グロム(ポーランド語:ORP Gromグローム)は、第二次世界大戦中に活躍したポーランド海軍駆逐艦グロム級の1番艦。艦名のグロムはポーランド語で「雷鳴」を意味する。

ORP Grom

艦歴編集

1935年7月17日に起工、1936年7月20日に進水し1937年5月11日に就役した。

第二次世界大戦勃発直前にブルザブリスカヴィカと共にイギリスへ脱出した(ペキン作戦)。イギリスに到着後改装が行われ、4月からはノルウェー海域で作戦に従事していたが、1940年5月4日ナルヴィク沖でドイツ空軍He111爆撃機の攻撃により撃沈された。

同型艦編集

関連項目編集