メインメニューを開く

器官(きかん、: organ)とは、生物のうち、動物植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、協同して一定の機能を営んでいる組織の集合体[1]。生体内の構造の単位としては、多数の細胞のうち形態と機能を同じくする細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している[1]

植物の器官編集

植物の器官には、下記のようなものがある。

動物の器官編集

動物の器官は、臓器(ぞうき)とも呼ばれる。内臓はより狭い概念で、体の内部に位置するものだけを指した呼び方。

器官系編集

それぞれの器官は一定の機能を果たすために協力して作業を営む一連の器官群があり器官系として配列される[1]。ただし、一つの器官が複数の働きを持っているときには、複数の器官系に属することもある。器官系には、

などがある。

動物の器官一覧編集

  • 下記は器官の一覧である。【 】内は、関連する器官系。
  • ただし、各記事は、動物種の記載が特にない場合には、ヒトの器官についての解説になっている。ヒトにない器官には、その器官を有する主な動物種を記載してある。
  • 器官系ごとの一覧は、各器官系の記事内にある。
  • 実質性器官中空性器官に大別される。前者は内部が組織で満たされている器官のことをいう。膵臓肝臓唾液腺が該当する。

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

ら行編集

出典編集

  1. ^ a b c 河野邦雄、伊藤隆造ほか『解剖学第2版』医歯薬出版、2006年、2頁。
  2. ^ 「腸間膜」は「臓器」だった!解剖学の定説を塗り替える新発見!しかし、その役割や働きは?”. 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS. 2019年5月31日閲覧。