メインメニューを開く

クレア・ウィリアムズ(Claire Williams、OBE1976年7月21日 - )は、イングランド出身の女性実業家

Claire Williams
OBE
クレア・ウィリアムズ
FoS20162016 0626 105618AB (27888648396).jpg
生誕 (1976-07-21) 1976年7月21日(43歳)
イングランドの旗 イングランド
バークシャー州ウィンザー
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 ニューカッスル大学
職業 実業家
活動期間 2002年 - 現在
雇用者 ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング
活動拠点 オックスフォード州グローヴ
肩書き ウィリアムズF1 副代表
配偶者 マーク・ハリス(2018 - )
子供 ナサニエル・ルイス・ハリス
フランク・ウィリアムズ
バージニア・ウィリアムズ
家族 ジョナサン・ウィリアムズ(兄)
ジェイミー・ウィリアムズ(兄)
栄誉 大英帝国勲章(OBE)

モータースポーツ・コンストラクター「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」の創設者フランク・ウィリアムズ卿の娘で、同F1チームの副代表を務める。

目次

略歴編集

1976年モータースポーツF1のコンストラクター「ウィリアムズF1」の代表フランク・ウィリアムズの娘として、イングランドウィンザーに生まれる。

ニューカッスル大学で政治学を専攻。1999年に卒業後、モータースポーツ業界へと進む。そして2002年、父が代表を務める「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」に入社した。

順調に昇進し、2010年代からチームの要職を任されるようになる。2012年、父が現場指揮から勇退。翌2013年に副代表に就任し、事実上 父フランクの後継者として事業を引き継いだ[1]

私生活編集

2017年、チームスタッフのマーク・ハリスとの間に、子息ナサニエルが誕生している[2]。ハリスとは翌2018年に、正式に結婚した。

二人の兄がいる。その一人ジョナサンもモータースポーツの業界におり、GP2チームや同じウィリアムズのスタッフとして勤務している[3]

2016年に、母国の栄誉「大英帝国勲章」(OBE)を受勲している[4]

脚注編集

  1. ^ クレア・ウィリアムズが副チーム代表に就任”. ESPN F1 (2013年3月27日). 2019年7月9日閲覧。
  2. ^ クレア・ウィリアムズ、第1子男児を出産”. F1-Gate.com (2017年10月12日). 2019年7月9日閲覧。
  3. ^ ウィリアムズ、「チームは売却しない」”. F1-Gate.com (2008年8月8日). 2019年7月9日閲覧。
  4. ^ クレア・ウイリアムズ、大英帝国勲章『オフィサー』を授かる”. オートスポーツweb (2016年6月11日). 2019年7月9日閲覧。

外部リンク編集