カンパリ: Campari)とは、苦味のあるタイプのリキュールの銘柄の1つである。液色はく、アルコール度数は25度[1]エキス分は19%。イタリアで生産されている。イタリア語で「苦い」を意味する語が「アマロ(アマーロ、Amaro)」なので、アマロ系のリキュールなどと言われることもある。

カンパリ
Bouteille de Campari.JPG
基本情報
種類 リキュール
度数 25%[1]
発泡 なし
主原料 詳細は非公開
原産国 イタリア[1]
製造元 ダヴィデ・カンパリ英語版
販売元 サントリー日本の旗 日本[1]
アサヒビール日本の旗 日本[2] (2017年9月1日以降)
詳細情報
鮮やかな赤(透明)
テンプレートを表示

2017年6月6日、アサヒビールが日本国内での販売権を獲得、2017年9月1日から発売することを発表した[2]

概要編集

 
ガスパーレ・カンパリ

イタリアミラノ大聖堂広場に面した場所でカフェを営んでいたガスパーレ・カンパリイタリア語版が1860年に自家製リキュールを「ビッテル・アルーソ・ドランディア(Bitter All'uso d'Hollandia、「オランダ風苦味酒」の意)」と名付けて客に販売したのが始まりである[3]。ガスパーレの次男ダヴィデ・カンパリイタリア語版の代になって、酒の名前を「カンパリ」と改め、瓶詰販売も行うようになった[3]

その後、製造元はカンパリ・グループ英語版と企業グループに成長した。カンパリ社は、ベルモットチンザノウォッカスカイウォッカなどを傘下におさめる、酒造業界の一大グループとなっている。

カンパリの製法は明らかにされていないが、ビター・オレンジ英語版キャラウェイコリアンダーリンドウの根など、60種類にのぼる材料が使われていると言われる[4]。リキュールの中ではビター系リキュールに入る。

鮮やかな赤い色と苦味を特徴としており、通常何かで割って飲んだり、カクテルのベースとして使われたりすることが多いが、ストレートでも飲むことができる。イタリアでは基本的にはソーダ割り(カンパリ・ソーダ)にして飲まれるが、オレンジジュースで割ったカンパリ・オレンジも好まれている[3]

着色料として長らくカルミン酸色素=コチニール(エンジムシから取れる染料)が使用されていたが、2007年10月以降は代替着色料として赤色2号青色1号黄色5号を使用したロットに切り替わったため、該当する食品添加物の摂取を避けている場合には注意が必要である。

その他、カンパリ社ではベリー類のリキュールである「コーディアル・カンパリ」という製品を出していた。色は無色透明であり「カンパリの白」とも言われたが、現在は販売を終了しており一般での入手は難しくなっている。

カンパリを使ったカクテル編集

Category:カンパリベースのカクテル参照

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d カンパリについて カンパリ サントリー”. サントリー. 2013年2月16日閲覧。
  2. ^ a b ニュースリリース 2017年6月6日|アサヒビール”. アサヒビール. 2017年6月10日閲覧。
  3. ^ a b c 福西英三 『カクテル教室』保育社、1996年、5頁。ISBN 9784586508877 
  4. ^ 【知ってる!?】未病(5)「薬酒」で不眠解消、丈夫な体に - 産経ニュース

外部リンク編集