キューバソレノドン

キューバソレノドンSolenodon cubanus)は、真無盲腸目ソレノドン科英語版ソレノドン属英語版に分類される哺乳類。

キューバソレノドン
キューバソレノドン
キューバソレノドン Solenodon cubanus
生体写真
1913年撮影(ニューヨーク動物学会)
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 真無盲腸目 Eulipotyphla
: ソレノドン科 Solenodontidae
: ソレノドン属 Solenodon
: キューバソレノドン S. cubanus
学名
Solenodon cubanus Peters, 1861
和名
キューバソレノドン
英名
Cuban solenodon
キューバ東部に生息
生息図

キューバの切手や記念コインになるなど同国を象徴する希少動物で現地ではアルミキと呼ばている[2]

分布編集

キューバ東部[3][4]固有種アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園などに生息。種小名cubanusは「キューバの」の意で、和名や英名と同義。

なお、ソレノドン科には、キューバに生息している本種と、東隣のイスパニョーラ島にいるハイチソレノドンの2種しか現存しない[2]

形態編集

体長25-31センチメートル[3]。尾長17-25センチメートル[3]体重0.7-1キログラム[4]。頭部や腹面の毛衣は黄褐色、背面の毛衣は灰褐色や暗褐色[3]

前肢の爪は、指よりも長い[3]

生態編集

熱帯雨林に生息し[4]、哺乳類としては珍しく唾液を持つ。主に地表棲だが[3]、木に登ることもできる[4]夜行性[4]

食性は動物食で、昆虫などを食べる[4]

繁殖形態は胎生。1回に1-3頭の幼獣を産む[3]。幼獣は生後数か月は、母親と生活する[4]

人間との関係編集

開発による生息地の破壊、人為的に移入されたノイヌ、ノネコやマングースなどによる捕食などにより生息数は激減している[3][4]。1890年代から1960年代まで確認例がなかったため絶滅したと考えられていたが、1970年代にキューバ東部で再発見された[3][4]

2012年から、キューバと日本の合同研究チームが、同年3月から4月にかけての調査で、キューバ東部において生体個体7匹の捕獲に成功した。今回の捕獲で、毒のある唾液のサンプル採取にも初めて成功している[5]。キューバでは外国人による調査活動が許可されにくく、詳しい生態が長年不明だったが、宮城教育大学に研究員として採用されたキューバ環境省の元職員が橋渡し役となり合同研究が実現した[6]

参考文献編集

  • 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科6 有袋類ほか』、平凡社、1986年、16-17、157頁。
  • 大舘智志, 北将樹, ラザロエチェニケ, ヘラルドベゲ, 保尊脩「キューバソレノドン(アルミキ)の多数捕獲の成功と調査顛末 : 「珍獣」でなくなる日を目指して」『どうぶつと動物園』第65巻第1号、東京動物園協会、2013年1月、 24-29頁、 ISSN 0288-4887NAID 120005353236
  • Echenique-Díaz, Lázaro M. and OHDACHI, Satoshi and KITA, Masaki and Begué-Quiala, Gerardo and Páez, Rafael Borroto and Labañino, Jorge L. Delgado and Díez, Jorgelino Gámez and HOSON, Osamu and SAITO, Chiemi「Assessing Local People's Knowledge of the Endangered Cuban Solenodon (Solenodon cubanus) in Alejandro de Humboldt National Park, Cuba」『環境教育研究紀要』第16巻、2014年3月、 89-95頁。
  • 大舘智志、エチェニケ・ディアス ラザロ、ベゲ・キアラ ヘラルド、溝田浩二、北将樹「野生のキューバソレノドン(アルミキ)Solenodon cubanusの生態を垣間見る」『哺乳類科学』第58巻第2号、2018年、 204-204頁、 doi:10.11238/mammalianscience.58.204

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Soy, J. & Mancina, C.A. 2008. Solenodon cubanus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ a b 大舘智志「謎多き稀少動物「キューバソレノドン」の研究最前線 : 従来の説を覆す!」『academist journal』、アカデミスト株式会社、2017年2月、 NAID 120005955481
  3. ^ a b c d e f g h i 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社、2001年、76-77頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 『絶滅危惧動物百科4 カザリキヌバネドリ―クジラ(シロナガスクジラ)』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店、2008年、76-77頁。
  5. ^ 謎の生物:唾液に毒、キューバ固有の哺乳類捕獲 毎日新聞 2012年5月14日16時36分掲載
  6. ^ 謎の哺乳類?世界最大級モグラの生態に迫る | 河北新報オンラインニュース - 河北新報

関連項目編集