ギャング・オブ・アメリカ

ギャング・オブ・アメリカ』(原題:Lansky)は2021年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はエタン・ロッカウェイ、主演はハーヴェイ・カイテルが務めた。

ギャング・オブ・アメリカ
Lansky
監督 エタン・ロッカウェイ
脚本 エタン・ロッカウェイ
原案 エタン・ロッカウェイ
ロバート・ロッカウェイ
製作 ロバート・オグデン・バーナム
エリック・ビンズ
リー・ブローダ
ジェフ・ホフマン
製作総指揮 ミッチ・ブダン
ニコラス・シャルティエ
ルーク・ダニエルズ
ジョナサン・デクター
リチャード・ゴールドバーグ
ラッセル・グレイ
ピーター・グレアム
スティーブン・ヘイズ
トッド・ホフマン
クリスティーン・ホルダー
マーク・ホルダー
ピーター・ジャロウェイ
トム・マロイ
ジナ・パネビアンコ
アラン・パオ
ジェフ・ライス
ジョセフ・パネビアンコ
オリヴァー・リッジ
マイケル・レイザー
ハワード・スコット
ジョエル・スコット
R. Wesley Sierk
カイル・ストラウド
ラッセル・ターレキ
出演者 ハーヴェイ・カイテル
サム・ワーシントン
アナソフィア・ロブ
ジャッキー・クルス
音楽 マックス・アルジ
撮影 ペーテル・フリッケンバリ
編集 スティーヴン・ローゼンブラム
マーティン・ハンター
製作会社 120dBフィルムズ
アバヴ・ザ・クラウズ・メディア・グループ
カリウッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗ヴァーティカル・エンターテインメント
日本の旗アルバトロス・フィルム
公開 アメリカ合衆国の旗2021年6月25日
日本の旗2022年2月4日
上映時間 120分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$114,546[2]
テンプレートを表示

概略編集

落ち目の物書き、デヴィッド・ストーンはマイヤー・ランスキーにインタビューする機会を得た。ランスキーはマフィアの顧問として様々な事業に携わり、その隠し財産は数億ドルに上ると言われる人物であった。金の隠し場所を突き止めようとする者・組織はごまんとあったが、FBIですら何らの手がかりも得られないという有り様だった。ストーンは今回のインタビューがランスキーから手掛かりを引き出す最後にして最大のチャンスと確信しており、それを成し遂げることで自らのキャリアを一気に好転させるつもりでいた。しかし、老獪なランスキーは想像以上の難敵であった。

キャスト編集

製作・音楽編集

2019年5月17日、ハーヴェイ・カイテル、エモリー・コーエンオースティン・ストウェル、サム・ワーシントンが本作に出演することが決定し、、アレクサンドラ・ダダリオトニー・ダンザに本作への出演オファーが出ていると報じられた[3]2020年2月13日、本作の残りの主要キャストが発表されたが、その中にコーエン、ストウェル、ダダリオ、ダンザの名前はなかった[4]

2021年3月2日、マックス・アルジが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[5]。6月25日、本作のサウンドトラックが発売された[6]

マーケティング・興行収入編集

2021年5月19日、ヴァーティカル・エンターテインメントが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[7]。28日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[8]。6月25日、本作は全米49館で封切られ、公開初週末に2万7474ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場22位となった[9]

評価編集

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには39件のレビューがあり、批評家支持率は54%、平均点は10点満点で5.9点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ハーヴェイ・カイテルは主演として見事な演技を披露している。しかし、『ギャング・オブ・アメリカ』のストーリー展開には欠陥があり、陳腐な表現のオンパレードとなっているため、カイテルの努力が損なわれている」となっている[10]。また、Metacriticには6件のレビューがあり、加重平均値は42/100となっている[11]

出典編集

  1. ^ ギャング・オブ・アメリカ”. 映画.com. 2021年11月20日閲覧。
  2. ^ Lansky (2021)”. The Numbers. 2021年9月27日閲覧。
  3. ^ Harvey Keitel to Play Gangster Meyer Lansky in Biopic (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年5月17日). 2021年9月27日閲覧。
  4. ^ ‘Lansky’: DC ‘Titans’ Actress Minka Kelly & More Join Harvey Keitel & Sam Worthington In Gangster Epic – EFM”. Deadline.com (2020年2月13日). 2021年9月27日閲覧。
  5. ^ Max Aruj Scoring Eytan Rockaway’s ‘Lansky’”. Film Music Reporter (2021年3月2日). 2021年9月27日閲覧。
  6. ^ ‘Lansky’ Soundtrack Album Released”. Film Music Reporter (2021年6月25日). 2021年9月27日閲覧。
  7. ^ Vertical Entertainment Lands Rights To Crime Drama ‘Lansky’ Starring Harvey Keitel And Sam Worthington”. Deadline.com (2021年5月19日). 2021年9月27日閲覧。
  8. ^ Lansky Official Trailer (HD) Vertical Entertainment”. YouTube (2021年5月28日). 2021年9月27日閲覧。
  9. ^ Domestic 2021 Weekend 26/June 25-27, 2021”. Box Office Mojo. 2021年9月27日閲覧。
  10. ^ Lansky”. Rotten Tomatoes. 2021年11月20日閲覧。
  11. ^ Lansky (2021)”. Metacritic. 2021年9月27日閲覧。

外部リンク編集