ゲーリー・スナイダー

ゲーリー・スナイダーGary Snyder1930年5月8日 - )は、アメリカ合衆国詩人自然保護活動家。20世紀のアメリカを代表する自然詩人。カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。

ゲーリー・スナイダー
Gary Snyder 2007 Columbia.jpg
2007年、コロンビア大学での講演時
誕生 (1930-05-08) 1930年5月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
職業 詩人、自然保護活動家
ジャンル
文学活動 ビート・ジェネレーション
代表作 『亀の島』
主な受賞歴 ピューリッツァー賞
テンプレートを表示

代表作の詩集『亀の島』ではピューリッツアー賞 詩部門を、『終わりなき山河』ではボリンゲン賞を受賞。アレン・ギンスバーグジャック・ケルアックなどとの交友関係は有名で、(しかし本人は、自身をビートと結び付けたがっていない)1950年代前半には「ビート・ジェネレーション」の詩人として活躍した。

1956年から1968年までの期間の大半は京都に滞在し、相国寺大徳寺臨済禅を学んだ。この時期には宮沢賢治の詩の翻訳も試み、「春と修羅」などの一連の作品の英訳が『奥地』(The Back Country)に所収されている。また、ナナオサカキ山尾三省らと鹿児島県トカラ列島に属する諏訪之瀬島コミューンを作り、移住した。

アメリカに帰国後は、地域に根ざした環境保護運動カリフォルニア大学デービス校の教授など多彩な活動を展開した。スナイダーの作品は、人間と自然との関係をテーマにしたものが多く、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの作品を原型とする自然文学、いわゆる「ネイチャーライティング」の系譜に位置づけられる。

2004年正岡子規国際俳句賞大賞を受賞。

主な詩集編集

  • 『The Back Country』 (奥の国 1967年) New Directions;
  • 『亀の島』(Turtle Islandナナオサカキ訳、1974年
  • 『地球の家を保つには』エコロジーと精神革命(Earth House Hold、1969年)片桐ユズル (翻訳) 1975/12 社会思想社
  • 『ノー・ネイチャー』(No Nature1992年
  • 『野性の実践』シリーズ・ナチュラリストの本棚 重松 宗育+原 成吉翻訳 1994/08 東京書籍
  • 『終わりなき山河』(Mountains and Rivers Without End1996年
  • 『惑星の未来を想像する者たちへ』山里勝己+赤嶺玲子+田中泰賢翻訳 2000/10 山と溪谷社
  • 『リップラップと寒山詩』ゲーリー・スナイダー・コレクション1(2011/10 思潮社)
  • 『For the Children 子どもたちのために』山里 勝己 (編集, 翻訳), 高野 建三 (写真) 2013/4/23 新泉社

主なエッセイ集編集

  • 『地球の家を保つには』(Earth House Hold片桐ユズル訳、1969年
  • 『野生の実践』(The Practice of the Wild1990年
  • 『惑星の未来を想像する者たちへ』(A Place in Space1995年
  • 『終わりなき山河』(Mountains and Rivers Without End、1996年)
  • 『For the Children 子どもたちのために』(2013/04 野草社/新泉社)
  • 『絶頂の危うさ』(Danger on Peaks, 2007年)


主な対談集編集

  • 『聖なる地球のつどいかな』(屋久島詩人山尾三省との対談集)山里勝己(監修), 1998/07 山と溪谷社

参考文献編集

  • 『アメリカ現代詩ノート ゲイリー・スナイダー、仏教、宮沢賢治』 金関寿夫 1977/07 研究社出版
  • 『ゲーリー・スナイダーと宮沢賢治についての覚書』 富山英俊 「現代詩手帖」1996年3月号
  • 『神秘主義とアメリカ文学---自然・虚心・共感』 志村正雄 1998年 研究社
  • 『アメリカ現代詩の愛語―スナイダー/ギンズバーグ/スティーヴンズ』 田中 泰賢 1999/08 英宝社
  • 『自然と文学のダイアローグ―都市・田園・野生 (国際シンポジウム沖縄2003)』山里勝己・他・編 2004/09 彩流社
  • 『場所を生きる』山里勝己 (2006年) (ゲ-リ-・スナイダ-の世界)
  • 『場所の詩学』山里勝己訳「異文化コミュニケーション学への招待」鳥飼玖美子他編みすず書房2011/12より抜粋 
  • 『ゲーリー・スナイダー・イン・ジャパン』 「現代詩手帖」2012・7号 新潮社