メインメニューを開く

特徴編集

形態編集

(あしゆび)が前2本、後ろ2本の対趾足(たいしそく)である(通常、鳥の趾は前3本、後ろ1本)。

対趾足は他にオウム目カッコウ目が持つが、キツツキ目は趾のが特殊な形状であり、他のグループと明確な差異がある。

生態編集

孵化したヒナは目が開いておらず、綿毛も生えない晩成性である。

分類編集

キツツキ目はキツツキ亜目 Piciキリハシ亜目 Galbulae に分かれる。

以前はこれらは別系統という説もあり(具体的にそれぞれが何に近いかは諸説あった)、シブリー・アールキスト鳥類分類ではそれぞれを独立目のキツツキ目とキリハシ目 Galbuliformes に分割し、別々の上目に分類している。なお、この狭義のキツツキ目と区別したいとき、キリハシ類を含む広義のキツツキ目を Piciformes sensu Wetmore 1960 と表す。

しかし、2000年代の分子系統学的研究によれば、2つの亜目は単系統かつ姉妹群で、キツツキ目全体も単系統である[1][2]。また、キツツキ亜目を構成する2つの下目(あるいは上科)も単系統で姉妹群である。

キツツキ目の姉妹群はブッポウソウ目(狭義、サイチョウ目オオブッポウソウ目を除く)である。キツツキ目は伝統的な広義のブッポウソウ目(サイチョウ目・オオブッポウソウ目を含む)には内包される[2]



オオブッポウソウ目



キヌバネドリ目




サイチョウ目




ブッポウソウ目


キツツキ目
キリハシ亜目

キリハシ科 Galbulidae



オオガシラ科 Bucconidae



キツツキ亜目
オオハシ下目

オオゴシキドリ科 Megalaimidae




オオハシ科 Ramphastidae



ハバシゴシキドリ科 Lybiidae




キツツキ下目

キツツキ科 Picidae



ミツオシエ科 Indicatoridae








科と亜科編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Johansson, Ulf S.; Ericson, Per G. P. (2003), “Molecular support for a sister group relationship between Pici and Galbulae (Piciformes sensu Wetmore 1960)”, J. Avian Biol. 34 (2): 185–197, doi:10.1034/j.1600-048X.2003.03103.x, http://www.nrm.se/download/18.4e32c81078a8d9249800021325/Johansson%2520&%2520Ericson%2520-%2520Piciformes%5B1%5D.pdf 
  2. ^ a b Hackett, S. J.; Kimball, Rebecca T.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320 (5884): 1763–1768 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集