メインメニューを開く

ケイエスヨシゼンとは兵庫県競馬組合で活躍したアングロアラブ種の競走馬で、ミスターヨシゼンの産駒を代表する競走馬でもある。「アラブのメッカ」とまで言われた兵庫県競馬組合において、アサヒマロツト(1970年)以来史上2頭目のアラブ系競走の三冠馬となる。三冠馬となった1996年NARグランプリ年度代表馬に選出される。

ケイエスヨシゼン
品種 アングロアラブ(血量29.27%)
性別
毛色 鹿毛
生誕 1993年4月27日
死没 2006年10月??日(13歳没)
抹消日 2001年12月31日
ミスターヨシゼン
ニユーマルセイユー
母の父 トスター
生国 日本の旗 日本 北海道沙流郡門別町
生産 道見忠信
馬主 (有)テイリツ
調教師 保利照美
競走成績
生涯成績 64戦25勝
獲得賞金 200,888,000円
テンプレートを表示

概要編集

現役期編集

1995年に兵庫県競馬組合・園田の保利照美厩舎に入厩し、同年7月19日姫路競馬場で開催された3歳新馬戦に出走し勝利を飾る。同年末、当時まだ兵庫所属であった岩田康誠を初めて鞍上に迎える(以後48戦にわたり、岩田が本馬の主戦騎手として騎乗した)。

デビューして以降は、6歳時の3月に佐賀競馬場で開催された西日本地区招待アラブ大賞典に出走するまでの32戦のうち連対を外したのは3度で、連対を外した3度の全てを3着にまとめていた。しかしその強さを見せつけるにつれ負担重量が重くなり、一部の定量戦を除き60kg以上を背負わされる事が多くなった上、ニホンカイユーノスなど一歳若いライバル達の出現で連対に絡むことが難しくなる。それでも何とか8歳の9月までは掲示板(5着以内)を外すことはなく、安定した結果を残す。ただ、距離を問わず活躍できたが調子の良し悪しに関らず不良馬場をやや苦手にしており苦戦を強いられることが多かった。

しかし9歳も近づくと彼もさすがに衰えが見え、下位入線が目立つようになる。2001年のサマーカップを最後に引退。9着であった。2001年12月5日ケイエスヨシゼンの引退式がしめやかに行われ、同じ年の大晦日12月31日に登録を抹消。

現役引退後編集

現役を退いた後は一度は種牡馬となるも、アラブ系競走の減少等のあおりを受け種付け件数も多くはなく、日本国内で出走した産駒は13頭にとどまっている。 種牡馬としての供用を終えて以降、乗馬として供用が開始されたが2006年10月供用先の牧場で心不全のため死亡。

主な戦績編集

血統表編集

ケイエスヨシゼン血統エルシド系 /バラツケー 5×5 /「アア」表記はアングロアラブ種 「アラ」表記はアラブ種 「*」が付された馬名はシャギアギドランサラ系 (血統表の出典)

アア ミスターヨシゼン
1984 鹿毛
父の父
アア キタノトウザイ
1976 栗毛
アア スカレー アア エルシド El Cid
アア トモスカツプ
アア イナリトウザイ サラ Karim
アア タクマサル
父の母
アア ヨシゼン
1971 鹿毛
アア センジユ アア 方景
アア イースタン
アア ヨシハート アア マツギク
サラ ハートフジ

アア ミスマルセイユー
1982 鹿毛
アア トスター
Tostar
1973
サラ Star サラ Soleil Levant
サラ Serena
アア Toscane アラ Djerba Oua
アア Traviata
母の母
アア テツホマレ
1965
アア セイユウ サラ Rising Flame
アア 弟猛
アア トキカネ サラ トシシロ
アア 明美 ゴンパスギドラン七系


注釈編集

  1. ^ 同着優勝

外部リンク編集