メインメニューを開く

ギークス株式会社(英文社名:geechs inc.)は東京都渋谷区に本社をおき、ITフリーランスと企業をマッチングするIT人材事業、ゲームやアプリの開発・運営を行うゲーム事業、最新技術を使った映像・動画の制作を行う動画事業、メディア運営などを行うインターネット事業を展開する総合インターネットカンパニーである。

ギークス株式会社
geechs inc.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 7060
2019年3月20日上場
略称 ギークス
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-11-1 G-SQUARE
設立 2007年8月23日
業種 サービス業
法人番号 2011001061870
事業内容 インターネット関連事業
代表者 曽根原稔人(代表取締役社長
発行済株式総数 4,428,920株[1]
売上高 連結:25億8197万1000円
(2018年3月期)[1]
営業利益 連結:3億7985万4000円
(2018年3月期)[1]
純利益 連結:2億7793万5000円
(2018年3月期)[1]
純資産 連結:10億4413万9000円
(2018年3月31日現在)[1]
総資産 連結:28億2644万9000円
(2018年3月31日現在)[1]
従業員数 260名(グループ全体で350名)
決算期 3月31日
主要株主 曽根原稔人 38.38%
(同)ベインパートナーズ 36.74%
WMグロース3号投資事業有限責任組合 14.95%
(2019年2月15日現在)[1]
主要子会社 G2 Studios株式会社 NexSeed Inc.(philippine CEBU)
外部リンク https://geechs.com/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 2001年5月 - 小渕宏二と曽根原稔人が共同で株式会社ウェブドゥジャパン(現クルーズ株式会社)を設立
  • 2002年4月 - テクニカルアウトソーシング事業(現IT人材事業)を開始
  • 2007年2月 - 大阪証券取引所ヘラクレス市場(現 東証JASDAQ:2138)へ上場
  • 2007年8月 - 100%子会社として株式会社ベインキャリージャパン設立
  • 2007年10月 - グローバルリクルーティング事業を開始
  • 2009年4月 - 経営陣によるMBOにて完全独立
  • 2012年2月 - ゲーム事業を開始
  • 2012年4月 - 株式会社ベイングローバルを設立
  • 2012年10月 - グローバル人材育成事業を開始
  • 2013年1月 - NexSeed Inc.設立(philippine CEBU)
  • 2013年10月 - 社名をギークス株式会社(英名:geechs inc.)に変更
  • 2014年1月 - 動画事業を開始
  • 2014年10月 - 大阪支店設立
  • 2015年1月 - インターネット事業を開始
  • 2015年6月 - 第三者割当増資を実施[2]
  • 2016年2月 - 名古屋サテライトオフィス設立
  • 2016年3月 - 第三者割当増資を実施[3]
  • 2016年5月 - 福岡支店設立
  • 2017年7月 - 第三者割当増資を実施[4]
  • 2018年5月 - ゲーム部門を分社化してG2 Studios株式会社設立[5][6]
  • 2019年3月 - 東京証券取引所マザーズ市場上場

主な事業編集

  • IT人材事業
  • ゲーム事業
  • 動画事業
  • インターネット事業

製作実績編集

分社化された後のG2 Studiosの製作したものを含む。

スマホゲームアプリ
メディア
  • geechs magazine
  • Gridge

関連子会社編集

運営サイト編集

  • フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【geechs job
  • フリーランスエンジニアの“イマシル”マガジン【geechsマガジン
  • ゴルフ情報サイト【Gridge

脚注編集

外部リンク編集