カラジョルジェ(Karađorđe)ことジョルジェ・ペトロヴィチ(Đorđe Petrović <Serbian Cyrillic: Ђорђе Петровић>, pronounced [d͡ʑôːrd͡ʑe pětroʋit͡ɕ]) は、ナショナリズム運動である近代セルビアの祖と仰がれる人物。

ジョルジェ・ペトロヴィチ
ЂорђеПетровић
カラジョルジェヴィチ家
Karađorđe Petrović, by Vladimir Borovikovsky, 1816.jpg
肖像画
在位 18041813

全名 ジョルジェ・ペトロヴィチ
称号 セルビア王国の祖
敬称 閣下
出生 1768年
Flag of the Ottoman Empire (eight pointed star).svgオスマン帝国
死去 1817年
Flag of Serbia (1835-82).pngセルビアトポラ
埋葬 トポラ
配偶者 へレナ
子女 シマ、サヴァ、サラ、ポレクシア、スタメンカ、アレクサンダル・カラジョルジェヴィチ
家名 カラジョルジェヴィチ家
父親 ペートル(Питер)
母親 マリア(Марија)
宗教 キリスト教セルビア正教会
サイン Karađorđe signature.png
テンプレートを表示

生涯編集

オスマン帝国統治下のシュマディヤモンテネグロ系の家庭に生をうける。生家は貧困だったものの体格が良い上に腕っぷしも強く、しばしば暴力事件を起こした。結婚をめぐるトラブルから父と兄が処刑されるとオーストリアに逃亡し、墺土戦争にオーストリア兵として従軍してオスマン帝国と戦った。

墺土戦争終結後はセルビアに戻ってハイドゥクとなる傍ら牛の取引を手掛け、この経験が後の蜂起において大いに役立つこととなる。セルビアでイェニチェリの専横が目立ちやがてセルビア人有力者をも殺害する様になったことから、1804年に主だったセルビア人有力者がオラシャクセルビア語版に集結。オーストリアでの従軍経験から、カラジョルジェが指導者として推戴された。

蜂起を通じてカラジョルジェは参加した有力者にとっての拠り所となり、カラジョルジェもまた有力者の間を調整しながらオスマン帝国やイェニチェリ・ボシュニャク人と戦い続けた。その一方でナポレオンに対し蜂起への介入を呼びかけるも成らず、ロシアに援助を求めて一時的に援助を受けたもののナポレオンのロシア戦役にによってこれも中断。ロシアがオスマン帝国に反乱を起こしたセルビア人兵士の引き渡しに同意したことを切っ掛けとして蜂起の指導的な立場を退き、オーストリアに赴いた。

その後ロシアに移って国外から独立闘争を指揮するも、1817年ミロシュ・オブレノヴイッチ(後のセルビア公・ミロシュ1世)から共同行動を持ちかけれてセルビアに戻ったところをミロシュの放った刺客に暗殺された[1]。この結果オブノレヴイッチは、カセルビアのリーダー的な地位を手に入れることに成功した。遺体は、自宅のあったトポラに埋葬された。

カラジョルジェヴィチ家編集

 
カラジョルジェヴィチ家の紋章

カラジョルジェがカラジョルジェヴィチ家の祖である。アレクサンダル・カラジョルジェヴィチセルビア公)は、カラジョルジェの息子である。のちに、カラジョルジェの家、彼の子孫は、セルビア王国、そして、ユーゴスラビア王国の王家、「カラジョルジェヴィチ家」となる。カラジョルジェヴィチ家は、1945年のユーゴスラビア共和国成立までの間、王国に君臨する。

脚注編集

関連項目編集