メインメニューを開く
赤がロシア帝国領、緑がオスマン帝国領、赤と緑のストライプはオスマンからロシアへ割譲された領土、黄色と緑のストライプはクリミア・ハン国の領域

キュチュク・カイナルジ条約(キュチュク・カイナルジじょうやく、ロシア語: Кючук-Кайнарджийский мирный договор,Ясский мирный договорトルコ語: Küçük Kaynarca Antlaşmasıブルガリア語: Договорът от Кайнарджа, Кючуккайнарджийския договор)は、1768年に始まったオスマン帝国ロシア帝国とのあいだの戦争(露土戦争)の講和条約1774年7月、両国によって現在のブルガリア北部のカイナルジャ英語版で結ばれた。

概要編集

1768年12月にクリミア・タタールがロシア帝国の南部を襲撃したことではじまったロシア帝国とオスマン帝国の戦争(第一次露土戦争)は6年の長きにおよび、戦況は女帝エカチェリーナ2世率いるロシア優位の状態で推移した[1][2]。オスマン帝国はクリミア・ハン国の宗主権を有しており、長年にわたってクリミアを属領とみなしていたのである。

ロシアの勝利で戦争が終わり、講和条約が1774年7月21日、トルコ領のキュチュク・カイナルジ(トルコ語: Küçük Kaynarca)で結ばれた。キュチュク・カイナルジは、現在のブルガリア共和国北東部ドブロジャ地方、ドナウ川沿いにある都市カイナルジャである。

この条約によって、ロシアはブグ川(南ブーフ川)とドニエプル川のあいだの地域、ケルチ要塞アゾフおよび沿アゾフ地方を獲得して黒海への出口を確保した[2][3][4]。ロシアは黒海における艦隊建造権とボスポラス海峡ダーダネルス海峡商船の自由通航権を獲得、ドン川とドニエプル川はロシアの農産物を運ぶ運河となって、物流の動脈としての機能をいっそう高めた[2][注釈 1]。ロシア帝国は、こののちウクライナに近接する黒海北岸地方の開拓を急速に進めていったが、その中心となった人物は女帝の寵臣で、女帝とは愛人関係にあったグリゴリー・ポチョムキンであった[1]

オスマン帝国はクリミア・ハン国の支配権を放棄させられ、ワラキアモルダヴィアは保護領となった[1][2]。さらに、オスマン帝国は、帝国内に住む正教会信徒の保護権をロシアに与えたため、以後これがロシアによって内政干渉の口実として利用され、ロシアはバルカン半島の進出をトルコ支配下の諸民族の独立要求を利用することとなった。

この条約は、不凍港をめざして黒海、さらには地中海へと勢力を伸ばそうとするロシアの南下政策にともなう問題、いわゆる「東方問題」を生じさせた[4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ロシアの艦隊建造権獲得により、1776年、グリゴリー・ポチョムキンによってロシア黒海艦隊が編成された。

出典編集

参考文献編集

  • 永田雄三「露土戦争」『世界大百科事典 第30』平凡社、1988年4月。ISBN 4-58-202700-8
  • 土肥恒之「18世紀のロシア帝国」『世界歴史大系 ロシア史2(18世紀-19世紀)』田中陽兒倉持俊一和田春樹編、山川出版社、1994年10月。ISBN 4-634-46070-X
  • 「ロシアのエカテリーナ2世」『ラルース 図説 世界人物百科II ルネサンス-啓蒙時代』フランソワ・トレモリエールカトリーヌ・リシ(共編) 樺山紘一日本語版監修、原書房、2004年10月。ISBN 4-562-03729-6
  • 土肥恒之「ロシア帝国の成立」『ロシア史』和田春樹編、山川出版社〈世界各国史〉、2002年8月。ISBN 978-4-634-41520-1

関連項目編集