カーター・ブラウン

カーター・ブラウン(Carter Brown、1923年 - 1985年)は、オーストラリアの作家。

1923年、ロンドンに生まれる。海軍勤務を経て、オーストラリアに移住して市民権を獲得。アメリカや架空の都市を舞台に描く、お色気まじりの軽妙な作風で一世を風靡した[1]

代表作は『ブロンド』『死体置場は花ざかり』の〈アル・ウィーラー〉シリーズや、『ゼルダ』『グラマー』の〈リック・ホルマン〉シリーズ、『乾杯、女探偵!』『女ボディーガード』の〈メイヴィス・セドリッツ〉シリーズ、『恐怖が這いよる』『恋人よ、われに帰るな』の〈ダニー・ボイド〉シリーズなど。

作品に登場する主な探偵編集

  • アル・ウィーラー
  • ダニー・ボイド
  • メイヴィス・セドリッツ
  • リック・ホルマン
  • アンディ・ケイン
  • ラリー・ベイカー
  • マイク・ファレル
  • マックス・ロイヤル

参考文献編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “カーター・ブラウンの光と影”. ミステリマガジン11月号. (2006).