メインメニューを開く

カーロス・ニュートンCarlos Newton1976年8月17日 - )は、カナダ男性総合格闘家アンギラバレー出身。カナダオンタリオ州在住。ニュートンMMA主宰。元UFC世界ウェルター級王者。

カーロス・ニュートン
基本情報
本名 カーロス・ニュートン
(Carlos Newton)
通称 ザ・ローニン (The Ronin)
褐色のサムライ
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 (1976-08-17) 1976年8月17日(43歳)
出身地 アンギラの旗 アンギラ
所属 サムライクラブ/サバイバル柔術
→チーム・ローニン
ウォリアー・マーシャルアーツ・センター
身長 175cm
体重 82kg
階級 ウェルター級ミドル級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ニックネームは「褐色のサムライ」。ブラジリアン柔術合気道柔道ムエタイなどのスタイルを取り入れた独自スタイルを持つ[1]

目次

来歴編集

アンギラバレー]に生まれ、3歳で義理の父親から空手を習い始めた[1]。10歳でカナダに移住した[1]ヨーク大学では老年医学を学ぶ。

1996年4月26日、総合格闘技デビュー戦となったカナダモントリオールで行われたExtreme Fighting 2でジャン・リビエールと対戦し、疲労でギブアップ負けを喫した。

1997年10月11日、アメリカ合衆国で開催されたグラップリング大会「The Contenders」でクリス・バーンズと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

1997年11月29日、VALE TUDO JAPAN '97で初来日。修斗ライトヘビー級(-83kg)王者のエリック・パーソンと対戦し、1R41秒で腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

1998年3月1日、修斗で草柳和宏と対戦。序盤、アームロックでキャッチを奪われながらも、切り返して腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。寝技の展開では目をつぶったままであったことが話題となった。

1998年5月15日、UFC初出場となったUFC 17でミドル級トーナメントに出場。1回戦のボブ・ジルストラップを三角締めで降すも、決勝でダン・ヘンダーソンに1-2の判定で敗れた。

1998年6月24日、PRIDE初出場となったPRIDE.3桜庭和志と高度な寝技戦を展開するも、一本負けを喫した。

2001年5月4日、UFC 31のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者パット・ミレティッチに挑戦し、スタンディングサイドチョーク(ブルドッグチョーク)で一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2001年11月2日、UFC 34のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで挑戦者のマット・ヒューズと対戦。ヒューズに三角絞めを極めるも持ち上げられてバスターで床に落とされ失神したが、ヒューズも同時に三角絞めで落ちたためダブルKOとなり、裁定はヒューズのKO勝ちで王座陥落した。これに対してニュートン陣営は抗議するも裁定は覆らなかった。

2002年7月13日、イギリスで開催されたUFC 38のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者マット・ヒューズと再戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2003年3月16日、PRIDE.25アンデウソン・シウバに敗北。

2003年10月5日、PRIDE 武士道 -其の壱-に出場し、『日本vsグレイシー・5vs5対抗戦』に桜井"マッハ"速人の代理として出場し、先鋒戦でヘンゾ・グレイシーを判定で下した。

2006年12月29日、IFL: Championship Finalでヘンゾ・グレイシーと再戦し、判定負けを喫した。

2007年10月28日、HERO'S KOREA 2007大山峻護と90キロ契約で対戦し、パウンドでタップアウト負け。7日前に突然オファーが来たため、全盛期とはほど遠いだぶついた肉体で出場した。

2009年3月28日、Warrior-1 MMAで1年半振りに復帰しナビル・カーティブにTKO勝ちを収めた。

人物・逸話編集

  • 日本の漫画アニメ文化にかなり詳しく、自身のファイトスタイルをドラゴンボール柔術と名乗り、試合後のパフォーマンスで「カメハメ波」を行う。
  • 愛読書は宮本武蔵の「五輪書」と鳥山明の「DRAGON BALL」。
  • 日本で2年間生活したことがあり[1]、日本語が堪能で、WOWOWのUFC中継では現地のリポーターとして選手にインタビューしその場で通訳したほどである。

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
29 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 2 9 4 0 0 0
14 4 3 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ブライアン・エバーソール 5分3R終了 判定0-3 Impact FC 1: The Uprising Brisbane 2010年7月10日
ショーニー・カーター 5分3R終了 判定3-0 Warrior-1 MMA: High Voltage 2009年10月10日
ナビル・カーティブ 1R 3:12 TKO(パウンド) Warrior-1 MMA: Inception 2009年3月28日
× 大山峻護 3R 2:42 ギブアップ(パウンド) HERO'S KOREA 2007 2007年10月28日
× マット・リンドランド 2R 1:43 フロントチョーク IFL: Houston 2007年2月2日
× ヘンゾ・グレイシー 4分3R終了 判定1-2 IFL: Championship Final 2006年12月29日
石澤常光 1R 0:22 TKO(スタンドパンチ連打) HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦
【ライトヘビー級トーナメント リザーブファイト】
2006年10月9日
× 長南亮 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
× 高瀬大樹 2R(10分/5分)終了 判定1-2 PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
× ヘナート・ヴェリッシモ 5分3R終了 判定0-3 UFC 46: Supernatural 2004年1月31日
ヘンゾ・グレイシー 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の壱- 2003年10月5日
× アンデウソン・シウバ 1R 6:26 KO(跳び膝蹴り→パウンド) PRIDE.25 2003年3月16日
ピート・スプラット 1R 1:45 チキンウィングアームロック UFC 40: Vendetta 2002年11月22日
× マット・ヒューズ 4R 3:27 TKO(パウンド) UFC 38: Brawl at the Hall
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2002年7月13日
ペレ 1R 7:16 腕ひしぎ十字固め PRIDE.19 2002年2月24日
× マット・ヒューズ 2R 1:27 KO(バスター) UFC 34: High Voltage
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2001年11月2日
パット・ミレティッチ 3R 2:50 スタンディングサイドチョーク UFC 31: Locked and Loaded
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2001年5月4日
× デイブ・メネー 10分1R終了 判定0-3 Shidokan Jitsu: Warriors War 1
【1回戦】
2001年2月8日
ジョイユ・デ・オリベイラ 10分2R終了 判定3-0 PRIDE.12 2000年12月23日
佐野なおき 1R 0:40 腕ひしぎ十字固め PRIDE.9 2000年6月4日
カール・シュミット 1R 1:12 腕ひしぎ十字固め WEF 9: World Class 2000年5月13日
松井大二郎 10分2R+延長5分終了 判定3-0 PRIDE.6 1999年7月4日
川口健次 1R 5:00 腕ひしぎ十字固め 修斗 the Renaxis 1999 "10 Years Anniversary" 1999年5月29日
× 桜庭和志 2R 5:19 膝十字固め PRIDE.3 1998年6月24日
× ダン・ヘンダーソン 15分1R終了 判定1-2 UFC 17: Redemption
【ミドル級トーナメント 決勝】
1998年5月15日
ボブ・ジルストラップ 1R 0:52 三角絞め UFC 17: Redemption
【ミドル級トーナメント 1回戦】
1998年5月15日
草柳和宏 1R 2:17 腕ひしぎ十字固め 修斗 Las Grandes Viajes 2 1998年3月1日
エリック・パーソン 1R 0:41 腕ひしぎ十字固め VALE TUDO JAPAN '97 1997年11月29日
× ジャン・リビエール 1R 7:47 ギブアップ(疲労) Extreme Fighting 2 1996年4月26日

グラップリング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
クリス・バーンズ 5R 2:45 腕ひしぎ十字固め The Contenders 1997年10月11日

獲得タイトル編集

表彰編集

脚注編集

  1. ^ a b c d bits Special Interview トロントWebタウン情報誌 bitslounge 2010年2月27日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
パット・ミレティッチ
第2代UFC世界ウェルター級王者

2001年5月4日 - 2001年11月2日

次王者
マット・ヒューズ