ヌードモデル

写真の撮影、絵画・彫刻の制作などのために使用される裸体像、もしくは裸体像となる人

ヌードモデルとは、写真や、絵画彫刻の制作などに協力し、裸体での人体モデルをつとめる職業である。

アート・モデル編集

 
学校の絵画モデル(19世紀・フランス)

絵画や彫刻、パフォーマンスアートなどの分野では、しばしばモデルにヌードが要求される。この分野ではヌードモデルという直接的な表現は使用せず、「美術モデル」や「アートモデル」という呼び方がされている[1]

ヌードデッサンは美術学生の鍛錬において重要なプロセスのひとつになることが多く、非常に重要視されている。しかし、各地域の宗教的価値観によっては、環境の確保が極めて困難となる場合もある[2]

世界のモデル編集

19世紀のパリでは、数多くのモデルが美術界で活躍していた。ヴィクトリーヌ・ムーランは:いくつかの作品のためにポーズをとった後、エドゥアール・マネのオリンピアのモデルをつとめた[3]。。ジョアンナ・ヒファーナン(1843年頃-1903年)は、アイルランドのアーティストのモデルであり、アメリカの画家ジェームズ・マクニール・ウィスラー、およびフランスの画家ギュスターヴ・クールベとロマンチックなつながりを持ったミューズだった。彼女はウィスラーの「白の交響曲」のモデルであり、クールベの絵画のモデルであるとも噂された。画家でもあるスザンヌ・ヴァラドンは、ピエール・オーギュスト・ルノワール、アンリ・ロートレック、ピエール・ドゥ・シャヴァンヌ、エドガー・ドガのモデルをつとめた。彼女はブージヴァルでのルノワールのダンスのモデル人物として最もよく知られていた。他にオードリー・マンソン、アリス・プラン(モンパルナスのキキ)、オリーヴ・トーマスらが、有名なアートのヌード・モデルである。

ビクトリア朝の絵画様式がイギリスで定着したころ、ライブ・モデル(ヌード)を使った美術研究は、前の世紀よりも制限が厳しくなり、古いマスター・ペインティングをコピーして石膏模型から描くことで実力を証明した、上級クラスの学生に限定されていた。

日本のモデル編集

東京美術学校黒田清輝が帰国したのを機に西洋画科を開講するも、日本ではヌードモデルが見つからなかった。校長の岡倉天心が学校の喫茶店の従業員にぼやいた際、彼女が志願したのが、日本で初めてのヌードモデル。彼女は後に日本で最初の公認のモデル斡旋所を谷中に開業した。浅尾丁策によれば、この頃のモデル斡旋業は風俗営業として監督されていたという[4]

写真モデル編集

世界のモデル編集

世界ではマン・レイやヘルムート・ニュートン[5]らがヌード・モデルを使って、アート写真を発表した。 ファッション・モデルのケイト・モスやエミリー・ラタコウスキーら、多数の女性がヌードモデルをつとめている。

日本のモデル編集

日本の写真業界では単にヌードモデルと言った場合、写真集や雑誌のグラビアなどで、主としてヌード(あるいはヘアヌード)写真を提供するモデルを指す。かつては当局の規制、取り締まりが厳しく陰毛が写った写真は摘発の対象となっていた。

写真の世界では篠山紀信らの活躍で、徐々にヌード・モデルをつとめる女性も増加していった。鰐淵晴子[6]加賀まりこ、中村晃子[7]らは60年代以降にヌードになった女優、歌手である。鍼灸などの解説書には、かつて実写の女性モデルが多く使われていた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月7日閲覧。
  2. ^ “裸はイスラム教への冒涜、ヌードモデルを使えないエジプトの美術学校” (日本語). AFPBB News. フランス通信社 (東京都). (2008年6月17日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2406735/3046605 2010年12月10日閲覧。 
  3. ^ (美の履歴書:508)「街の歌い手」エドゥアール・マネ 150年経て解けた誤解は朝日新聞 2017年7月11日夕刊
  4. ^ 裸婦ポーズ集―Let’sダ・ヴィンチ p107
  5. ^ 日本人女優、石田えりの写真集の撮影もおこなった
  6. ^ アート志向の写真集をタッド若松が撮影した
  7. ^ 「虹色の湖」「砂の十字架」などがヒットした

関連項目編集