グナエウス・コルネリウス・レントゥルス (紀元前97年の執政官)

グナエウス・コルネリウス・レントゥルスラテン語: Gnaeus Cornelius Lentulus、生没年不詳)は紀元前2世紀後期・紀元前1世紀初期の共和政ローマの政治家。紀元前97年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
グナエウス・コルネリウス・レントゥルス
Cn. Cornelius Cn. f. Cn. n. Lentulus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 法務官(紀元前100年以前)
執政官(紀元前97年)
テンプレートを表示

出自編集

レントゥルスはエトルリアに起源を持つパトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身であるが、コルネリウス氏族はローマでの最も強力で多くの枝族を持つ氏族でもあった[1][2]。レントゥルスのコグノーメン(第三名、家族名)が最初に確認できる人物は、紀元前327年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルスであるが、コルネリウス氏族の他の枝族との関係は不明である[3]

カピトリヌスのファスティによるとレントゥルスの父も祖父も、プラエノーメンはグナエウスである[4]。父グナエウスは、紀元前146年の執政官と思われる。その場合、祖父グナエウス紀元前201年の執政官である。

経歴編集

レントゥルスの名前はカピトリヌスのファスティに記録され、また大プリニウスも言及しているが[5]、それ以外の資料はない。同僚執政官はプブリウス・リキニウス・クラッススであった。この年に、元老院法令によって人身犠牲が禁止されている[5]。執政官就任年とウィッリウス法の規定から逆算して、レントゥルスは遅くとも紀元前100年にはプラエトル(法務官)に就任したはずである。

子孫編集

紀元前72年の執政官グナエウス・コルネリウス・レントゥルス・クロディアヌスは養子と思われる。

脚注編集

  1. ^ Haywood R., 1933, p. 22.
  2. ^ Bobrovnikova T., 2009, p. 346-347.
  3. ^ Münzer F. "Cornelii Lentuli", 1900 , s.1356.
  4. ^ カピトリヌスのファスティ
  5. ^ a b プリニウス『博物誌』、XXX, 14.

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951.
  • Haywood R. "Studies on Scipio Africanus" - Baltimore, 1933.
  • Münzer F. "Cornelii Lentuli" // RE. - 1900. - T. VII . - P. 1355-1357 .

関連項目編集

公職
先代:
クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポス
ティトゥス・ディディウス
執政官
同僚:プブリウス・リキニウス・クラッスス
紀元前97年
次代:
ガイウス・カッシウス・ロンギヌス
グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス