メインメニューを開く

グレース・ムガベチェワ語: Grace Ntombizodwa Mugabeセナ語: Grace Ntombizodwa Mugabe、英語: Grace Ntombizodwa Mugabe1965年7月23日 - )は、ジンバブエ政治活動家学位博士ジンバブエ大学2014年)。旧姓マルフアフリカーンス語: Marufu英語: Marufu)。第2代ジンバブエ大統領ロバート・ムガベ(2017年12月、クーデターにより辞職)の妻。

Grace Ntombizodwa Mugabe
グレース・ムガベ
Grace Mugabe cropped Grace Mugabe and Akie Abe 20160328 1.jpg
生誕 (1965-07-23) 1965年7月23日(54歳)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ハウテン州ベノニ町
国籍 ジンバブエの旗 ジンバブエ
出身校 南アフリカクリスチャン大学
秘書科卒業
配偶者 スタンリー・ゴレラザ(前夫)
ロバート・ムガベ(夫)
子供 ボナ・ムガベ(長女)

大統領府大統領秘書官などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1965年7月23日南アフリカ共和国ハウテン州ベノニ町にて生まれた[1]。ベノニ町はヨハネスブルグにほど近く[1]、現在はエクルレニ都市圏の一部となっている。南アフリカ共和国にあるクリスチャン・カレッジ・オブ・サウス・アフリカ(南アフリカクリスチャン大学)の通信制に進学し[1]、秘書科を卒業した[1]

1983年ジンバブエ空軍軍人であるスタンリー・ゴレラザと結婚する。その後、ジンバブエの大統領府に勤務することになり、大統領秘書官などを歴任した[1]1996年に大統領秘書官を退任した[1]

政治活動家として編集

大統領秘書官としての勤務を通じて、ジンバブエの現職大統領であるロバート・ムガベの知遇を得て、1996年に結婚することになった(ゴレラザとは離婚。ムガベは妻と死別しており再婚同士)[1]。以降は大統領夫人として、ジンバブエの政界に影響を及ぼすようになる。

2007年から中国人民大学中国語を学び、2011年に学位を授与された[2][3]

2013年アフリカ開発会議の際には、大統領であるロバートに同行し日本を訪れている[1]。ロバートが代表を務めるジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線においては、2014年より女性局の局長を務めている[1]。なお、同年には、ジンバブエ大学より博士学位が授与されている[1]。また、2015年の年始はロバートとともに東アジアで休暇を楽しんでいたが、虫垂炎に罹患しシンガポール手術を受けた[4]2016年、日本の内閣総理大臣である安倍晋三からの招待を受け、ロバートともに再び日本を訪れた。晋三の妻である安倍昭恵らから歓待を受けた[5]

ロバートは30年以上に渡って政権を維持しており、既に90代となっても現職の大統領として執務していた。2018年に予定される大統領選挙への立候補も表明しており[6]、既に与党から候補者として指名されていた。しかし、あまりに高齢であるため選挙が近づくにつれて、第一副大統領を務めるエマーソン・ムナンガグワと、与党の女性局を率いるグレースとが、ロバートの後継候補として取り沙汰されるようになった[6]。与党であるジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線においても、党内を二分する権力争いが繰り広げられた。ロバートと同じく植民地解放闘争に参加した経験を持つ古参党員らは、同じく高齢のムナンガグワを支持することでまとまり、その勢力は「チームラコステ」と呼ばれるようになった。一方、世代交代を求める若手党員らは、50代のグレースを支持することでまとまり、その勢力は「ジェネレーション40」と呼ばれるようになった。

2017年11月、ムナンガグワが第一副大統領を解任されたため[6]、グレースが最有力後継候補として注目が集まるようになる[6]。同年11月5日キリスト教信者らに対する演説にて、大統領職を引き継ぐ準備はできていると表明した[7]。この演説において、グレースがロバートに対して「恐れないで。あなたが私に大統領職を与えたいのなら、気兼ねなく私に渡しなさい」[7]と要求したことが明かされた。これにより、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線の党内においても、世代交代を求めるジェネレーション40が勢いを増し、古参党員らチームラコステの敗北が決まったかに見えた。

この状況に対し、同年11月13日、ムナンガグワと親しい国軍司令官のコンスタンチノ・チウェンガが「軍は介入をためらわない」[6]との声明を発表したため、与党のジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線が「反逆行為だ」[6]と批判するなど、ムナンガグワ支持勢力とグレース支持勢力の対立が続いていた。ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線の党内においても、チームラコステとジェネレーション40との確執はより深まっていった。

クーデターの勃発編集

略歴編集

家族・親族編集

前夫であるスタンリー・ゴレラザとの間に1子を儲けた。また、夫であるロバート・ムガベとの間に3子を儲けた[1]。ロバートとの間に生まれた第一子であるボナ・ムガベは、香港城市大学シンガポール経営大学で学んだ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n グレース・ムガベジンバブエ共和国大統領夫人』。
  2. ^ Grace PhD fraud: Interview sheds light”. Zimbabwa Independent. 2018年6月19日閲覧。
  3. ^ 津巴布韦总统夫人格蕾丝•穆加贝人民大学毕业 获文学学士学位 Renmin University (中国語)
  4. ^ ジンバブエ共和国月報』。
  5. ^ 「安倍昭恵総理大臣夫人とグレース・ムガベ・ジンバブエ共和国大統領夫人との懇談」『安倍昭恵総理大臣夫人とグレース・ムガベ・ジンバブエ共和国大統領夫人との懇談 | 外務省外務省2016年4月7日
  6. ^ a b c d e f 石原孝「ムガベ大統領軟禁情報――ジンバブエ――国軍、クーデターか」『朝日新聞』47228号、14版、朝日新聞東京本社2017年11月16日、13面。
  7. ^ a b AFP「ジンバブエ副大統領、解任される――ムガベ夫人が次期大統領の最有力候補に」『ジンバブエ副大統領、解任される ムガベ夫人が次期大統領の最有力候補に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB Newsクリエイティヴ・リンク2017年11月7日

関連人物編集

関連項目編集