メインメニューを開く
ガスパチョ

ガスパチョ西:gazpacho :gaspacho) はスペイン料理ポルトガル料理の冷製スープであり、スペインのスープでは極めて有名なもののひとつである。暑さの厳しい地方や夏に特に好まれる。

目次

概要編集

 
角切りのガスパチョ

発祥の地はスペインアンダルシア地方である。「ガスパチョ」の語源はアラビア語で「びしゃびしゃしたパン」を意味すると言われているが、ラテン語の「カスパ」(caspa、「かけら、断片」)ともヘブライ語の「ガザズ」(gazaz、「ばらばらにちぎる」)とも言われている。初期のガスパチョはパンニンニクだけから成っていたが、19世紀までにはトマトキュウリリンゴなどが入るようになった。トマトを主成分とした「赤い」ガスパチョが最も有名であるが、トマトが入らない「白い」ガスパチョもある。ポルトガルのガスパチョはスペインのものよりもパンの割合が多い。

本来は木のすり鉢すりこぎで素材をすりつぶしていたが、今ではミキサーフードプロセッサーを使うことが多い。しかし通の間では電気機器を使ってガスパチョを作るのは邪道であるという意見がある。野菜やパンはピュレー状にせず、角切りにするだけの場合もある。その日に作ったものより一日経ってからのほうが味がなじんで美味しくなる。

どの家庭にもそれぞれ家庭の味があり、野菜たっぷりで夏ばて防止に役立ち、さわやかな酸味が食欲を引き立たせてくれる。

参考文献編集

  • Casas, Penelope. ¡Delicioso! The Regional Cooking of Spain. Knopf, New York, 1999, p341-342.

関連項目編集

外部リンク編集