メインメニューを開く

クロアチア航空(クロアチアこうくう、英語:Croatia Airlines)は、クロアチアザグレブに本部がある航空会社である。

クロアチア航空
Croatia Airlines Logo.svg
IATA
OU
ICAO
CTN
コールサイン
CROATIA
設立 1989年
ハブ空港 ザグレブ国際空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ Senator Lounge
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 11機
就航地 22都市
親会社 Croatia Airlines d.d.
本拠地 クロアチアザグレブ
代表者 Ivan Mišetić (CEO)
外部リンク http://www.croatiaairlines.hr/
テンプレートを表示
本社ビル(ザグレブ
クロアチア航空のA320-200
クロアチア航空のA320-200(スターアライアンス特別塗装機)

目次

概要編集

クロアチアのフラッグ・キャリアで同国の国営航空であり、スターアライアンスの会員企業でもある。

目的地はクロアチア国内だけではなく、ヨーロッパのいくつもの主要都市を結んでいる。

名称は、クロアチアでもクロアチア語ではなく英語名のものが正式な社名となっている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史編集

クロアチア航空は1989年7月20日に設立された。設立当初はザグレブ航空という名称で、貨物航空会社としてUPSからセスナ 402を導入した。

1990年7月23日に、現在のクロアチア航空という名称に改名し、翌年の1991年に旅客輸送の航空会社としてマクドネル・ダグラスMD-82で運航を開始した。旅客輸送の運航を開始してまもなくの1992年ユーゴスラビア紛争が始まったため会社は危機に陥ったが、紛争が終わり運航が開始するとすぐに、ボーイング737を導入し、IATA(国際航空運送協会)に加盟した。また、同年から国際路線の運航も開始した。

2000年エアバスの旅客機を新たに2機導入し、2004年11月18日スターアライアンスのリージョナルメンバー(地域会員)として加盟した。

2007年4月19日にドイツ、フランクフルトにて、スターアライアンスの正会員として加盟する事が議決され、2009年9月頃にリージョナルメンバーから正会員への昇格を果たした。(スターアライアンスのリージョナルメンバーは廃止となった)

保有機材編集

保有機材は以下の通りである(2012年3月のデータ)

就航路線編集

国内線編集

国際線編集

  オーストリア

  ボスニア・ヘルツェゴビナ

  デンマーク

  フランス

  イギリス

  ドイツ

  ギリシャ

  イタリア

  イスラエル

  北マケドニア

  モンテネグロ

  オランダ

  スペイン

  スイス

  トルコ

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集