メインメニューを開く
ゲオルゲ・ザンフィル。2008年、クラクフ

ゲオルゲ・ザンフィルルーマニア語: Gheorghe Zamfir1941年4月6日 - )は、ルーマニア出身のパンフルート演奏者で、作曲家ゲオルグ・ザンフィルジョルジュ・ザンフィルジョージ・ザンフィルと表記される場合もある。

ドゥンボヴィツァ県ガエシュティルーマニア語版生まれ。元々アコーディオン奏者になりたがっていたが、14歳で音楽学校へ入学した時、パンフルートと出会い奏法を習得

その後ブカレスト国立音楽大学でピアノ指揮法を学んだ。

卒業後、首都ブカレストを拠点に、民俗音楽合奏団「シオルシア」の指揮者を務めた。

1970年、民俗音楽グループ「タラフ」を結成。

1970年代からヨーロッパを中心にワールドワイドな活動を展開。

また、民俗音楽だけに留まらずクラシック音楽やポップスのスタンダード・ナンバーをレパートリーに加えたりと音楽的な幅を広げた。

1977年ジェームズ・ラスト作曲とプロデュースの(The Lonely Shepherd)が世界的大ヒットとなる。

1980年、初来日。コンサート目的ではなかったが、当時の皇太子妃美智子妃殿下(現在の皇后陛下)の前で演奏を披露したという。[1]

1980年代以降、70歳を超えた在も精力的に活演奏動を続けている

脚注編集

外部リンク編集