グザヴィエ・ル・ピション

フランスの地球物理学者

グザビエ・ル・ピション(Xavier Le Pichon、1937年6月18日 - )はフランス地球物理学者である。1968年にプレートテクトニクスのモデルを提出し、この分野のパイオニアである。

グザヴィエ・ル・ピション
生誕 (1937-06-18) 1937年6月18日(83歳)
Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦クイニョン
研究分野 地球物理学
研究機関 ピエール・マリー大学エコール・ノルマル・シュペリウールコレージュ・ド・フランス
出身校 カーン大学コロンビア大学ストラスブール大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1991年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

フランス領であったベトナムクイニョンで生まれた。カーン大学で学んだ後、アメリカ合衆国コロンビア大学で研究した後、1966年、ストラスブール大学博士号を得た。1968年に最初のプレートテクトニクスのモデルを提案したことで知られる。ダン・マッケンジーロバート・L・パーカーの理論に基づいて、6つのプレートと1億2千万年の間の相対的なプレートの移動のモデルを作った。このモデルは地震帯の分布と大陸の歴史の理解に貢献した。1973年にジャン・ボナン (Jean Bonnin) と Jean Francheteau と共著でプレートテクトニクスに関する著書を執筆した。1969年にブレスト海洋学、地質学研究所の所長となり、1978年にピエール・マリー大学教授、1984年にエコール・ノルマル・シュペリウールの教授、1986年にコレージュ・ド・フランスの地球力学講座主任教授となった。

受賞歴編集

関連項目編集


外部リンク編集