グナエウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオスス

グナエウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオススラテン語: Gnaeus Manlius Capitolinus Imperiosus、生没年不詳)は紀元前4世紀共和政ローマの政治家。紀元前359年紀元前357年執政官(コンスル)を、紀元前351年監察官(ケンソル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
グナエウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオスス
Cn. Manlius L.f. A.n. Capitolinus Imperiosus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 マンリウス氏族
官職

執政官(紀元前359年、紀元前357年)

監察官(紀元前351年)
テンプレートを表示

出自編集

インペリオススはパトリキ(貴族)であるマンリウス氏族の出身である。父のプラエノーメン(第一名、個人名)はルキウス、祖父はアウルスである。

経歴編集

紀元前359年に執政官に就任、同僚執政官はプレブス(平民)のマルクス・ポピッリウス・ラエナスであった。この年に、インペリオススとラナエスは、ローマに夜襲をかけてきたティブル軍を撃退している[1]

紀元前357年にインペリオススは二度目の執政官に就任。同僚のプレブス執政官はガイウス・マルキウス・ルティルスであった。インペリオススはファルスキ(en)との戦争を担当したが、唯一の特筆すべき事項は、野営地で民会を開いたことであった。この民会では、奴隷を解放する際に5パーセントの税金を支払うということが決議された。元老院はこれを認めたが、ローマ市外での民会の開催は、これ以降は認められなくなった[2]

紀元前351年、インペリオススは監察官(ケンソル)に就任するが、同僚監察官は前回の執政官就任時と同じくルティルスであった。ルティルスはプレブス出身者としては初の監察官であった。

紀元前345年にアウルンキがローマ領土を襲撃するが、元老院はルキウス・フリウス・カミッルス独裁官(ディクタトル)に任命、カミッルスはインペリオススをマギステル・エクィトゥム(騎兵長官)に指名した。アウルンキは短期間で撃退された[3]

脚注編集

  1. ^ リウィウスローマ建国史』、VII, 12, 1 - 4.
  2. ^ リウィウス『ローマ建国史』、VII, 16, 7 - 8.
  3. ^ リウィウス『ローマ建国史』、VII, 28, 2 - 3.

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代
マルクス・ファビウス・アンブストゥス
ガイウス・ポエテリウス・リボ・ウィソルス
執政官
同僚:マルクス・ポピッリウス・ラエナス
紀元前359年
次代
ガイウス・ファビウス・アンブストゥス
ガイウス・プラウティウス・プロクルス
先代
ガイウス・ファビウス・アンブストゥス
ガイウス・プラウティウス・プロクルス
執政官
同僚:ガイウス・マルキウス・ルティルス
紀元前357年
次代
マルクス・ファビウス・アンブストゥス II
マルクス・ポピッリウス・ラエナス II
先代
マルクス・ファビウス・アンブストゥス
紀元前358年
監察官
同僚:ガイウス・マルキウス・ルティルス
紀元前351年
次代
ルキウス・コルネリウス・スキピオ
プブリウス・コルネリウス・スキピオ
紀元前340年