メインメニューを開く
カラカミ遺跡 説明板付近
遺跡中心部のカラカミ神社

カラカミ遺跡(カラカミいせき)は、長崎県壱岐市勝本町立石東触にある弥生時代環濠集落遺跡。壱岐市指定史跡に指定されている。

魏志倭人伝に登場する「一支国」の都とみられている原の辻遺跡から約6キロメートルに位置しており構成集落の1つとされる[1]

目次

主な遺構編集

  • 環濠 - 幅3.5メートル、深さ60センチメートル
  • 墓地
  • 住居址
  • 貝塚
  • 地上炉 - 2013年に弥生時代後期の鉄の地上炉跡が発見された[1]

主な遺物編集

出土遺物は石器のほか、鉄製の(もり)、釣り針鉄鏃(てつぞく)、槍鉋、と薄などの鉄器が出土している。

そのほか、多数の動物遺体が出土しており、家畜としてのイヌネコウマのほかドブネズミ、鳥類、漁業対象である魚骨クジライルカアシカシャチなどが出土している。貝類ではカキアワビサザエオキシジミが出土しているほか、ウニの殻も出土している。

また出土土器のうちには、「周」の刻字を有する弥生時代後期の土器片があり、漢字が記された土器としては国内最古級とされる[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集