ゲッティング・イーブン

ゲッティング・イーブン』(原題:Getting Even with Dad)は、1994年制作のアメリカ合衆国コメディ映画マコーレー・カルキン主演。本作と『リッチー・リッチ』では、カルキンに子役としては破格の6億6,000万円のギャラが支払われた。

ゲッティング・イーブン
Getting Even with Dad
監督 ハワード・ドゥイッチ
脚本 トム・S・パーカー
ジム・ジェニウェイン
製作 ケイティ・ジェイコブズ
ピアース・ガードナー
製作総指揮 リチャード・ハシモト
出演者 マコーレー・カルキン
テッド・ダンソン
音楽 マイルズ・グッドマン
撮影 ティム・サーステッド
編集 リチャード・ハルジー
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年6月17日
日本の旗 1994年7月16日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$18,869,594[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

こそ泥で服役していたケーキ職人のレイが仮出所した。レイは早速、仲間のボビー、カールと共に時価75万ドルのコインを銀行から奪う計画を立てた。

そこへ、服役中に妹のところに預けていた息子のティミーがやってきた。ティミーは妹夫婦が新婚旅行に行くため、1週間だけ父のもとに戻されたのだ。しかしレイは今さら計画の変更はできず、翌朝、眠っているティミーを残したままこっそり家を出て、3人は計画通りにコインを奪い取った。

しかし、ティミーは3人の計画に気づき、彼らが奪ったコインをどこかに隠してしまう。ティミーはレイたちに、自分にもしものことがあれば、友達が警察に証拠のビデオを届けることになっていると告げたうえで、これから1週間、自分と好きなだけ遊んでくれたらコインを返してあげると3人を逆に脅迫、こうして、レイたちはティミーの言うがまま、遊園地などで彼の遊びに散々付き合わされるはめになる。

一方、コイン盗難事件を捜査していたテレサ・ウォルシュ刑事はレイたちをマークし、その足取りを追ううち、レイと恋仲となってしまう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

外部リンク編集