦争文化大革命公民権運動もカウンターカルチャーに大きな影響を与えた[5]

アンダーグラウンド・カルチャーとの関係

カウンターカルチャー・ムーブメントに後押しされて、いくつものアンダーグラウンド文化が開拓された。カウンターカルチャーとアンダーグラウンド・カルチャーの違いは、どちらも主流(メインストリーム)の文化や体制に対抗するが、カウンターカルチャーは実際に対抗勢力や新たな体制になりうる価値を持ち社会全体を巻き込むレベルとなるのに対し、アンダーグラウンドは常にメインストリームにはなり得ず一部のコアな層に支持されるサブカルチャーのレベルに止まることである[6]。メインストリームになった時点で新たな体制の一部となり、もはやアンダーグラウンドではなくなるのである。アンダーグラウンドは、社会の大半が価値を見出せなかったり不快に感じたりさせる性質がある。

1960年代の世界的カウンターカルチャー編集

1960年代のアメリカやヨーロッパを起点として、西側社会(主に資本主義システム)、旧来のキリスト教社会(同性愛、自由な性行為、離婚、中絶の禁止、厳しいものは自慰、避妊も禁止、多神教への不寛容と軽蔑、人間中心主義)に対する文化的な対抗、権威主義家父長制、男性中心主義、国家主義、警察の暴力、戦争、徴兵、パワハラ)や保守主義女性差別人種差別、他文化への不寛容、民族主義)、エスタブリッシュメント、政治家、資本家・大企業(商業主義、金欲主義、弱者搾取、自然破壊)への反発などの抵抗は、ヒッピーなどの若者を中心にしたカウンターカルチャーとして発展した[7]。彼らが唱えた価値観は、価値・文化多元主義、東西の宗教を融合したニューエイジ宗教、社会主義的平等、自由恋愛(と性行為)、マイノリティの村長、フェミニズムLGBT性的マイノリティ)の受容、ドラッグの合法化、自然との調和・エコロジーなどである。

人種差別や女性差別、性的マイノリティの差別は、60年代のカウンターカルチャームーブメントによって社会のメインストリームの座を譲った。また、旧来のキリスト教(特にカトリック)による婚前交渉や離婚の禁止など厳格な性の規範は跡形もなく消え去り、自由恋愛が社会のメインストリームとなった。しかし、ドラッグの推奨などは中毒などの危険性もあり、メインストリームにはなり得ず、今でも反社会的と見なされている。言論の自由も今ではメインストリームだが、ヘイトスピーチや猥褻なスピーチ(タブー)などは今でも公言が憚られるアンダーグラウンドなところがある。

カウンターカルチャー運動は、ポピュラー音楽映画現代美術にも影響を及ぼした。当時のアメリカ社会におけるカウンターカルチャーの旗手としては、ティモシー・リアリーラルフ・ネーダージョン・レノンニール・ヤンググレイトフル・デッド[8]フランク・ザッパヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどがあげられる。

1969年のウッドストック・フェスティヴァルには、30組以上のロック・ミュージシャンなどが出演し、入場者は40万人以上集まり、フリーラブ&ピースそしてドラッグなど当時のカウンターカルチャーを反映した。また、1997年にはカウンターカルチャーの殿堂が設立され、アレン・ギンズバーグらだけでなく、ボブ・マーリィピーター・トッシュチーチ&チョンまでが殿堂入りしている[9]

関連する社会運動

日本のカウンターカルチャー編集

主なカウンターカルチャーの人物、グループ編集

関連項目編集

参考文献編集

出典・脚注編集

  1. ^ "counterculture", Merriam-Webster's Online Dictionary, 2008, MWCCul.
  2. ^ Eric Donald Hirsch. The Dictionary of Cultural Literacy. Houghton Mifflin. ISBN 0-395-65597-8. (1993) p. 419. "Members of a cultural protest that began in the U.S. In the 1960s and Europe before fading in the 1970s... fundamentally a cultural rather than a political protest."
  3. ^ "Contraculture and Subculture" by J. Milton Yinger, American Sociological Review, Vol. 25, No. 5 (Oct., 1960) https://www.jstor.org/stable/2090136
  4. ^ Hall & Jefferson, Resistance Through Rituals (1991), p. 61. "They make articulate their opposition to dominant values and institutions—even when, as frequently occurred, this does not take the form of an overtly political response."
  5. ^ ウォルター・クロンカイト著、浅野輔訳「クロンカイトの世界」(TBSブリタニカ 1999年)
  6. ^ Contre-cultures : théorie & scènes Introduction
  7. ^ Theodore Roszak, The Making of a Counter Culture: Reflections on the Technocratic Society and Its Youthful Opposition, 1968/1969, Doubleday, New York,978-0-385-07329-5.
  8. ^ The Grateful Dead - Live/Dead”. 2020年4月3日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ http://sensiseeds.com > Home > Blog > Cannabis News
  10. ^ http://www.subculture.at/tenjō-sajiki/
  • Curl, John (2007), Memories of Drop City, The First Hippie Commune of the 1960s and the Summer of Love, a memoir, iUniverse. ISBN 0-595-42343-4. http://www.red-coral.net/DropCityIndex.html
  • Freud, S. (1905). Three essays on the theory of sexuality. In J. Strachey (Ed. and Trans.), The standard edition of the complete psychological works of Sigmund Freud. (Vol. 7, pp. 123–245). London: Hogarth Press. (Original work published 1905)
  • Gelder, Ken (2007), Subcultures: Cultural Histories and Social Practice, London: Routledge.