ケルベロス (衛星)

冥王星の衛星

ケルベロス[7] (Kerberos)[8]は、冥王星の衛星の1つ[8][7]

ケルベロス Kerberos symbol (fixed width).svg
Kerberos
ニュー・ホライズンズが撮影、距離は約396,100 km。 (2015年7月14日撮影)
ニュー・ホライズンズが撮影、距離は約396,100 km。
(2015年7月14日撮影)
仮符号・別名 P IV, P 4
S/2011 P 1
見かけの等級 (mv) 26.1 ± 0.3[1]
分類 衛星
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 57,783±19 km[2]
離心率 (e) 0.00328 ± 0.00020[3]
公転周期 (P) 32.16756±0.00014 [3]
軌道傾斜角 (i) 0.389±0.037 °[3]
冥王星の衛星
物理的性質
三軸径 19 × 10 × 9 km[4]
自転周期 5.31 ± 0.10 日(不規則)[4]
アルベド(反射能) 0.56 ± 0.05[4]
大気圧 なし
発見
発見日 2011年7月20日(確認日)[5]
発見者 Mark Showalterらのチーム
他のカタログでの名称
S/2011 P 1, S/2011 (134340) 1, P4, Pluto IV[6]
Template (ノート 解説) ■Project

発見編集

ケルベロスは、1978年カロン2005年ニクスヒドラに続き、2011年に冥王星の衛星としては4番目に発見された[5]。ケルベロスは、ハッブル宇宙望遠鏡に搭載された広域カメラ「WFC3」によって撮影された画像データの中から発見された。最初の写真は2011年6月28日に撮影された[5]。その後、7月3日と7月20日にも観測され、最終的に冥王星の衛星として確認されたのは7月20日である[5]

ケルベロスの見かけの等級は26.1等と大変暗いため、露出時間の短い観測では鮮明な画像でとらえることができなかった[5]2006年2月15日と2010年6月25日の撮像では微小なノイズのように移っていたため見逃されていた[5][9][10]。発見時の撮影では、明るい冥王星とカロンを隠して8分間の露出を行ったことにより、ニクスの10分の1の明るさしかないケルベロスを撮影することに成功した[9]2012年には、ケルベロスと同様の手法を用いて、冥王星の5つ目の衛星であるステュクスが発見されている。

物理的特徴編集

ケルベロスは、三軸の径が19 × 10 × 9 kmと見積もられている[4]アルベドは0.56[4]と、冥王星の他の小衛星と同様に高く、これは表面に水の氷が存在するためであると考えられている[11]

軌道編集

冥王星-カロンの共通重心を周回するケルベロスの公転軌道の軌道長半径は57,783 km[3]で、これはニクスとヒドラの軌道の間である[1][5]。ほぼ円形の軌道を描いており、冥王星の他の衛星と同じく冥王星の赤道に対する軌道傾斜角はほぼ0である[3]。公転周期は32.16756日[3]で、これは0.7パーセントの不一致があるものの、カロンと1:5の軌道共鳴に近い値である。ニクスとヒドラは、カロンとそれぞれ1:4、1:6の軌道共鳴をしていると推定されており、実際に軌道共鳴をしているのかどうかを知るには、正確な歳差運動の測定が必要である。

起源編集

ケルベロスは、準惑星の他の衛星と同じく、太陽系形成の初期に、冥王星に惑星サイズの天体が衝突した際に飛び散った物質が合体して形成されたものと考えられている[5][9][10]

名称編集

正式命名される以前、ケルベロスは主にS/2011 P 1あるいはS/2011 (134340) 1と呼ばれていた。これは衛星に付けられる仮符号である。S/2011は、2011年に発見されたSatellite(衛星)の意味である。前者のPはPluto(冥王星)の頭文字、後者は冥王星の小惑星番号を基準としている。最後の1は、2011年中に発見された1個目の衛星という意味である[1][5]。また、冥王星で発見された4個目の衛星であったため、P4とも呼ばれていた[5]

2013年2月、SETI協会によって、S/2011 P 1と、2012年に発見された衛星のS/2012 P 1の名称の一般公募が行われ、公募案の中から選ばれた21個の候補名から投票された[12]。翌年の2013年7月、S/2011 P 1は冥界の番犬であるケルベロス (Kerberos) 、S/2012 P 1はステュクスと命名されたことが発表された[8]。投票の段階では Cerberus という綴りであったが、ケルベロスに由来する名称の天体として1971年に発見された小惑星 "(1865) Cerberus"[13]があったため、"Kerberos" と命名された[8]。一般公募ではケルベロスは2番目に得票の多い名称であった。1番得票数が多かったのは Vulcan であったが、かつて水星の内側に存在するとされたバルカンや想定される小惑星の族であるバルカン族などで既に使われた名前であったことや、冥王星の他の衛星がギリシャ神話ローマ神話の冥界にちなんで命名されてきた慣習とは相容れないことから採用されなかった[8][7]

画像編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c New Satellite of (134340) Pluto: S/2011 (134340) 1”. IAU (2011年7月20日). 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ Lakdawalla, Emily (2015年11月10日). “DPS 2015: Pluto's small moons Styx, Nix, Kerberos, and Hydra [UPDATED]”. www.planetary.org. Planetary Society. 2021年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Showalter, M. R.; Hamilton, D. P. (2015-06-03). “Resonant interactions and chaotic rotation of Pluto's small moons”. Nature (Springer Science and Business Media LLC) 522 (7554): 45-49. Bibcode2015Natur.522...45S. doi:10.1038/nature14469. ISSN 0028-0836. PMID 26040889. 
  4. ^ a b c d e Special Session: Planet 9 from Outer Space - Pluto Geology and Geochemistry”. YouTube. 月惑星研究所 (2016年3月26日). 2021年9月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j NASA's Hubble Discovers Another Moon Around Pluto”. NASA (2011年7月20日). 2013年8月23日閲覧。
  6. ^ Planets Planet and Satellite Names and Discoverers”. IAU. 2021年9月25日閲覧。
  7. ^ a b c 冥王星の衛星に「ケルベロス」「ステュクス」命名”. AstroArts (2013年7月3日). 2013年7月3日閲覧。
  8. ^ a b c d e “Names for New Pluto Moons Accepted by the IAU After Public Vote” (プレスリリース), IAU, (2013年7月2日), https://www.iau.org/news/pressreleases/detail/iau1303/ 2013年7月3日閲覧。 
  9. ^ a b c Ker Than (2011年7月21日). “冥王星で第4の衛星を発見”. ナショナルジオグラフィック ニュース (National Geographic.). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/4606/ 2013年8月23日閲覧。 
  10. ^ a b 冥王星に4番目の衛星発見!”. AstroArts (2011年7月21日). 2013年7月5日閲覧。
  11. ^ New Insights Into Pluto's Outer Moons”. Cosmos Magazine (2016年6月16日). 2021年9月24日閲覧。
  12. ^ 冥王星の衛星に名前を付けるのを手伝ってください!”. SETI協会. 20130531時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  13. ^ 1865 Cerberus (1971 UA)”. JPL Small-Body Database Browser. JPL (2003年8月29日). 2013年8月23日閲覧。

関連項目編集