真無盲腸目(しんむもうちょうもく、Eulipotyphla)は、哺乳綱に分類される目。

真無盲腸目
真無盲腸目の構成種
真無盲腸目の構成種
ソレノドン類(左上)・ハリネズミ類(右上)
トガリネズミ類(左下)・モグラ類(右下)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
階級なし : 獣類 Theria
階級なし : 真獣類 Eutheria
階級なし : 有胎盤類 Placentalia
階級なし : ローラシア獣類 Laurasiatheria
: 真無盲腸目 Eulipotyphla
学名
Eulipotyphla
Waddell, Okada & Hasegawa, 1999[1]
和名
真無盲腸目[2]
(化石分類群を除く)

分類編集

食肉目翼手目鱗甲目などとともにローラシア獣類を構成する[2][3]。かつて本目の構成種は、テンレック科やキンモグラ科(アフリカトガリネズミ目)とともに食虫目Insectivora(または無盲腸目Lipotyphla)に分類されていた[3][4]。アフリカトガリネズミ目は管歯目長鼻目ハネジネズミ目などと近縁とされ、アフリカ獣類を構成する[2][3]

内部系統やその分岐年代については様々な説がある[2][4][5]。以前はハリネズミ科が初期に分岐したと考えられたことから、ハリネズミ形類Erinaceomorphaとトガリネズミ形類Soricomorphaに分ける説もあった[4]。Brace et al. (2016) は、7280万年前にソレノドン科とネソフォンテス科の系統がモグラ科・トガリネズミ科・ハリネズミ科の共通祖先から分岐したという分子系統解析の結果から、ソレノドン科とネソフォンテス科で構成される分類群Solenodonotaを提唱し、Erinaceotaをその姉妹群に位置付けている[6]。一方でSato et al. (2019) は、現生科の分岐年代をモグラ科が6320万年前、ソレノドン科が6160万年前、トガリネズミ科とハリネズミ科が5780万年前と推定し[7]K-Pg境界以降に急激な多様化が起きたことを示唆した[5]

以下の分類はBurgin et al. (2018) に[8]、和名は川田ら (2018) に従う[9]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Peter J. Waddell, Norihiro Okada, Masami Hasegawa (1999), Towards Resolving the Interordinal Relationships of Placental Mammals, Systematic Biology, Volume 48, Issue 1, Society of Systematic Biologists, Pages 1–5.
  2. ^ a b c d 西岡佑一郎・楠橋直・高井正成「哺乳類の化石記録と白亜紀/古第三紀境界前後における初期進化」『哺乳類科学』第60巻 2号、日本哺乳類学会、2020年、251-267頁。
  3. ^ a b c 長谷川政美「分子情報にもとづいた真獣類の系統と進化」『哺乳類科学』第60巻 2号、日本哺乳類学会、2020年、269-278頁。
  4. ^ a b c Rainer Hutterer (2005). “Order Erinaceomorpha”, “Order Soricomorpha”. In Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (eds.). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Volume 1. Johns Hopkins University Press. Pages 212-311.
  5. ^ a b 佐藤淳・木下豪太「次世代シークエンス時代における哺乳類学〜初学者への誘い〜」『哺乳類科学』第60巻 2号、日本哺乳類学会、2020年、307-319頁。
  6. ^ Selina Brace, Jessica A. Thomas, Love Dalén, Joachim Burger, Ross D. E. MacPhee, Ian Barnes, Samuel T. Turvey (2016), Evolutionary History of the Nesophontidae, the Last Unplaced Recent Mammal Family, Molecular Biology and Evolution, Volume 33, Issue 12, Society for Molecular Biology and Evolution, Pages 3095–3103.
  7. ^ Jun J. Sato, Tessa M. Bradford, Kyle N. Armstrong, Stephen C. Donnellan, Lazaro M. Echenique-Diaz, Gerardo Begué-Quiala, Jorgelino Gámez-Díez, Nobuyuki Yamaguchi, Son Truong Nguyen, Masaki Kita, Satoshi D. Ohdachi (2019), Post K-Pg diversification of the mammalian order Eulipotyphla as suggested by phylogenomic analyses of ultra-conserved elements, Molecular Phylogenetics and Evolution, Volume 141, Elsevier.
  8. ^ Connor J. Burgin, Jocelyn P. Colella, Philip L. Kahn, Nathan S. Upham (2018), How many species of mammals are there?, Journal of Mammalogy, Volume 99, Issue 1, American Society of Mammalogists, Pages 1–14.
  9. ^ 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。