ブルザ英語: ORP Burza)は、ポーランド海軍駆逐艦kontrtorpedowiecまたはniszczyciel)。ポーランド語名ではブジャORP Burza)と呼ばれる。ブルザの艦名は「暴風雨雷雨夕立」といった意味。ブルザ級ネームシップであった[1]

グディニャにおけるブルザ

艦歴編集

1926年4月2日、同型艦ヴィヘルと共にフランスの造船所に発注された。1927年11月1日に起工、1929年4月16日進水し、1932年7月10日に就役した。

1939年8月30日、ポーランドの駆逐艦ブルザ、ブリスカヴィカ_(駆逐艦)グロムペキン作戦実行を命じられた。これらの駆逐艦はイギリスへ向かい、1939年9月1日イギリス海軍駆逐艦ワンダラーウォレスと合流した。イギリス駆逐艦はポーランドの駆逐艦をリースへ誘導し、夜にポーランド駆逐艦はロサイスに到着した。

ブルザは1940年4月にはノルウェー沖で、1940年5月にはイギリス海峡でイギリス軍を支援した。

ブルザはHX217船団ONS167船団HX228船団SL147/MKS38船団SC145船団を護衛した。1943年10月、アゾレス諸島にイギリス軍航空基地を建設するための船団を護衛。

1944年、ブルザは練習艦となった。1945年、ポーランドの潜水艦用の潜水母艦となった。

1946年ポーランド人の乗員は艦を離れ、ブルザはイギリス海軍に移管された。

1951年にポーランド海軍に戻り、7月にグディニャへ曳航された。オーバーホールの後、1955年に再就役した。1960年、ブルザは記念艦となった。しかしブリスカヴィカが記念艦となると、ブルザも1977年にスクラップされた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 同型艦ヴィヘルの方が先に起工し先に進水し先に就役したので、ヴィヘル級とも呼ばれる。その場合はネームシップではなく2 番艦。

参考文献編集

  • Kafka, Roger and Pepperburg, Roy L. (1946). Warships of the World. Cornell Maritime Press 
  • Morison, Samuel Eliot (1975). History of United States Naval Operations in World War II, Volume I The Battle of the Atlantic 1939-1943. Little, Brown and Company 
  • Preston, Anthony (1989). Jane's Fighting Ships of World War II. Random House. ISBN 0-517-67963-9 
  • Rohwer, J. and Hummelchen, G. (1992). Chronology of the War at Sea 1939-1945. Naval Institute Press. ISBN 1-55750-105-X