メインメニューを開く

キタダケソウ属(キタダケソウぞく Callianthemum)はキンポウゲ科の属の一つ。主に多年草で、高さは10~30cmほど。白い花を数輪付ける。アジアからヨーロッパにかけて二十数種ほどが知られている。日本では南アルプス北岳特産のキタダケソウをはじめ、ヒダカソウキリギシソウの3種が確認されているが、全て局所的な分布で、盗掘などにより絶滅が危惧されている。

キタダケソウ属
Callianthemum hondoense 01.jpg
キタダケソウ Callianthemum hondoense
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: キタダケソウ属 Callianthemum
学名
Callianthemum C.A. Meyer 1830
  • 本文参照

主な種編集

日本産編集

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト
絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト
絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト

外国産編集

 
カリアンテマム・アネモノイデス
(C. anemonoides)

関連項目編集