ゲットウ月桃)は、ショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)(Alpinia)の常緑性多年草学名Alpinia zerumbet

ゲットウ
Alpinia zerumbet2CaryCass.jpg
ゲットウ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ショウガ目 Zingiberales
: ショウガ科 Zingiberaceae
: ハナミョウガ属 Alpinia
: ゲットウ A. zerumbet
学名
Alpinia zerumbet (Pers.) B.L.Burtt and R.M.Smith
和名
ゲットウ

特徴編集

地下茎は横に這い、あちこちから地上に偽茎を立てる。偽茎は高さ2mほどになり、先端の方に互生するように大きなをつける。葉は楕円形で緑、やや硬くて艶がある。

5月-6月に偽茎の先端から花序を出す。花序はやや垂れ下がり、赤い縁取りの入った白いに包まれたが並び、その先が開くとそこから突き出すように大きな白い花を咲かせる。花弁は厚みがあり、蝋細工のような手触り。唇弁は黄色で、中央に赤い縞模様がある。9月-10月に赤いを結ぶ。

分布編集

熱帯から亜熱帯アジアに分布し、日本では沖縄県から九州南部に分布。

利用編集

斑入りのものを黄斑月桃(キフゲットウ / Alpinia zerumbet 'Variegata')といい、観葉植物として栽培される。ゲットウと同じハナミョウガ属にはフイリゲットウという和名の植物(Alpinia sanderae)もあるが、これはゲットウとは別種である。

葉から取った油が甘い香を放つので、アロマオイル香料として使用する。虫よけの効果もある。特に変種のハナソウカ(Alpinia zerumbet var. excelsa Funak.&T.Y.Ito)には精油含量が多い。

種子は乾燥させ、主に健胃、整腸の効果を持つ薬として使用。またはとして飲用する。

抽出成分に、高い植物ウイルス防除効果があることを、岡山県農林水産総合センター生物科学研究所と東京大学が発見している[1]

名称について編集

名前は台湾での現地名で、漢名の「月桃」の読みから。また、花の蕾がのような形をしていることから「月桃」と名づけられた。荷をくくるのに使うことから大東島八丈島では「ソウカ」、小笠原諸島では「ハナソウカ」とも呼ばれる。

学名がAlpinia speciosaと記載されていたこともあるが、同じ学名がついていたトーチジンジャーEtlingera elatior)との混同を防ぐためA. zerumbetが一般化した。なお現在、トーチジンジャーはEtlingeraに属するため、A. speciosaは本種のみだ。[2]

沖縄と月桃編集

名称編集

沖縄県ではサンニンとも呼ばれる。由来は、ハナミョウガなどの種子塊で、漢方健胃薬で使用される「砂仁(シャジン)」に基づくが、但し解釈は諸説ある。

また、「サニ」「サニン」「サヌイン」「サネン」「ムチガシャ」「ムチザネン」「マームチハサー」と呼ぶ地域もある(クマタケランも同じくこう呼ばれることがある)。

利用編集

沖縄県では葉にムーチーを包んで蒸す。沖縄県ではこの用途のために需要が一定存在するが、栽培されることはあまり無く、ムーチーの季節である冬至前になると野生のゲットウが大量に収穫される。沖縄ではこの他に香り付けを兼ねて饅頭の包装に使用されたり、肉や魚を包んで蒸し焼きにしたりするなど幅広く利用されている。ブルーシールアイスクリームのフレーバーの一つにもなっている。

画像編集

出典編集

  1. ^ ショウガ科植物の月桃(ゲットウ)から新たに植物ウイルス防除物質を発見しました!岡山県(2020年3月26日更新)2020年4月30日閲覧
  2. ^ 月桃の種類月桃農園(2020年6月22日更新)2020年6月22日閲覧