クリューズ(Cluses、アルピタン語:Clluses) は、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏オート=サヴォワ県コミューン

クリューズ
Cluses

Cluses vue du Chevran.JPG
ポワント・ド・シュブランからの眺望。

Flag coa
旗(左)・紋章(右)
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) オート=サヴォワ県
(arrondissement) ボンヌヴィル郡フランス語版
INSEEコード 74081
郵便番号 74300
市長任期 ジャン=フィリップ・マス
(2020年 -)
人口動態
人口 市:16,966人人
2018年
人口密度 1,626人/km2
住民の呼称 Clusiens
地理
座標 北緯46度03分44秒 東経6度34分48秒 / 北緯46.06234度 東経6.58004度 / 46.06234; 6.58004座標: 北緯46度03分44秒 東経6度34分48秒 / 北緯46.06234度 東経6.58004度 / 46.06234; 6.58004
標高 平均:822.5m
最低:470m
最高:1175m
面積 市:10.4km2 (10,540ha)
クリューズ Clusesの位置(フランス内)
クリューズ Cluses
クリューズ
Cluses
公式サイト www.cluses.fr
テンプレートを表示

フォシニー地方のアルヴ川渓谷の町であり、近隣にジュネーブがある。アルプスの景観と(20世紀前半からの)時計製造業で知られている。

地理編集

フォシニー地方フランス語版アルヴ渓谷フランス語版内、ジュネーヴシャモニーの中間に位置しており、周辺には著名なスキー場が多く存在している。

人口編集

1902年のコミューン創設時は2,208人だった人口は、1990年の時点で16,732人に増加している。

歴史編集

古代ローマ時代にアルヴ川にポンヴュー橋フランス語版が架けられたことで、この地域の交易が活発化し、山とアルヴ川の間の谷間に最初の村が作られた。クリューズの地名は、「狭い谷」を意味する”cluse”に由来している。

1310年5月4日、独立したコミューンとなる。独立後の町の発展には、この地を治めたフォシニー男爵ユーグが大きな役割を果たした。

1720年クロード=ジョセフ・バラドゥーがそれまで農村だったアルヴ峡谷で時計製造の事業を始めると、家族経営の工房など家内工業として発展し、クリューゼで作られた時計は時計産業の中心地であるジュネーヴにも輸出されるようになった。1848年にはクリューゼに「王立時計学校」が設立され、精密時計製造は町の主要産業となった。

1844年6月20日、町は大火に見舞われ、シャレー様式英語版の木造建築は全て焼失した。町は現在に受け継がれるトリノ(当時のサルデーニャ王国の首都)の様式を模した形で再建されたことで、クリューズはオート=サヴォワ県において特異な街並みを持つこととなった。

経済と商業編集

20世紀初頭までは農業が主要産業だったが、現在は時計製造業が主流であり、時計分野での評判から他の精密機械産業も進出している。

交通編集

クリューズ駅フランス語版
ラ・ロシュ=シュル=フォロン-サン=ジェルヴェ=レ=バン=ル・フェイエ線フランス語版フランス国鉄)の駅。

文化編集

  • フォシニー音楽祭:フォシニー音楽連盟の創設者フランソワ・カートを記念して、アルヴ渓谷の14の自治体が年ごとに主催を交替する形で毎年6月の最終日曜日に行われる音楽祭。
  • Musiques en Stock:クリューズで毎年開催されるフォークロックロックの音楽祭。多くの有名アーティストやパフォーマーが参加する無料イベント。

史跡編集

ポンヴュー橋フランス語版
現在の橋は1674年に架けられたもので、フランス歴史的記念物に指定されている。
王立時計学校
1848年に設立され、1890年代に技術高等学校を経て1989年に閉鎖。現在もリセ・シャルル=ポンセ校舎として使用されている。
クリューズの泉フランス語版
アロブロージュ広場にある噴水。フランス歴史的記念物。

姉妹都市編集

外部リンク編集