キャサリン・メーニッヒ

キャサリン・シアン・メーニッヒKatherine Sian Moennig, 1977年12月29日 - )は、アメリカ合衆国女優ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。現在の居住地はロサンゼルスバンクーバー

キャサリン・メーニッヒ
Katherine Moennig
本名 キャサリン・シアン・メーニッヒ
別名義 ケイト・メーニッヒ
生年月日 (1977-12-29) 1977年12月29日(42歳)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優モデル
ジャンル 映画テレビドラマなど
活動期間 1999年 -
主な作品
テレビドラマ
Lの世界
テンプレートを表示

生い立ち編集

母親メアリー・ザーンはブロードウェイダンサー、父親ウィリアム・メーニッヒはバイオリン製作者。ブライス・ダナーの姪で、グウィネス・パルトローの従妹でもある[1]ドイツ人スコットランド人アイルランド人の血を引く。「メーニッヒ」はドイツ語である。

キャリア編集

18歳でニューヨークに移り、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで演技を学んだ。モデルや舞台俳優として活躍した後、2000年にテレビシリーズ『Young Americans』に出演。映画『ボーイズ・ドント・クライ』のオーディションを受けたが、主役の役にはヒラリー・スワンクが選ばれた。

2004年からは、ロサンゼルスに住むレズビアン達を描いた『Lの世界』にシェーン役として出演している。ユニセックスな外見や今まで出演作でトランスセクシャルな役を演じていることや映画『ボーイズ・ドント・クライ』のオーディションを受けていることもあり、彼女は「レズビアンかストレートか」という質問をよく受けているが、本人は自らのセクシャリティーについてはノーコメントを貫いている[2][3]

2008年6月22日、『Lの世界』のDVD発売記念キャンペーンのために初来日。成田空港には関係者やスタッフの予想を遥かに上回る約1000人のファンが集まり、急遽到着ロビーが変更されるなど混乱が起きた[4]

主な出演作品編集

映画編集

作品名 役名 備考
2000年 The Ice People ワンジャ
2001年 シッピング・ニュース
The Shipping News
グレース
ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男
Love the Hard Way
デビー
Slo-Mo レイブン
2004年 Invitation to a Suicide エヴァ
2006年 アートスクール・コンフィデンシャル
Art School Confidential
キャンディス
2009年 みんな元気
Everybody's Fine
ジリー
2011年 リンカーン弁護士
The Lincoln Lawyer
グロリア
2012 Gone エリカ

テレビ編集

作品名 役名 備考
2000年 Young Americans ジャクリーン・"ジェイク"・プラット 8エピソード
2001年 ロー&オーダー
Law & Order
メリッサ 1エピソード
2003年 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
シェリル・エイブリィ 1エピソード
2004年 Lの世界
The L Word
シェーン・マッカッチョン 2004年 - 2009年まで70エピソードに出演
2008年 CSI:マイアミ
CSI: Miami
メリー・ランディス 1エピソード
2009年 スリー・リバーズ~命をつなぐ熱き医師たち
Three Rivers
Dr.ミランダ・フォスター 10エピソードに出演
2013年 レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー
Ray Donovan
リーナ 2013年から放送中、メインキャスト
2019年 The L Word: Generation Q シェーン・マッカッチョン 2019年 -

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Traister, Rebecca (2000年10月8日). “Androgynous Actress Kate Moennig Is ‘Alt.Gwyn,’ Paltrow's Cousin”. The New York Observer. pp. 1. 2006年12月28日閲覧。
  2. ^ Traister, Rebecca (2000年10月9日). “Androgynous Actress Kate Moennig Is ‘Alt.Gwyn,’ Paltrow's Cousin (HTML)” (English). New York Observer. pp. 1. 2006年12月28日閲覧。 “Although she is straight and is currently seeing a Los Angeles actor "who knows what he wants," Moennig recalled a number of instances when, because of her appearance, she was "probably" hit on by women, who either mistook her for a boy or for a lesbian.”
  3. ^ “【今週のクローズアップ】「Lの世界」”. シネマトゥデイ. (2008年). http://www.cinematoday.jp/page/A0001637 
  4. ^ “セクシーすぎるレズビアン、キャサリン・メーニッヒに1000人の日本女性が!”. シネマトゥデイ. (2008年6月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014262 

外部リンク編集