ケリー・ニコルズ

ケリー・ニコルズ(Kelly Nichols、1959年6月8日 - )は、アメリカ合衆国出身の元ポルノ女優

ケリー・ニコルズ
Kelly Nichols
プロフィール
別名義 Maryanne
Marianne
生年月日 1959年6月8日
現年齢 63歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州コヴィナ
瞳の色 銅青色
毛髪の色 ブラウン
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 91 - 71 - 99 cm
カップサイズ C(米国サイズ)
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

来歴編集

カリフォルニア州コヴィナで生まれ育ち、高校卒業後にパサデナカレッジに通い、授業料を捻出するためにヌードモデルを開始。『ザ・ツールボックス・マーダーズ』(1978年) での端役や、1976年リメイク版の『キングコング』でのジェシカ・ラングの代役など、一般向けのハリウッド映画への出演も行った。

ウィリアム・マーゴールドチャック・ヴィンセントに出会い、1979年にヴィンセントの監督による映画『ザット・ラッキー・スティッフ』でポルノ映画デビューを果たし、それからというもの50本以上のポルノ映画に出演。ヴィンセントのお気に入りの女優となり、XRCO殿堂入り映画『ルーム・メイツ/ブルーコア』など、数多のヴィンセント監督映画に出演している。[1]

1986年に一度ポルノ映画界を離れ、その数年後に復帰し何本かのボンデージSMの作品に出演した。[1] 1990年代から2000年代にかけてポルノ映画でのセックス無しの役を受け始め、いつしかポルノ映画の脚本および製作を行うようにもなった。

受賞編集

出演作の一部編集

  • 1979年 - 『That Lucky Stiff
  • 1980年 - 『下着をつけない女/ボン・アペタイト (Bon appétit)
  • 1980年 - 『セックス・ボート (Sexboat)
  • 1981年 - 『ROOM MATES/ブルーコア (Roommates)
  • 1981年 - 『ダーティー・ワイフ/放蕩 (Games Women Play)
  • 1982年 - 『夢性する女/エロベーション (The Mistress)
  • 1982年 - 『ハード・シンボル/精獣 (Society Affairs)
  • 1983年 - 『ハーレム・アーミー/締め女 (Puss 'n Boots)
  • 1983年 - 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)
  • 1983年 - 『G線上の快楽/かんつう (Corruption)
  • 1983年 - 『歓痛する女 (In Love)
  • 1984年 - 『A感アクトレス/バック・バイブ (Great Sexpectations)
  • 1985年 - 『タブー・アメリカン・スタイル (Taboo American Style)
  • 1985年 - 『カミングオブエンジェル/発禁女類 (A Coming of Angels, the Sequel)
  • 1985年 - 『エクスタシー・マシーン/もう止まらない (Slip Into Silk)

脚注編集

外部リンク編集