ガイル彗星 (英語: 34D/Gale) は、1927年6月7日にシドニーウォルター・フレデリック・ゲイルが発見した太陽系周期彗星である。

ガイル彗星
34D/Gale
仮符号・別名 1927 L1, 1927 VI, 1927f
1938 J1, 1938, 1938a[1]
分類 見失われた彗星
発見
発見日 1927年6月7日[2]
発見者 ウォルター・フレデリック・ゲイル[2]
軌道要素と性質
元期:TDB 2429080.5(1938年7月1.0日)
軌道長半径 (a) 4.9436 au[1]
近日点距離 (q) 1.1829 au[1]
遠日点距離 (Q) 8.7043 au[1]
離心率 (e) 0.7607[1]
公転周期 (P) 11 [1]
軌道傾斜角 (i) 011.728 °[1]
近日点引数 (ω) 209.157 °[1]
昇交点黄経 (Ω) 067.924 °[1]
平均近点角 (M) 001.122 °[1]
前回近日点通過 1938年6月18日[3]
ティスラン・パラメータ (T jup) 2.291[1]
物理的性質
絶対等級 (H) 10.5(+コマ[1]
Template (ノート 解説) ■Project

発見されたときの回帰ではヨハネスブルグ喜望峰アルジェなど一部地域でしか観測されず、アメリカ大陸やヨーロッパなどでは観測されなかった[2]

2度目の回帰は1938年と計算されていたが、ガイルは見つけられなかった。しかし、天文学者のLeland Cunninghamが再計算し、その年のうちに再発見した[2]。1949年の回帰では観測されず、これ以降も観測されていない[2]ため、現在では見失われた彗星に分類されている。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 34D/Gale”. Small-Body Database Lookup. Jet Propulsion Laboratory. 2022年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e Kronk, Gary W.. “34D/Gale”. cometography.com. 2022年1月21日閲覧。
  3. ^ 木下一男 (2003年6月20日). “34D/Gale”. 2022年1月21日閲覧。

関連項目

外部リンク


前の彗星
ダニエル彗星
周期彗星
ガイル彗星
次の彗星
ハーシェル・リゴレー彗星