メインメニューを開く

気候編集

標高アポイ岳の気候は、基本的には他の山と同じだが、特殊な植物が地下水を汲み上げ蒸散することにより、湿度が常時かなり高く維持されている。また、植物が回りの環境に合わせて蒸散の量を変化させるため、天気によって約8時間後の湿度もわかる。晴れならば湿度は下がり、曇りならほぼ横ばい、雨ならば湿度は上がる。これを登山に活かしたい。[1]

概要編集

山が「幌満橄欖岩」と呼ばれているかんらん岩でできており、特殊な自然体系となっていることから、1952年高山植物帯が「アポイ岳高山植物群落」として国の特別天然記念物に指定された。1981年には日高山脈襟裳国定公園の特別保護区となった。標高が低いわりに、特殊な岩体のため森林が発達せず、「蛇紋岩植物」が生育する高山植物の宝庫として知られる。花の百名山となっている。

ヒダカソウなどの固有種の存在が知られていたが、1990年代に大規模な盗掘があり植物相に大きなダメージが生じている。このことから地元ボランティアが盗掘の防止を呼び掛けるキャンペーンを行うなど監視活動を行っている[2]

植物編集

アポイ岳とその周辺では針広混交林で冷温帯性キタゴヨウ亜高山性のエゾアリマツの混生が見られるほか、高山植物やエゾナキウサギなどの分布が低い標高まで降下する一方、コゴメウツギコナラなど数多くの温帯性植物の東限となるなど、北方系と温帯系の動植物が同居する奇妙な生態系をつくっており、生物多様性のホットスポットともなっている。特に、アポイ岳は810mという低標高にもかかわらず約80種の高山植物が生育し、亜種・変種・品種を含む固有種は20種近くに及ぶなど、世界的に見てもきわめてまれなほど固有種が集中する地域であるといわれている。この理由として、

  • アポイ岳のかんらん岩から作られた土壌は、ニッケルやマグネシウムなどの植物の生育を阻害する成分が多く含まれている上、かんらん岩は削られにくく土壌の堆積に時間がかかり、その土壌も風雨で移動しやすいために薄く、乾燥しやすく、栄養にも乏しいため、極相であるはずの針葉樹林の成立を阻んでいること
  • 積雪量が少ないうえ強風にさらされるため土壌の凍結融解が起きやすく、植物の根が傷つけられたり斜面地の土壌が不安定になるなどする上、海に近く、主に夏場に海霧におおわれるため気温が低下するという気象条件により環境が高山に似たものになっていること
  • アポイ岳は一度も海面下になることがなく陸地であったため誕生当時の植物群を保護してきた上、氷期に陸続きとなった大陸から南下してきた北方系の植物は温暖な間氷期に高山やアポイ岳などに逃げ込むなどしてアポイ岳に残ったり隔離した植物が、かんらん岩の特殊な土壌に適応していく過程で独自の進化を遂げたこと

等があげられる。[3]

山名の由来編集

地名の由来はアイヌ語の「アペオイ( ape-o-i)」(火・ある・ところ)とされるが、古くに語義が忘れられており、定かではない[4]

アポイ岳にある「火魂之碑」では以下の伝説を紹介している。

その昔、先住民達が「カムイ」(神)を祀る神聖な山「アポイ岳」で、大火を焚いて主要食糧であった鹿の豊猟を祈ったところ、以後豊猟が続いたという。往時を偲び、豊漁・豊作を祈願してアポイの火まつりは、この地でご神火をいただき、エンルム岬にうつして火文字を描き盛大に行われる。この碑はアポイの火まつり発祥の地として古く豊猟を祈った跡に建てられたものである。

建立昭和55年5月吉日アポイの火まつり実行委員会

アポイ岳ジオパーク編集

アポイ岳を含む様似町域は、アポイ岳ジオパークに含まれる。2008年(平成20年)12月に日本ジオパークとして認定され、その後の2015年(平成27年)9月には世界ジオパークとしても認定された[5]。同年11月には世界ジオパークが国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の正式事業となった[6]

「アポイ岳と高山植物群落」として日本の地質百選にも認定されている。

2013年4月13日にはアポイ岳ジオパークビジターセンターが開館した[7]

幸せをもたらすアポイの鐘編集

 
アポイの鐘は救助された英山号の鐘

この鐘は、1979年10月20日に様似町平宇沖500メートルで座礁し、呉漢虎船長以下47名の乗組員が全員救助された中国貨物船 英山号(836トン)の警鐘および時鐘である。

 
アポイ岳の火魂之碑と対馬政雄先生記念碑

参考文献編集

近隣の山編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ https://yamano-god.jimdofree.com
  2. ^ 高山植物、盗掘しないで アポイ岳保全対策協 登山口で啓発”. 北海道新聞 (2018年6月17日). 2018年6月18日閲覧。
  3. ^ http://www.apoi-geopark.jp/apoi/theme_b.html
  4. ^ アイヌ語地名リスト ア~イチ P1-10”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  5. ^ “北海道のアポイ岳、世界ジオパークに認定 国内8カ所目”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年9月19日). http://www.asahi.com/articles/ASH9K56VHH9KUTPB018.html 2015年9月19日閲覧。 
  6. ^ 日本ジオパークネットワーク (2015年11月17日). “世界ジオパークのユネスコ正式事業化にかかる記者発表” (日本語). 2017年9月14日閲覧。
  7. ^ “アポイ岳、学ぶ入り口 北海道・ジオパークセンター”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年4月14日). オリジナルの2013年4月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0414-1014-34/www.asahi.com/area/hokkaido/articles/HOK201304130004.html 2017年9月14日閲覧。 

外部リンク編集