メインメニューを開く

キック・オーバー』(原題: Get the Gringo、別題: How I Spent My Summer Vacation[3])は、2012年アメリカ合衆国で製作されたアクション映画メル・ギブソンが製作・脚本・主演を務め、エイドリアン・グランバーグにとっては初の長編映画監督作品である。

キック・オーバー
Get the Gringo
監督 エイドリアン・グランバーグ
脚本 メル・ギブソン
ステイシー・ペルスキー
エイドリアン・グランバーグ
製作 メル・ギブソン
ブルース・デイヴィ
ステイシー・ペルスキー
製作総指揮 マーク・グーダー
ヴィッキー・クリスチャンセン
レン・ブラヴァトニック
アン・ロアク
出演者 メル・ギブソン
音楽 アントニオ・ピント
撮影 ブノワ・デビエ
編集 スティーヴン・ローゼンブラム
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント[1]
日本の旗 クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年5月1日
日本の旗 2012年10月13日
上映時間 95分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
スペイン語
興行収入 $7,378,034[2]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

「ドライバー」と呼ばれる男が、マフィアから大金を盗み出しメキシコへの逃亡を企てた。しかし、男は国境を越えたところで逮捕され、世界最悪の刑務所として名高い「エル・プエブリート」に収監されてしまう。そこは金さえあればドラッグから女まで何でも手に入り、日常的に殺人が行われている恐ろしい場所だった。しかも、そこでは所長や看守までもが買収されており、もはや犯罪者の楽園となっていた。そこでドライバーは一人の少年「キッド」と出会う。キッドは肝臓を患っている囚人のボスの臓器ドナーとして、まもなく殺されることになっていた。ふとしたことからキッドを助けたドライバーは、彼とともに刑務所からの脱獄を計画する。だが、彼が持っている大金を手に入れるため、マフィアや囚人、悪徳警官が命を狙ってくるのだった。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Mel Gibson's 'Get the Gringo' – Coming Straight to DirecTV VDO”. Deadline.com (2012年1月31日). 2012年5月3日閲覧。
  2. ^ Box office / business for Get the Gringo”. IMDb.com (2012年9月22日). 2012年12月18日閲覧。
  3. ^ HOW I SPENT MY SUMMER VACATION”. bbfc.co.uk. British Board of Film Classification (2012年3月18日). 2012年5月10日閲覧。

外部リンク編集